日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
木村次郎先生を励ます会2019 :2019年5月17日
 

次郎議員励ます会19-1.jpg

世耕大臣ツーショット2.JPG

5月16日、
衆議院議員木村次郎先生を励ます会を開催しました。
木村次郎先生の兄で、故木村太郎議員は
僕と青森県立弘前南高校の同級生でした。
そのご縁があり、この会の発起人と司会を
勤めさせて頂きました。
今年も多くの国会議員の先生が次郎先生のために
応援にかけつけて頂きました。
岩屋防衛大臣と次郎議員夫妻と僕の
4ショット写真。
この写真じつは、
なんと世耕経済産業大臣が撮影者です。
僕の親友の柳画廊の野呂さんと世耕大臣は親友ということで、
親友の親友は友達という流れで写真撮影頂きました(笑)!
とても楽しい会になりました。
僕は青森を代表する木村次郎先生を今年も応援します。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:49 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2019.4月セミナー :2019年4月19日
 

190419.jpg

本日向研会セミナーに参加した。
「世界のメガシティーの研究」がテーマだった。
いま世界では、
国の競争だけでなくメガシティーの競争が起きており、
人口1000万人を超えるメガシティーに
繁栄が集まる傾向がある。
都市別GDPランキング現在は
1位がNY、2位がTokyo、3位がLA、4位がosaka。
15年後はベスト10に中国のメガシティーが躍進が予想され、
国家戦略としてのメガシティー創造が求められている。
東京一極集中がマイナスに議論されることが多いが、
このような世界競争の視点から俯瞰してみると、
もっと東京と大阪は人・物・金を世界から呼び込み、
競争優位を創らなければいけないと感じた。
そして地方創生の観点においては、
スイスのような人口が少なくても
GDPが高いシティーを目指して創生する。
日本を国家単位ではなく、
シティー単位でビジョンを構築する必要があると痛感した。
とても勉強になった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:32 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2019入社式 :2019年4月 3日
 

2019入社式.jpg

4月1日、
2019年入社式を行った。
今年は7名の新人をむかえることが出来た。
学生面接で出会い、
内定者として向き合い、
約1年間かけてお互いを理解できるようにしてきた。
そのプロセスを思いですと、
7名全員が元気に出社してくれて
とても嬉しかった。
これから彼らの活躍がとても楽しみだ。
新人の皆んなよろしく。
熱いぜ!

投稿者 admin : 08:56 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「最高級を食べろ」だぜ! :2019年4月 1日
 

190401.jpg

●お米に申し訳ない気持ちでいっぱいです
私は、お米が大好きです。お米好きが高じて、
新卒で日本酒メーカーに入社したくらいです。
しかし、28歳になった現在、健康のために糖質制限食を始め、
飲むお酒を醸造酒から蒸留酒に、
主食を白米から玄米に変えました。
"お米愛"に妥協しているような気持ちでいっぱいですが、
これを前向きに捉えるためにはどうしたらよいでしょうか。


<回答>
お前の気持ちはとても理解できるぜ。俺もお米が大好きだからだぜ。
日本人としてお米とダイエットのバランスはとても重要だぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎最高級を食べろ!
俺は様々なお米を食べ比べて自分にFITするベスト米を発見したぜ。
それをネットで取り寄せしているぜ。
こだわって取り寄せているだけあって、
大切に味わって食べようという心理効果が働き、結果ボリウム制限できたぜ。
お前もダイエットのために白米を食べないという選択もあるが、
俺のように一番のお気に入りのお米を大切に食べることで
減量するという選択をお勧めするぜ。
ちなみにお前のために調べてみたぜ。世界ギネス認定の最高米があったぜ。
5Kgあたり6万円、通常価格の20倍だぜ。
ちなみに1合(1食)あたり1,700円もするぜ。
もしお前が気に入ってくれたら、
世界最高価格による心理的抑制による減量効果が期待でき、
かつ世界最高のお米をお前が食べられる一挙両得プランだぜ。
お米が好きで新卒で酒造メーカーに入社したお前の原点を
継続してほしいというのが俺からの願いだぜ!
お前は日本のお米文化の象徴的だぜ。
これからも「お米愛」でいっぱいの人生を送ってほしいぜ。
俺も世界最高米を食べ、全世界にその美味しさをSNSで発信するぜ。
俺もお米文化の象徴を目指すぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:33 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2019.3月セミナー :2019年3月15日
 

190315.jpg

本日、向研会3月セミナーに参加した。
テーマは
「デジタルシフトが加速する流通・小売業の変革」。
講師は大前先生だった。
データベースだけで顧客情報を絞り込む
「ポイントキャスティング」
で約3000万円もするマセラッティを
一瞬にして60台を販売した
アリババ事例が驚異的だった。
リアルの小売・流通は
全く適わない時代がすぐそこにきていることを
改めて痛感させられた。
熱いぜ!


投稿者 admin : 09:56 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「英語で話せ」! :2019年3月 4日
 

190304.jpg

<今月のかもめのお悩み>
知識や考え方を伝えるための資料作りが苦手です
頭の中に漠然と散らばっているものを順序・系統立てて
資料にまとめて人に教えることになりそうなのですが、
自分がどうやってそれを習得したのか分かりません。
そもそも分かりやすさがどういうことなのか分からない状態です...。
素早く分かりやすい資料が作れるような、
アウトプット上手になる方法を知りたいです。
<回答>
自分の考えを分かりやすくアウトプットすることは
ビジネスにおいてとても重要だぜ。
お前と同じ悩みを持つ人は多いはずだぜ。
アドバイスするぜ、熱いぜ!
◎英語で話せ!
俺はグローバルイングリッシュを習っているぜ。
それは全世界の人と分かりやすい英語でコミュニケーションするスキルだぜ。
それで感じることは日本語はとても前置きが長く、
結論が分かりにくいということだぜ。
俺は結論を簡単な英語で表現することを繰り返しレッスンしているぜ。
お前も言いたいことを英語で分かりやすく伝える訓練をすることで課題解決するぜ。
レッスンするぜ。
今日のゴルフは風が強くてフォローで残りが150ヤード。
ライが右足下がり、7番アイアンを使うのが限りなく正解だと思う。
これをシンプルに訳すと
「You Should use 7Iron」。
いらない言葉をそぎ落とし結論をストレートに伝えるとはこういうことだぜ。
頭の中にある雑然と散らばっていることを全世界の人に通じる
シンプルな英語で表現することがスタンダードスキルとなるぜ。
最後に俺とお前がこのスキルを完全にマスターし、
インバウンド向け観光大使をしようぜ。
これからは日本各地に多くのインバウンドが訪れる時代になるぜ。
俺とお前は各自治体から観光大使として引っ張りだこだぜ。
日本各地を分かりやすくプレゼンしようぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:28 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

ニトリHD似鳥会長 :2019年2月28日
 

ニトリ3.jpeg

昨日、アジア経営者連合会総会に参加した。
ニトリHD似鳥会長が時流の読み方を講演された。
様々な景気指標があるが、
ニトリHDは社員を年間1000名も米国に視察派遣し、
独自の生きた情報を収集し、
時流を読まれている。
時流を船頭するのは米国であり、
米国の現場を見ておくことが日本の小売業経営に欠かせないという
ポリシーをもっているからだ。
時流の読み方にとても説得力があった。
個人的には、
「ニトリはこれまで景気がよい時には投資を半分にし、
景気が下降した時に2~3倍の投資して成功してきた」
という考え方にとても共感できた。
とても有意義だった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:44 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2019.2月セミナー :2019年2月22日
 

190222.jpg

今朝、向研会セミナーに参加した。
今月のテーマは「AI」で、
株式会社ABEJA
執行役員の菊池さんが特別講師で登場された。
ABEJAさんは日本のAIトップ企業で、
現状の活用事例をご紹介頂いた。
小売業、製造業、サービス業など
業種を問わず幅広くAIが活用されていた。
また、データーサイエンティストとSEの違いも
分かりやすくレクチャー頂いた。
当社はIT推進室を昨年立ち上げた。
今は4名のエンジニアがいる。
もちろんAIサービスの開発も着手している。
今日の講義を聞いて
もっと開発スピードを上げなければいけないと感じた。
1月は行けなかったので、
今年初めての向研会。
とても有意義だった、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:40 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「松下幸之助でいこうぜ」! :2019年1月 7日
 

190107.jpg

<今月のかもめのお悩み>
不幸が続いて恐いんです。
1年ほど前、RMS野球部の試合に参加している時に利き腕を骨折しました。
4ヶ月の治療を行い無事完治。
早速RMS野球部の練習に復帰した初日、再び利き腕を骨折しました。
去年のクリスマスにはギックリ腰で寝たきりに、
今年の夏の旅行では自動車事故に巻き込まれ、
高速道路側道で3時間近く待機を余儀なくされました。
また不幸が・・・と考えると何も行動できないです。
どうしたらいいでしょうか?
<回答>
お前のように良くないことが続くことは誰でもあるぜ。
その時にどのように考えを整理するかで人生は変わるぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎松下幸之助いこうぜ!
まずお前は最高にラッキーな人間だぜ。
お前は骨折ですんだが、
野球の試合では頭にデットボールをうけて致命傷になることもあるぜ。
また、高速道路の交通事故はお前は3時間の待機ですんだが、
待機中に巻き込みの追突事故で命を落とす人もいるぜ。
つまりお前は強運だったということだぜ。
松下幸之助は幼年期にバランスを崩した大人に腕をもたれ川に落とされ、
死にそうになったが周りにいた人に助けられ九死に一生を得たぜ。
普通であれば自分は運が悪いと落ち込むが、
松下幸之助は偶然にも泳げる大人が助けてくれたから自分は助かった。
強運だと後世まで語っていたぜ。
物事は見方によって不運も強運になり、強運も不運になるぜ。
俺はこのエピソードを大切にし何事もポジティブに考えているぜ。
俺は98年に独立創業したぜ。
金融不況真っ只中の逆風で創業するのは無謀だと多くの先輩からアドバイスされたぜ。
俺は逆風で創業する人が少ないことはチャンスだと考えスタートしたぜ。
そして今年、会社は20周年をむかえたぜ。
いいか、俺とお前は松下幸之助ゆづりの強運コンビだぜ。
自分を信じてやりたいことをどんどんやろうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:58 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2018経済総括セミナー :2018年12月14日
 

181214.jpg

昨日、
毎年恒例の向研会経済統括セミナーに参加した。
2018年の総括に加えて、
平成最後の年という視点から
平成の30年間を特別に振り返って頂いた。
GNPは平成元年に九州と中国がイーブンだったが、
現在は中国が日本の2.5倍に成長した。
株価や名目賃金は世界が約2倍に成長したが、
日本は30年前よりも減少している。
「平成=低迷」という結果を
我々は真摯に受け止めなければならない。
日本が再成長するために、
グローバルで活躍できる人材がキーを握ると考えた。
世界視野で経営できる人材がもっと増えなければならない。
リクルート社が世界戦略をかかげ、この10年で世界市場で
大きな成長を遂げている。
まさに日本企業のロールモデルと言える。
僕は今年から英語をいちから学びなおしている。
英語力を磨き、新しい時代へむけて
できることから着実に前進したい。
大前先生、講義ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:22 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |