日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2017年7月 | メイン
木村太郎先生お別れ会 2017年9月13日
 

170913-1.jpg

衆議院議員の木村太郎先生が
本年7月25日に亡くなられた。
僕にとってあまりにもショックが大きく、
気持ちの整理がつかなかった。
昨日、
安倍総理大臣が実行委員長をつとめられ、
大島衆議院議長と
森元内閣総理大臣が弔辞をよまれた
お別れ会に参列し心の整理がついた。

高校の同級生だった僕に木村先生が
東京で後援会を設立したいと相談してきたのは
約10年前だった。
自民党が下野した時には勉強会の集客にも苦労するほど
困難を極めたが、
安倍さんが総理大臣になり、
内閣総理大臣補佐官に任命された時、
東京後援会は立ち上がった。
木村先生は連続当選7回。
次は大臣だと思っていた矢先の訃報だった。
木村先生の心中を察すると、
無念でならず、気持ちの整理がつかなかった。
現役の総理大臣が実行委員長をつとめるという
お別れ会は異例中の異例とのこと。
それを天国からみた木村先生は
自身が歩んだ政治人生に
満足しただろうと感じることができた。
僕の気持ちも整理がついた。
太郎、
どうか安らかにお眠り下さい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 16:16 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「チャーシュー丼を2個発注しろ」! 2017年9月 4日
 


170904.JPG

<今月のお悩み>
ラーメン屋でラーメンを頼まない勇気が持てず、苦い思いをしています。
ぼくは「ラーメンは苦手だけど、チャーシュー丼や半熟味玉などの
サイドメニューが大好き」な26歳です。
ラーメンが苦手ならラーメン屋に行かなければ済む話ではないかと思われるかもしれませんが、
無性にラーメン屋のチャーシュー丼を食べたくなってしまう時があるのです。
そんな衝動に駆られた時にラーメン屋へ足を運ぶのですが(足を運ばざるを得ないのですが)、
その時にどうしてもチャーシュー丼だけを頼むことができません。
店員や周りのお客さんの目が気になってしまいます。
「ラーメン屋に来てラーメン食わないのかよ...」
そんな声がどこかから聞こえてきそうな気がするのです。
結果、好きでもないラーメンも食すことになり、
満腹感に苦しみ浪費もしてしまい...
大好きなチャーシュー丼(味玉のせ)を存分に楽しむことができません。
こんなぼくですが、どうしたらラーメンを注文せずに
堂々とサイドメニューのみを楽しむことができるようになるのでしょうか?
ラーメン屋でラーメンを頼まない勇気を持てるようになるのでしょうか?

<回答>
俺もラーメン屋のサイドメニューは大好きだぜ。
お前の気持ちはとてもよく分かるぜ。
店主の気分を害さずにサイドメニューだけを食べる技を伝授するぜ、
熱いぜ!
◎チャーシュー丼を2個発注しろ!
俺の経験で振り返ると、店主が気分を害するのは、
ラーメンを食べずに、サイドメニューだけで安いお会計をするのはNGだぜ。
逆に言えばサイドメニューがラーメンの値段を超えるオーダーであれば
遠慮することなく堂々とオーダーできるぜ。
チャーシュー丼を2個発注で問題ないぜ!
お前にとって大好きなチャーシュー丼を2個も食べられて、
かつ無理にラーメンを食べることがなくなるぜ。
店主にとっても、お前がチャーシュー丼を沢山食べることはPR効果が高いぜ。
ラーメンだけで済まそうとしていた客がつられて
チャーシュー丼をオーダーする効果が期待できるということだぜ。
神田の蕎麦屋は蕎麦のおいしさは当然だが、
サイドメニューのおつまみとビールで過ごすのが粋な江戸っこだぜ。
ラーメンも全く同様だぜ。お前は自信をもってチャーシュー丼を食べてほしいぜ。
最後に、SNSでチャーシュー丼レポートをしてほしいぜ。
俺は餃子をレポートするぜ。
二人でサイドメニューだけを食べる文化を広げていこうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 17:20 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |