日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »
木村太郎君を励ます会2014 2014年5月28日
 

140528.JPG

安倍総理の
内閣補佐官を務めている
「木村太郎君を励ます会」
を6月4日に実施する。
木村太郎内閣補佐官と
僕は高校時代の同級生で
この会の発起人と当日の司会を
勤めさせて頂く。
僕はこの会が発足時から
発起人と司会を勤めさせて頂いている。
今週、木村補佐官の秘書と
司会の打合せをした。
来週4日、
しっかり司会進行したい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:42 | コメント (0) | トラックバック
 

「かなえる力」池田弘著 2014年5月26日
 

池田会長.JPG

NSGグループ代表で
アルビレックス新長の
池田会長より
「かなえる力」(東京書籍)
を頂いた。
池田さんと僕は
JBCや島田塾で
ご一緒させて頂いている。
池田会長は本書の中で
二百年以上活動を続けている企業が
世界に5600社ある中で
3000社が日本企業であることに
着目され、
ニ百年継続するためには
様々な改革や
ビジネスモデルの変化を遂げ、
経営者が挑戦し続けている
モノサシと指摘されている。
池田会長は我々経営者に
挑戦し続けろ、
とメッセージを贈っている。
また、挑戦しない生き方が
結局多くの不安や悩みをかかえることになる
ともメッセージされている。
全く同感だった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:25 | コメント (0) | トラックバック
 

60周年 2014年5月21日
 

140521.JPG

昨日、
Tasaki経営陣の知人からの
ご招待で、
60周年記念パーティーに
参加させて頂いた。
昨日は多くの著名人が
参加されていた。
僕はイエローの蝶ネクタイで
パーティーを盛り上げた。
Sさん、
昨日はご招待頂き
ありがとうございました。
楽しかったです。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:54 | コメント (0) | トラックバック
 

日本を変える観光 2014年5月19日
 

140519.JPG

月間事業構想6月号で
日本を変える観光が特集された。
政府がかかげるインバウンド3000万人を
うけ入れるための道筋が特集されている。
我々DeepJapanチームは
この特集を全メンバーが情報収集し
我々が向う道筋との確認を行っている。
この特集でJTB大塚常務が
「旅のチカラで課題解決」
というタイトルでインバウンド対応を語っていらっしゃった。
大塚さんとは
数年前に全く違うテーマで出会い、
未来にむけて同じインバウンドで
日本を変えようとしていることに
ご縁を感じた。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:17 | コメント (0) | トラックバック
 

健康人事委員会 2014年5月14日
 

140514.JPG

昨日、
ワークスエンターテイメント
前田社長、
リファイン就労支援センター
井田社長と
面会した。
前田社長が立ち上げた
健康人事委員会に関しての
情報交換をした。
前田社長は
企業が健康人事を推進することで
日本の社会課題を解決しようとしている。
健康人事委員会のHPで
東証と経済産業省が主催し、
認定した
「なでしこ銘柄企業」
の取り組みを紹介している。
健康人事に対する
素晴らしい取り組みをされている
紹介している。
ぜひ「健康人事委員会」で検索し、
その内容を見て頂きたい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:07 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「つば九郎でいけ!」 2014年5月12日
 

140512.JPG

<今月のお悩み>
威厳がありません。
4月から新任リーダーになりました。
ですが、上司や一緒に働いている方々からは、
「カードリーダー!」や「バイトリーダー!」
などずっといじられております。
どうしたら威厳を上げられるのでしょうか??

<回答>
新任リーダー昇格おめでとう!
お前は職場のみんなから愛されるムードメーカー
だということが写真から伝わってくるぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎つば九郎でいけ!
ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター
「つば九郎」を知っているか?
つば九郎はファンクラブが結成され、
つば九郎本が出版されるほど社会的影響力を持っているぜ。
つば九郎は今年20歳をむかえたぜ。
最近のゆるキャラブームで生まれたキャラと違い、
長年にわたって愛されているぜ。
その最大の勝因はTVでの筆談トークでその場を盛り上げたり、
球団に対してFA宣言したり、
自分の存在感を発揮する突き抜けた行動力だと考えているぜ。
前置きが長くなったが、
お前という外見は職場のマスコットキャラ「大ちゃん」だぜ。
愛されいじられる大ちゃんが、
外見に似合わないような他を圧倒する突き抜けた行動力
によって職場から尊敬と支持が集まり、
威厳につながっていくぜ。
バイトリーダーといじられながらも目標達成率は突き抜けろ!
ということだぜ。
大ちゃんは職場に愛されながら業績を断トツでリードする
新キャラとしてマスコット界にデビューできるぜ。
その時俺も熱いぜ大ちゃんキャラで同時デビューするぜ。
一緒に突き抜けた行動力を武器にマスコット界をリードしようぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:49 | コメント (0) | トラックバック
 

DeepJapan 2014年5月 8日
 

140508.JPG

日本に駐在する外国人
(senpai)が、
インバウンド向けに情報提供する
DeepJapanのサイト紹介カードを
インバウンドを受け入れたい
旅館やペンションで構成される
ジャパニーズイングループの
会員23施設に設置頂いた。
DeepJapanの取り組みは
観光庁からも評価頂いており、
今回は観光庁からの紹介で
23施設への設置が決定した。
我々運営スタッフ及びsenpai一同、
更に親切な情報発信していくことを
確認した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 08:48 | コメント (0) | トラックバック
 

銀座柳祭り 2014年5月 5日
 

140505.JPG

本日、
5月5日は
銀座柳祭りが実施されている。
いろいろな団体の
マーチングバンドが
出場されている。
銀座電通通りに
本社を構えて焼く10年以上になるが
柳祭りを見るのは初めてだ。
所用のため
休日出勤しているが、
柳祭りは休日出勤の
インセンティブだ。
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:25 | コメント (0) | トラックバック
 

リファイン就労支援センター井田社長 2014年5月 1日
 

140501.JPG

元同僚で
昨年起業された
一般社団法人リファイン就労センター
井田社長と面会した。
井田社長と僕は
JBCの若手経営者の会の立ち上げを
一緒に手がけた。
僕にとって大切な経営者仲間の一人だ。
その井田社長が昨年新たな会社を起業された。
精神疾患で休職している人を対象とした
復職支援の会社だ。
会社に復帰できずに止まっている人を
会社に復職させることは
個人にとっても社会にとっても
重要な使命だ。
井田社長は
この仕事をライフワークとして
社会に価値提供したいと語った。
井田社長の会社を見て頂きたい。

www.refine-work.jp

熱いぜ!

投稿者 admin : 12:59 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |