日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 愛と怒りの地平線「美木良介を超えろ!」 | メイン | 向研会14年11月セミナー »
経済産業省の熱い職場活性!VOL5 2014年11月12日
 

141112.JPG

<応援メッセージ>
国際平和のための輸出入管理は重要ミッションだぜ。
また我々一般国民との日常的接点が少ないぜ。
手ごたえをどのように感じるべきか、
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
1、DeepJapanだぜ!
俺が代表を勤めるDeepJapanというインバウンド(訪日旅行客)
向け日本紹介サイトがあるぜ。
500名を超える在日外国人がsenpai(先輩)として
日本の素晴らしさを全世界に情報発信するサイトだぜ。
Senpaiは日本が大好きで自分が知っている親切情報を
これから日本を訪れたい旅行客(後輩)に
ボランティアでメッセージを贈っているぜ。
話を貿易管理に戻すと、
我々の生活シーンにおいてもインバウンドが急増し、
一般国民も国際化を肌で感じるシーンが増えているぜ。
そして日本で働く在日外国人(senpai)は
グローバル社会の先進的な存在で、
それゆえに諸外国と比較して日本で働くことの
「安全・安心」
の素晴らしさをしっかり理解しているぜ。
DeepJapanを通じて俺自身も改めて
日本の素晴らしさを感じることが多々あるぜ。
そのベースになっているのは
地道な審査と厳格な法執行であることは言うまでもないぜ。
DeepJapanの代表として日々の活動にお礼を申し上げたいぜ。
そしてこれからも厳格な法執行お願いするぜ、
熱いぜ!
2、THE虎舞竜だぜ!
前述したように、日本の「安全・安心」
に対する国際的評価は高いぜ。
しかし、お前が指摘するように肝心の日本人は
その環境になれているため、
その価値を海外よりも理解していないこともあるぜ。
そこで提案だぜ。
THE虎舞竜のロードを知ってるか?
「何でもないような事が、幸せだったと思う」。
素晴らしい歌だぜ。
厳格な法執行の価値は、
何も(問題)が起こらないということでもあるぜ。
つまり、国民が気付かず普通に生活していることが
価値だと考えて欲しいぜ。
日々の地道は活動があって国際平和が保たれているぜ。
THE虎舞竜のロードを聞いて、
モチベーションをほしいぜ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 2014年11月12日 13:16

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2128

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |