日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »
島田塾、政策研究大学院大学白石学長 2014年11月28日
 

141128.JPG

昨日、
島田塾に参加した。
今月は
政策研究大学院学長であり、
JETROアジア経済研究所所長でもある
白石先生が
「東アジアの現状と展望」
というテーマで講義された。
日本・中国・韓国・米国
各国が抱える21世紀システムの課題と
今後の展望について解説頂いた。
アジアにおいて
日本が孤立化しないように
政治と経済のバランスをとるべきと
解説された。
アジアの今後の方向性が
見えてくる、素晴らしい講義だった。
白石学長、
御講演ありがとうございました。
島田先生、
貴重な機会をありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:36 | コメント (0) | トラックバック
 

地方創生 2014年11月21日
 

141121.JPG

昨日、
時事通信社主催の
セミナーに参加した。
石破大臣が
「地方から創生する我が国の未来」
というテーマで講演された。
衆議院解散前日にも関わらず、
石破大臣は約2時間も講演された。
地方の過疎化などの問題は
中央集権国家が解決するよりも
地方自治が主体的に解決するという姿勢が大切だと
話された。
結局、
日本の未来を決めるのは
国家でも自治体でもなく
我々一人ひとりにかかっていると
解釈した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:51 | コメント (0) | トラックバック
 

向研会14年11月セミナー 2014年11月14日
 

141114.JPG

本日7時半から
向研会11月セミナーに参加した。
ITジャーナリスト
林信行さんが
「デジタル時代のあるべき姿を探る
21世紀のカタチ」
というテーマで講演頂いた。
21世紀社会の3元要素
1、Smart Tech
2、Social Tech
3、3D Tech
が現在様々な社会変革を起こしている
実例を中心に講義頂いた。
イギリス出身のSF界の大御所作家
アーサーCスラークの
「高度に発達した科学は、魔法と見分けがつかない」
という言葉で講演を閉められた。
これから僕達が起こしていく
IT変革は「魔法」のような発想をもっていることが
重要だと気付かされた。
大前先生、林さん、
本日は貴重な講演をありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:56 | コメント (0) | トラックバック
 

経済産業省の熱い職場活性!VOL5 2014年11月12日
 

141112.JPG

<応援メッセージ>
国際平和のための輸出入管理は重要ミッションだぜ。
また我々一般国民との日常的接点が少ないぜ。
手ごたえをどのように感じるべきか、
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
1、DeepJapanだぜ!
俺が代表を勤めるDeepJapanというインバウンド(訪日旅行客)
向け日本紹介サイトがあるぜ。
500名を超える在日外国人がsenpai(先輩)として
日本の素晴らしさを全世界に情報発信するサイトだぜ。
Senpaiは日本が大好きで自分が知っている親切情報を
これから日本を訪れたい旅行客(後輩)に
ボランティアでメッセージを贈っているぜ。
話を貿易管理に戻すと、
我々の生活シーンにおいてもインバウンドが急増し、
一般国民も国際化を肌で感じるシーンが増えているぜ。
そして日本で働く在日外国人(senpai)は
グローバル社会の先進的な存在で、
それゆえに諸外国と比較して日本で働くことの
「安全・安心」
の素晴らしさをしっかり理解しているぜ。
DeepJapanを通じて俺自身も改めて
日本の素晴らしさを感じることが多々あるぜ。
そのベースになっているのは
地道な審査と厳格な法執行であることは言うまでもないぜ。
DeepJapanの代表として日々の活動にお礼を申し上げたいぜ。
そしてこれからも厳格な法執行お願いするぜ、
熱いぜ!
2、THE虎舞竜だぜ!
前述したように、日本の「安全・安心」
に対する国際的評価は高いぜ。
しかし、お前が指摘するように肝心の日本人は
その環境になれているため、
その価値を海外よりも理解していないこともあるぜ。
そこで提案だぜ。
THE虎舞竜のロードを知ってるか?
「何でもないような事が、幸せだったと思う」。
素晴らしい歌だぜ。
厳格な法執行の価値は、
何も(問題)が起こらないということでもあるぜ。
つまり、国民が気付かず普通に生活していることが
価値だと考えて欲しいぜ。
日々の地道は活動があって国際平和が保たれているぜ。
THE虎舞竜のロードを聞いて、
モチベーションをほしいぜ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:16 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「美木良介を超えろ!」 2014年11月 7日
 

141107.JPG

<今月のお悩み>
無駄についた筋肉をもてあましています
女性にモテません。
きっと身体のせいだと思い鍛え始めたところ、
想像以上に筋肥大しました。
結果、職場の女性から「気持ち悪い」
「前の方がまだマシ」と大バッシングを受けました。
ただ、海外の女性はマッチョマンが好きだ
という噂をよく小耳に挟みます。
これは海外に目を向ける時が来たということなのでしょうか。
こんな僕はどうすればいいでしょう。


<回答>
筋肉を無駄につけるほど、
お前のトレーニング技術はクオリティーが高いぜ。
世の中には筋肉をつけるために多額のコストを
投下している人が沢山するぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎安昌浩式「無駄筋トレ」で美木良介を目指せ!
お前は筋肉を無駄につけることは簡単だが、
筋肉をつけられず悩んでいる男は山ほどいるぜ。
お前の筋肉の価値を理解できる男をターゲットとし、
存在価値を高め、
男に認められる男として女性にアプローチするという手順だぜ!
具体策だが、美木良介のロングブレスに対抗して、
安昌浩式無駄なほど筋肉がついてしまうトレーニング、
略して「無駄筋トレ」をyoutubeにアップしてブームを起こそうぜ。
そしてお前は無駄筋の男としてマスコミから注目され、
美木良介をこえる大ヒットDVDを発売するぜ。
美木良介は老若男女から支持されたロングブレスに対して、
お前は男に限定されて受けている無駄筋トレが競争優位性となるぜ。
俺が尊敬する梅宮辰夫先輩や松方弘樹先輩から
支持される男となってほしいぜ。
お前が伝説のトレーナーで芸能界に殴りこみするときには、
俺も無駄に筋肉をつけて
お前のトレーナー技術のPRに一役買いたいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 18:22 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |