日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »
「田中角栄100の言葉」宝島社著 2016年5月26日
 

160526.jpg

今、田中角栄ブームだと聞いた。
何故ブームなのか?
実際に本を購入した。
この言葉に出会って理解できた。

田中角栄100の言葉より。
「手柄はすべて連中に与えてやればいい。
ドロは当方がかぶる。
名指しで批判はするな。
叱るときはサシのときにしろ。
ほめるときは、大勢の前でほめてやれ。」
圧倒的なリーダーシップだ。

我々は先人のリーダーシップを学ぶ必要がある。
田中角栄ブームは時代の必然としてやってきた。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:20 | コメント (0) | トラックバック
 

木村太郎君を励ます会2016 2016年5月20日
 

160520-3.jpg

昨日、
自民党広報本部長
木村太郎議員を励ます会を開催した。
高校の同級生を代表して
僕は発起人及び当日の司会を勤めさせて頂いた。
多くの自民党の国会議員が祝辞のために参加された。
会場が沸いたのは
木村議員と仲がよい山本一太議員の挨拶だ。
山本一太議員はマスコミでもおなじみで
前内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)の
要職を勤められた。
木村議員とのかけあいが二人の関係の濃さを印象付けた。
政局が注目される中、多くのマスコミも参加されていた。
自民党の広報本部長は責任重大だと
印象付けられた瞬間だった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:53 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「どんどんハマレ!」 2016年5月 2日
 

160502.jpg

<今月のお悩み>
4月の異動で札幌へ行きます。
今まで東京生まれ東京育ち、かつずっと実家暮らしだった私。
多くの不安があるのですが、特に札幌のすすきのにハマると
お金がいくらあっても足りないと聞き不安です。
この術中にはまらないためにはどうすればよいのでしょうか。


<回答>
俺は青森生まれ、青森育ちでリクルート(東京)に入社したぜ。
お前の全く逆だぜ。俺は東京にハマったぜ。
そんな経験者の俺がアドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎どんどんはまれ!
俺に限らず地方出身者は東京にハマるぜ。
東京は田舎にない様々なサービスやエンターテイメントがあり、
初めて体験するサービスの価格を評価するのは難しいからだぜ。
俺も当然理不尽な価格で物を購入したり、
サービスを受けたりして反省することが多々あったぜ。
また分不相応に飲食をしてしまい給与がすぐに底をついたこともあったぜ(笑)。
そういうことも含めて全ては経験であり、
若いころの失敗があるからこそ、今の俺があると考えているぜ。
話しをお前に戻すと、
確かにすすきのは魅力的な街であることは間違いないが、
東京にないオリジナルなサービスはないぜ。
その意味では価格評価をお前はできる状況にあることが俺とは違うぜ。
価格が適正であれば、あとは頻度とグレイドの問題だぜ。
そこは逆に沢山はまった経験をすることが
お前自身への先行投資だととらえてほしいぜ!
はまるを恐れずポジティブにアクションしてほしいぜ。
その姿は国家にとって内需拡大につながる、
消費者のロールモデルであるとも言えるぜ。
すすきのにどんどんはまって、すすきのに沢山の仲間を創って、
お前の人生を豊かにしてほしいぜ。
落ち着いたら俺もすすきのにはまりに行くぜ。
その時は一緒に飲もうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:05 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |