日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
RSS1.0
RSS2.0
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
東京都、世界発信コンペティション2019! :2019年11月14日
 

191114-2.jpg
191114-1.jpg

東京都が主催する世界発信コンペティションにて
当社のインバウンドマーケティング事業DeepJapan(DJ)が
革新的サービス特別賞を受賞しました。
DJは2013年に当社の新規事業としてDeepJapan.orgをローンチしました。
紆余曲折ありましたがローンチから6年、
DJがこのように評価頂いたことはとても感慨深いです。
表彰集合写真の小池知事の右となり二人目が
DJプロデユーサーの木立です。
DJのみんな本当におめでとう!
そしてありがとう。
熱いぜ!

投稿者 admin : 07:33 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「かぶりを恐れず、付けたい名前を付けろ!」 :2019年11月 5日
 

191105.jpg

<今月のかもめのお悩み>
子どもにつけたい名前がかぶってしまいました。どうしたらいいですか?
来年1月出産予定です。仲のいい大学の友達と「一緒の時期に子供が欲しいね」
って話していたら、同い年で子どもを授かることが出来ました!
とても喜んでいたのですが、まさかの付けたい名前までかぶってしまい悩んでいます。
以前子どもと関わる仕事をしていて、
自分の周りで出会ったことのない名前を付けたいと思い、
授かる前から名前を決めていました。
友人にも話していたと思うのですが・・・。びっくりとショックでした。
友人には全く悪気はなく、私よりも先の11月に出産予定なので、
変えるべきなのか迷っています
<回答>
お前の悩みは俺も経験したことのない悩みだぜ。
心中察するに余りあるぜ。
お前と子供の人生にとって大切なことだぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
かぶりを恐れず、つけたい名前をつけろ!
<本文>
まずはっきり言えることは、お前と子供は別人格だということだぜ。
お前はお前の友達との人間関係を気にしているが、
子供は子供の人格として育っていくぜ。
お前の友達と同じ名前であったとしても、
子供が育っていくコミュニティーは別々の道を歩んでいくと考えるべきだぜ。
だとすれば、お前の友人が同じ名前をつけたとしても子供には何の問題もないぜ。
かぶりを恐れずに、お前がつけたい名前をつけてほしいぜ。
また、俺は名前そのものよりも、何故その名前をつけたのか?
という親が子供に託したいストーリーがもっと重要だと思っているぜ。
お前が子供を授かる前から考えていたことや、
そこに託した思いは、お前だけのオリジナルであり、
それが子供への最高の愛情表現となり、
そこがお前の友人との差別化ポイントだぜ!
名前の由来に関してはかぶりは絶対にありえないということだぜ。
そのように考えると、
お前はつけたい名前を変更するこは
一番やってはならないことだと整理できるはずだぜ。
自信をもってお前が考えた名前をつけてあげようぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:50 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

Mr.Wakebayashi memorial hall of Ritsumeikan University :2019年10月16日
 

191016.jpg

Ms. Wakebayashi donated a large amount of personal expenses
to create a memorial hall of Ritsumeikan University.
I attended a memorial ceremony last Sunday.
I am very proud of Mr. Wakebayashi.
It is great that a successful CEO invests in the next generation of education.
It's hot!

投稿者 admin : 11:23 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

2020入社、内定式! :2019年10月 7日
 

19内定式.jpg

去る、
10月1日(火)2日(水)
2020年4月に入社する13名の
入社式並びに内定者研修を実施しました。
今年も新卒採用市場は例年にも増して
企業にとって難易度が高く、
内定者は複数の企業から内定に対して、
熟慮のうえ当社を選択頂いたことに心から感謝いたします。
「全ての働くを元気にする」
この理念を実現する新しい仲間が加わることは、
全社員が楽しみにしてます。
また、内定者のみんなもお互いが初めて顔を合わせて、
お互いが刺激をうけたと思います。
みんなが同じ方向を向き、ゼロインを選択したことを知り、
4月にその仲間と一緒に働けることが楽しみになったと思います。
来春元気に入社頂くことを
心からお待ちしてます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:20 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「統計結果を信じろ!」 :2019年10月 2日
 

191002.jpg

<今月のお悩み>
昔はもう少しかっこよかったはずなのに。
1000円カットの床屋で髪を切られすぎました。
理想の自己イメージと鏡の中の自分が一致しません。
採用の実務があるので素敵な先輩を演出したいのですが、
どうしたらいいですか?


<回答>
俺も同じ失敗を何度も繰り返してきたぜ。
しかし何度も経験しプラスの側面もあることがわかったぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
<キャッチ>
統計結果を信じろ!
<本文>
俺も髪を切られすぎた時全くお前と同じ心境になったぜ。
その際に俺の奥さんが言ったぜ。
「あなたは自分のことを分かっていないよ。
あなたの顔には今の髪型がピッタリだよ」と。
本当かと思い、いろいろな人に髪の評価を確認してみたぜ。
すると意外や意外、50%:50%の結果だったぜ。
自己理想イメージと切られた結果イメージ評価は全く同数だったぜ。
自分が思う描く理想は自分が思い描いているだけであって、
かっこいいという他者評価にはつながらないということが
統計的に分かったということだぜ。
話をお前に戻すと、お前も俺の統計結果を信じて、
切られすぎた髪を評価する人が半分はいると思って自信をもってほしいぜ。
むしろ、1000円カットの店主に感謝してほしいぜ。
新しいお前のファンを創造してくれたとも言えるからだぜ。
そして更に採用の場面で髪型をネタに使ってほしいぜ。
応募者は面接前に緊張しているぜ。
その緊張をほぐすsmall talkとしてお前の髪の話をしてほしいぜ。
1000円カットの店主がデザインしたこの髪どうですか?
と切り出してほしいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:39 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

October starts! :2019年9月30日
 

190930.jpg

October starts tomorrow.
It is the start of our company's 4th Q
We have to do 2things in the 4th Q
The first is to achieve years goals.
Second is to make next year sales.
4thQ is very important for us.
I'm looking forward to it.
Bay the way,
We changed the design of the entrance.
That is the first change in 14yers.

投稿者 admin : 17:44 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2019.9月セミナー :2019年9月13日
 

190913.jpg

本日、向研会に参加した。
本日のテーマは「フランスの研究」、
講師は大前先生だった。
僕のイメージはフランスといえば、
年間8000万人のインバウンドを集客する
世界NO1の観光大国だった。
その意味で日本のロールモデル国と考えていたが、
それをこえるロールモデル国だと改めて認識した講義だった。
ポイントは2つ。
一つ目は、
少子化に対するフランス政府の政策力。
日本政府は第1子も第2子・第3子と子供が増えても
援助される金額はほぼフラット。
フランス政府は第1子の援助金額にたいして、
第2子は2.6倍、第3子は4.6倍と子供が増えれば増えるほど
家計は楽になるという仕組みになっている。
これによってフランスの出生率は2.0となった。
出生率の改善には戸籍を撤廃が大きな要因だったことも勉強になった。
まさに、日本政府のロールモデルだ。
二つ目は、
フランスを代表するプログラミングスクール「Ecole42」。
IT実業者がポケットマネーで設立したスクールで、
教科書無し、教員無し、学費無し、というユニークなスクール。
プログラミングされたPCでそれぞれが勝手に学び、
分からないことは学生同士が教えあう。
学生期間中にプログラミングのアルバイトをし、
年間5万ドル稼ぐことができ、
卒業すると年間15万ドル稼ぐ力がつくようだ。
日本はエンジニアが圧倒的に不足している。
政府に頼らず、IT実業者がこのようなあたらしい発想の
スクール(私塾)を設立することでIT力を高めることが可能だ。
まさに、日本のロールモデルだ。
最後に、
インバウンド向けサービスを提供する当社のDeepJapanは、
フランスのインバウンド政策はとても参考にしている。
今日も有意義な勉強会だった。
熱いぜ!


投稿者 admin : 09:54 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

September start from today. :2019年9月 3日
 

190903-1.jpg
190903-2.jpg

September start from today.
I went to San Diego last month.
I had three first experiences.
The first is to had a meeting without an interpreter.
The Second is to met a Japanese founder in Mexico.
The Third is to did a communication challenge from an English teacher
Thanks to Chiyomaru to offered a communication challenge

投稿者 admin : 11:42 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

愛と怒りの地平線「スナックに行こうぜ」! :2019年8月 4日
 

190804.jpg

<今月のかもめのお悩み>
カラオケが好きすぎて困ってます。
最近は週一目標ですが、中学生のころから好きで、
過去には最高で1日に3軒はしごしたこともあります。
できれば毎日行きたいのですが、時間もお金も有限なのと、
一人カラオケにはどうしても行けず、
行くのを我慢することが多々あります。
カラオケの代わりに一人でもできるストレス発散にもなる
趣味を見つけたいのでアドバイスください!


<回答>
俺もカラオケ大好きだぜ。
カラオケが好きな人は社交的でいい人が多い
という印象を勝手に持っているぜ。
俺とお前は仲間だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
スナックに行こうぜ!
<本文>
カラオケには歴史があるぜ。
俺が社会人になった35年前はじゅうたんパブでカラオケを歌ったぜ。
カラオケはテーブルごとに順番にくるため、
他のテーブルの歌を聞きながら自分の順番を待ったぜ。
カラオケBOXが出来てからは順番待ちというストレスがなくなったが、
他人の歌を聞いたり、
自分の歌を聞いてもらうという相互協力関係がなくなり
個人的には寂しい限りだぜ。
さて、お前の質問に答えるぜ。
お前は時間やお金が有限なこともさることながら、
一人カラオケBOXが問題だと感じているぜ。
そんな人には「スナック」をお勧めするぜ!
スナ女デビューだぜ。
スナックは昭和・平成を越えてその町の人たちに
愛された最高のエンターテイメント場だぜ。
お前がママや常連客になじめれば最高に居心地のよい場になるはずだぜ。
そして何よりもスナックは価格がリーズナブルだぜ。
ただし、お前が空気を読まずにいきなり歌いまくると常連客から嫌われるぜ。
常連客が演歌を歌っていれば吉幾三、
フォークであれば吉田拓郎、
ポップスであればサザンと、
俺は歌の路線を相手にあわせるぜ。
常連客と一体化することが重要だぜ。
他にもポイントはいろいろあるぜ。
スナック好きの先輩からアドバイスをもらってほしいぜ。
スナックはお前のカラオケ人生を更に活性化してくれるはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:30 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

向研会2019.7月セミナー :2019年7月26日
 

190726.jpg

本日、向研会7月セミナーに参加した。
大前先生が「構想力(KOUSOU)」というテーマで
講演頂いた。
構想力(KOUSOU)はimaginationでもvisionとも違う意味で、
英語で訳せないため(KOUSOU)と表現されていた。
定義はゼロから今までとは違う新しい方向を生み出す力となる。
CPUは0.5を0.7や1.2にUPデートする能力は高いが、
ゼロから1を生むことはできない。
まさに構想力がAI時代に我々人間が存在価値を出す力ということだ。
当社のIT推進室もAIやRPAの研究開発を進めているが、
事業を行っている顧客の現場にこそ、
構想力を磨くチャンスが沢山あると僕は考えている。
顧客接点の現場とITが掛け算したときに、
新しい価値提供できると感じた。
本日も気付きが多かった講演だった。
大前先生、ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:01 | コメント (0) | トラックバック (0)
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |