日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2019年7月 | メイン
愛と怒りの地平線「スナックに行こうぜ」! 2019年8月 4日
 

190804.jpg

<今月のかもめのお悩み>
カラオケが好きすぎて困ってます。
最近は週一目標ですが、中学生のころから好きで、
過去には最高で1日に3軒はしごしたこともあります。
できれば毎日行きたいのですが、時間もお金も有限なのと、
一人カラオケにはどうしても行けず、
行くのを我慢することが多々あります。
カラオケの代わりに一人でもできるストレス発散にもなる
趣味を見つけたいのでアドバイスください!


<回答>
俺もカラオケ大好きだぜ。
カラオケが好きな人は社交的でいい人が多い
という印象を勝手に持っているぜ。
俺とお前は仲間だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
<キャッチ>
スナックに行こうぜ!
<本文>
カラオケには歴史があるぜ。
俺が社会人になった35年前はじゅうたんパブでカラオケを歌ったぜ。
カラオケはテーブルごとに順番にくるため、
他のテーブルの歌を聞きながら自分の順番を待ったぜ。
カラオケBOXが出来てからは順番待ちというストレスがなくなったが、
他人の歌を聞いたり、
自分の歌を聞いてもらうという相互協力関係がなくなり
個人的には寂しい限りだぜ。
さて、お前の質問に答えるぜ。
お前は時間やお金が有限なこともさることながら、
一人カラオケBOXが問題だと感じているぜ。
そんな人には「スナック」をお勧めするぜ!
スナ女デビューだぜ。
スナックは昭和・平成を越えてその町の人たちに
愛された最高のエンターテイメント場だぜ。
お前がママや常連客になじめれば最高に居心地のよい場になるはずだぜ。
そして何よりもスナックは価格がリーズナブルだぜ。
ただし、お前が空気を読まずにいきなり歌いまくると常連客から嫌われるぜ。
常連客が演歌を歌っていれば吉幾三、
フォークであれば吉田拓郎、
ポップスであればサザンと、
俺は歌の路線を相手にあわせるぜ。
常連客と一体化することが重要だぜ。
他にもポイントはいろいろあるぜ。
スナック好きの先輩からアドバイスをもらってほしいぜ。
スナックはお前のカラオケ人生を更に活性化してくれるはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:30 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |