日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »
向研会、2016年経済総括セミナー 2016年12月16日
 

161216.jpg

昨日、
向研会の2016年経済総括セミナーに参加した。
大前先生の2016年総括と
2017年展望を伺うことで、
来年の当社戦略のベースを確認している。
今年もとても素晴らしいセミナーだった。
大前先生、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:46 | コメント (0) | トラックバック
 

オービックシーガルズ2016東京ドーム 2016年12月13日
 

161213-1.jpg

昨日、
東京ドームで行われた
アメフト社会人リーグの決勝にいった。
オービックシーガルズが
2年ぶりに決勝進出した。
東京ドームで応援できなかった
2年間の悔しさを思い返し、
昨日はじつに興奮した。
我々の仲間の
KJ、BJ、KAI、ジェリーは大活躍だった。
素晴らしい!
しかし、残念ながら優勝することはできなかった。
この悔しさを来年東京ドームで晴らしたい。
東京ドームに連れて行ってくれた
オービックシーガルズの皆さん、
ありがとう。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:51 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「友人に便乗しろ!」 2016年12月 5日
 

161205.jpg

<今月のかもめのお悩み>

趣味がなくて悩んでいます。

友人から「休みの日はいつも釣りしてる」とか
「食べ歩きしてる」と聞くと、
良いなーとは思うのですが、
どうも自分で何かしよう!
という気になれません。
人生の先輩にこれだ!
という人生の楽しみの見つけ方を教えて欲しいです。

<回答>
趣味は人生を豊かにするというけど、
それを実感できる瞬間って意外にないぜ。
俺の経験談を伝えることでイメージできるように
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎友人に便乗しろ!
俺は20代、テニスにはまったぜ。
学生時代に全くテニス経験はなく、
社会人になってからスクールに通い、テニス仲間を創ったぜ。
毎週末その仲間とテニスをすることが
ルーチン化した頃に俺は独立創業したぜ。
退職前日、明日から出社する場所がなくなることに
耐えられない喪失感に味わったぜ。
その時に救ってくれたのがテニスだったぜ。
職場は変わり仲間はいなくなったが、
土日になれば今まで同様テニスを楽しむ仲間がいる
ことが大きな心の支えになったぜ!
独立直後は土日にテニス仲間と会えることが
テニスをする以上に楽しみになったぜ。
職場以外に仲間がいる、
それが人生を豊かにすることを実感したぜ。
いいか、今はまだ分からないかもしれないが、
趣味を通じた仲間を創ることは
人生にとって大切だったと気づく日が必ずやってくるぜ。
友達や先輩の趣味に便乗したり、
彼女と一緒に何かを初めてみることが
趣味のキッカケを創造してほしいぜ。
俺がそうだったように、
今アクションすることで将来のお前が
その意味を実感するはずだぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:03 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |