日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 向研会、2015年経済総括セミナー | メイン | 2016新年メッセージ! »
愛と怒りの地平線「全て敬語で話せ!」 2015年12月28日
 

151228.jpg

<今月のお悩み>
敬語とタメ口の使い分けが分からない。
日本に長く住んでいて、
ある程度日本を使いこなせている自負があるものの、
敬語とタメ口の使い分けが未だに上手くできず、
悩んでいます。
年齢や上下関係によるものだとわかっていても、
タメ口を使うことで、
偉そうに思われたり、関係性が悪くなったりするのかなと心配して、
後輩にもほぼ自然体で話しています。
タメ口への切り替えタイミングや使い分けの考え方を教えてください。

<回答>
言葉づかいは人格そのものだぜ。
敬語とタメ口の使い分けはとても重要なポイントだぜ。
日本人でも使い分けの判断は異なるぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎全て敬語で話せ!
俺は「熱いぜコーナー」ではハードボイルドを気どり「だぜ!」
を使用しているが、日常的には真逆の丁寧語を使っているぜ!
俺と初めて会う人はみんなそのギャップに驚いているぜ。
俺の言葉づかいの象徴的な事例を紹介するぜ。
俺は結婚15年になるが、
今でも家内の呼び名は
「りえさん」
とさんづけで呼んでいるぜ。
夫婦なので呼び捨てやあだなで呼ぶケースが多いが、
俺は身近な存在であっても一人の人格を尊敬し認め合う
という意味をこめてさんづけで呼んでいるぜ。
友人は俺達の姿勢に共感し尊敬してくれるぜ。
いいか、年下であろうが恋人であろうが、
相手を尊重し、
敬語や丁寧語を話すことは堅苦しいことではなく、
お前の姿勢を正しく表現することだと理解してほしいぜ。
タメ口など忘れ自信をもって誰に対しても
丁寧語や敬語を話してほしいぜ。
必ずお前は周囲の人からの尊敬を集めるぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2015年12月28日 14:21

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2190

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |