日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »
向研会セミナー 2014年10月24日
 

141024.JPG

本日7時半から
向研会セミナーに参加した。
今月は
「人口縮小の衝撃
~少子高齢化の現状と将来課題~」
というテーマで、
大前先生が講義頂いた。
日本の社会問題のど真ん中の課題に対して
大前先生のお考えを提案頂いた。
この問題は改善策ははっきりしており、
実行できるかどうかにかかっているとの
見解をのべられた。
大前先生、
今月の刺激的なセミナーでした。
ありがとうございます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:53 | コメント (0) | トラックバック
 

東京中小企業家同友会 2014年10月17日
 

141017.jpg

昨日、
東京中小企業家同友会
国際ビジネス支援部会で
「インバウンド需要をビジネスチャンスに」
というテーマでパネルディスカッションに
参加した。
僕はDeepJapan代表で
会員メンバーにメッセージを送った。
東京は2020年オリンピック時には
多くの外国人旅行客で賑わう。
まず東京がインバウンドへの
おもてなし都市になることが
日本全体の活力になることを
メッセージした。
僕は年間8000万人を集客する
フランスと、
日本のポテンシャルは変わらないと考えている。
やっと昨年1000万を突破した状況だが、
官民共同で世界に日本のおもてなしを発信すると
フランスをぬいてインバウンド世界1位になれると
確信している。
DeepJapanはそんなビジョンをもって、
500名を超える在日外国人(senpai)が
毎日記事を書き込んでいることを紹介した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:22 | コメント (0) | トラックバック
 

オービックシーガルズ、2014 2014年10月10日
 

写真.JPG

オービックシーガルズ
2014公式ブックに
当社の広告が掲載された。
今年のデザインは
当社所属
ケビンジャクソン(KJ)
バイロンビーティーJr(BJ)
ケアラカイ マイアバ(KAI)
の3選手が登場している。
今シーズンもゼロイン3選手が
大活躍する。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:38 | コメント (0) | トラックバック
 

JamesYu社長 2014年10月 6日
 

YU社長.JPG

先月、
アジア経営者連合会
香港サミットに参加した際、
FindAsia社の
JamesYu社長と会談した。
Yu社長は
RGF香港前社長の村井さんのご紹介で
昨年お会いした。
それ以来、
Find日本支社のホワンさんを通じて
情報交換をさせて頂いている。
YU社長と香港でお会いするのは
村井さんからYu社長をご紹介いただいて以来
1年ぶりになる。
Findさんが立ち上げられたFindバンコクの
ビジネス状況や、
上海大学から受け入れる香港での
スタディーツアーなど
様々な角度から情報交換できた。
また、YU社長の人柄にふれ
将来当社も香港並びにバンコクで
一緒にビジネスをしたいと
心が熱くなった。
YU社長香港ではありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:23 | コメント (0) | トラックバック
 

TKP河野社長 2014年10月 3日
 

141003-1.JPG

昨日、
TKP河野社長の著書
「スーパーベンチャーの創り方」
村上実著の
出版記念パーティーに出席した。
驚いたのは、
この出版記念パーティーの発起人の方々。
元内閣総理大臣森喜朗先生。
千葉商科大学学長島田晴雄先生。
HISグループ澤田秀雄代表。
安倍内閣総理大臣補佐官木村太郎先生。
22名の政財界の著名な方が
参加されていた。
改めて河野社長の交流も広さに
感服した。
木村太郎内閣補佐官は
僕の高校時代の同級生であり、
僕は彼の後援会でもあり、
昨日は会話がはずんだ。
河野社長、
著書出版おめでとうございます。
また昨日はご招待頂き、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:49 | コメント (0) | トラックバック
 

経済産業省の熱い職場活性!VOL2 2014年10月 1日
 

keisan.JPG

職場の活性化といわれても
イメージが湧かない。
理想的な職場の活性化というのは
どのような状態かということに
応援メッセージを贈っているぜ。

<今月の応援メッセージ>
職場の活性化といっても、どのような状態を
「活性化」と定義するのかは
一般的にじつに曖昧だぜ。
ただしそんな中でも現状改革を推し進められる
組織とそうでない組織に2分するぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
1、我が事にしろ!
俺が見てきた現状改革を推し進める組織の特徴は、
社員一人一人が手段ではなく、
目的にむかってアクションしている組織だと感じているぜ。
今、具体的なテーマとしてかかげている
「時短・合理化・チームワーク」は
目的にむかう手段であり、
定義されている3つの手段に限らず目的に対する
アクションプランを省内の一人一人が考え、
アドオンし目的に近づけることが重要だぜ。
日本は生産者人口が低下するため、
一人一人の生産性の向上は重要なテーマだぜ。
そしてそのテーマは政治的なテーマと
とらえてはいけないと考えているぜ。
企業や省庁の垣根なく、
日本の組織で働くワーカーの共通テーマとしてとらえ、
オールジャパンで我が事化できれば、
国際競争力は劇的に向上するぜ。
俺が考える理想的な職場とは
目的を我が事としてアクションプランを
アドオンできる人達が集う職場だぜ。
俺は日本の国際競争力のひとつに
日本のワーカーの生産性を
高らかにかかげる日は近いと信じているぜ。
熱いぜ!
2、我が事化職場を紹介するぜ!
大手自動車メーカーの「kaizen」は
我が事職場としてあまりにも有名だぜ。
しかしその他にも俺が知る我が事職場は
多くあり幾つかを紹介するぜ。
まず大手情報流通会社では新規事業や生産性向上を
セクション横断で提案できる活動を
イノベーショングループというネイミングで実施しており、
その提案の中から今では約300億円の事業を
生み出した実績を持っているぜ。
この会社の特徴は新規事業の創造を我が事としてとらえて、
多くの社員がこぞって新規事業を提案することにあるぜ。
また、中小企業でも社内会議の生産性や残業を削減したい
という経営の意思に対して全社員に具体策のアイディア募集をし、
多くの社員からアイディアを活用し、
社内会議を30分一枠で実施するという改革で
社内会議の生産性向上を実現した会社もあるぜ。
我が事職場に共通することは、
テーマの大小に限らず社員が自らの意思で
目的にむかってアクションしていることだぜ。
ぜひ参考にしてほしいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:29 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |