日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 松下政経塾佐野塾長 | メイン | 島田塾、2016年3月セミナー »
愛と怒りの地平線「死期を悟った象でいけ!」 2016年3月 7日
 

160307.jpg

<今月のお悩み>
終電が早くて・・・。
私は小田原からサウスに通っています。終電が早いため、
呑み会で盛り上がってきたところで『すみませ~ん』
と抜けなければならないことがいつも心苦しいです。
スマートな去り際を教えてください。

<回答>
職場の飲み会は盛り上がれば
盛り上がるほど終わりが難しいものだぜ。
同時に中座することで水を差したない
というプレッシャーはあるぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎死期を悟った象でいけ!
社内の飲み会は100発100中で盛り上がり、
中座すると水を差してしまうという前提で
作戦を考えることが建設的だぜ。
最後まで盛り上がってしまう俺の経験で言えば、
事情があって中座したメンバーがいても
他の誰かから「盛り上がった場に水をささないように帰えりました」
と報告されても悪い気はしないぜ。
お前もこの作戦で帰ってほしいぜ。
名付けて「死期を悟った象作戦」だぜ!
この作戦には事前に3つの仕込み必要だぜ。
第一は中座理由を説明し、自分負担費用を立て替えてくれる人、
サポーターをお願いすること。
第二は入口に近い下座に座ること。
第三は中座する30分前から会話は聞き役に徹すること。
この3つが整うと作戦は成功するぜ。
最後に、スマートに帰るために吞み会のスタートから
聞き役に徹すると全く存在感がなくなってしまうぜ。
相手の印象に残すためにも情報発信のスタートダッシュが
重要であることも付け加えておくぜ。
スタートダッシュ論はまた別のテーマだぜ。
必要であれば別途質問してほしいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2016年3月 7日 15:07

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2200

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |