日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « scoop | メイン | 君の名は。 »
愛と怒りの地平線「まいにち、幸祐!だぜ」 2016年10月 6日
 

161006.jpg

<今月のお悩み>
教えて下さい!ホワイトボードの有効活用方法。
私の一人暮らしの家には1年目の四月病で買った、
180×100の自慢の特大ホワイトボードがあります!
初めは考え事に使ったりと意識高めで使っていたのですが、
だんだんと活用度が落ちてきています。
一人暮らし×特大ホワイトボードの
新しくて熱い使い方を教えて下さい!

<回答>
特大ホワイトボードを自宅に購入したというのは驚愕だぜ。
この思い切った意思決定がお前にとって人生を変える
大きな一歩にしてほしいぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎「まいにち幸祐」だぜ!
せっかくのホワイトボードだぜ。
出社前にお前自身がモチベーションUPする
魔法のツールにすることを提案するぜ。
「まいにち、幸祐!」だぜ!
幸祐ボードとは「まいにち修造!」の成功に便乗した
お笑い系のひめくりメッセージも集約化し、
4つのひめくりを一目で見えるボードにするという企画だぜ!
ノンスタイル井上と
ヒロシと蛭子能収のメッセージが
本家本元の修造メッセージを囲み、
そのアンジュレーションの違いを楽しめるのが特徴だぜ。
大型ホワイドボードだからこそアーカブ化できるぜ。
具体的にどんなメッセージがボードを飾るかといえば、
「次に叩く1回でその壁は破れるかもしれない(修造)」
「久しぶりの友達からの電話は・・疑え(ヒロシ)」
「空気を読んでそんなにいいことありますか?(蛭子)」
「自分を愛せない奴に人を愛する資格はない(井上)」。
全くテンションと観点が違うメッセージが並び、
朝からお前は活性化し、
笑いと元気に満ちた1日を過ごすことができるぜ。
また「まいにち、幸祐!」の写真をinstagramで掲載し、PRしようぜ。
お前は注目を集め話題騒然になること間違いなしだぜ!
おれもお前をフォローするぜ。
お前のマネをしてホワイトボードを購入する若者が急増する日が近いぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2016年10月 6日 10:06

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2227

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |