日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « オービックシーガルズ2015 | メイン | 木村太郎議員朝食勉強会 »
愛と怒りの地平線「些細なことをデータ化しろ!」 2015年12月 4日
 

151204.jpg

<今月のお悩み>
付き合った女性 みな豹変します。
大学時代から3人とお付き合いをしたことがあるのですが毎回、束縛で苦しんでます。
1人目は同じゼミメンバーで、ゼミのお酒の場で女性と話すだけで大ゲンカ。
2人目は幼馴染みの女性とごはんにいっただけで、大阪難波駅で土下座をさせられる。
3人目は浮気をしたら全財産を没収するという誓約書を書かされる。
携帯チェックはもちろん、女性のこととなるとささいなことですぐに機嫌が悪くなります。
そしてどんどん要望がエスカレートしていきます。
これまでの経験から感じるのは相手の問題ではなく
「相手の要望を全て受け入れている自分」ではないかと思うようになってきました。
今後の女性との付き合い方についてアドバイスをお願いします!!


<回答>
男女ともに愛情の裏側に強烈な嫉妬心があるぜ。
愛情と嫉妬のバランスを建設的に双方がコントロールできるかがポイントだぜ、
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎些細なことをデータ化しろ!
お前は彼女が豹変したと思っているが全く違うぜ。
お前を束縛したいポテンシャルのある女性をお前が好んで
選択しているというのが事実だぜ。
世の中には全く逆の女性も多くいるぜ。
付き合うにあたっての目利き力に課題があると整理してほしいぜ。
目利き力とはどのように磨いていくかが重要だぜ。
付き合う前に感じさせた彼女の支配願望を感じさせた瞬間が
幾つかあったと思うぜ。
例えばデートのスケジュールを決定する際に
仕事があっても私を優先してほしいと言われた瞬間など、
些細なことでも全てリストアップしてほしいぜ。
そのシーンの累積データから彼女にしてはいけない行動を分析し、
目利き力にしてほしいぜ。
彼女は豹変しているのではなく、
その兆候が事前にあったことを理解できるはずだぜ。
最後に、3人の彼女から支配されたお前は
支配される苦しみを理解できる人間へとなったはずだぜ。
過去に付き合った3人の彼女には感謝の気持ちを持ってほしいぜ。
出会った人との時間を財産にできる人が人間力をあげていくぜ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 2015年12月 4日 10:51

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2186

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |