日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 島田塾、キャノングローバル戦略研究所山下一仁様 | メイン | 愛と怒りの地平線「コンクリートソムリエだぜ!」 »
経済産業省の熱い職場活性!VOL1 2014年9月12日
 

140912.JPG

今月から、なんと経済産業省の職場活性への取り組みに
男大條から応援メッセージを贈っているぜ。
<今月の応援>
省内で活性化を呼びかけている人が
仕事に追われていて、
現実と理想のギャップがある人へ。
<応援メッセージ>
お前のように仕事の理想と現実のギャップに
悩むことは多々あるぜ。
その悩みを乗り越えた時に
お前の新しいステージがやってくるぜ。
アドバイスするぜ、熱いぜ!
1、時短は自分自身の価値創造だぜ!
俺の20代を振り返って考えたぜ。
今お前が悩んでいるように
俺も息つく暇がないほど仕事に追われていたぜ。
総務部に配属されていた俺は
社内のラインセクションからかかってくる
様々な電話対応や社内ミーティングで業務時間が目いっぱいになり
モチベーション管理が難しくなったぜ。
そんな時に会社の創業者であり社長から
直接アドバイスを頂いたぜ。
それは
「仕事の報酬は仕事で返ってくる。
周囲があなたを信頼するからこそ
あなたに仕事が集中するのだ。
チャンスだと思いなさい」
というアドバイスだったぜ。
周囲を見渡すと確かに仕事の集中度には格差があり、
忙しいことは自分への信頼の支持率だと考え方を変えたぜ。
今振返ってみてあの時の社長からのアドバイスは
俺の人生を変えるとても貴重なものだったぜ。
とはいえ、今は俺も時代の要請もあり時短というテーマを追いかけているぜ。
時短すなわち業務効率を上げることは
自分の職場からの信頼支持率をあげることにもなり、
自分の価値創造でもあるということを
重ねてアドバイスしたいぜ、
熱いぜ!
2、移動中に考えろ!
俺は仕事を高速で処理し、
ボリューム対応するためにどうするかを考えたぜ。
考えなければいけない仕事と考えが確定し
遂行しなければいけない仕事やラインからの
お問い合わせ業務を2分類にし、
業務時間は後者の仕事の高速処理に徹底したぜ。
これによってより多くの社内対応ができ
自分に対する信頼支持率は向上したぜ。
そして考える仕事は往復の電車通勤時間を活用することにしたぜ。
電車に乗る前に課題解決テーマを設定し乗車し、
降りるまでにその時間で考えられるベターな解決策を決定し、
メモをとったぜ。
意外にもデスクで考えても答えが出なかった課題解決のアイディアが
どんどん沸き起こり俺にとっては移動中の課題解決策がとてもピッタリきたぜ。
メモをとった方針にそって課題解決のためのアクションプランを策定し、
業務時間は遂行に集中したぜ。
今でも俺は朝の30分のジョギングの際は
考えるテーマを決めて走っているぜ。
これは余談だが、
俺がジョギングで考えた時と新幹線で考えた時の
アイディアパフォーマンスを比較したことがあるぜ。
結果は圧倒的に新幹線で考えたパフォーマンスが高かったぜ。
ある人にこの話をしたら、
人はスピードの速い乗り物に乗ると、
頭がその速度に追いつこうと速く回転するという説があると教えてもらったぜ。
その説が本当かどうかは別として俺の実体験も含めて
電車や新幹線などの移動中に思考するのは、
時間の有効活用でけでなく、
頭の回転アップにもなり、
ダブルメリットだぜ、速いぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 2014年9月12日 09:56

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2116

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |