日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »
津軽三味線奉納演奏 2014年3月31日
 

140331.jpg

昨日、
父が主催する
全日本津軽三味線友の会が
靖国神社の奉納演奏を行った。
当日はあいにくの雨だったが、
桜を見にきた多くの見物客で
賑わった。
父の活動を
陸奥新報(写真)が報道した。
全国的にも桜で有名な弘前公園は
桜と津軽三味線のコラボで
見物客が活性化する。
父はそのシーンを
靖国神社で東京の人に
味わってもらいたいという
ねらいがあったようだ。
友の会の皆さん、
昨日は素晴らしい演奏
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:23 | コメント (0) | トラックバック
 

DeNAファウンダー南場さん 2014年3月26日
 

140326.jpg

昨日、
島田塾に参加した。
ゲストスピーカーは
DeNA創業者の南場さんだった。
南場さんの講義はとても楽しく、
あっという間の90分だった。
印象に残ったことは、
採用にはとにかく力を入れていること。
南場さんが入社説得をし、
他社を選択した学生に対してえ
その後も定期的に接触をし
数年越しでDeNAに
入社してもらった事例を話された。
その社員は8ヶ月で新規事業を立ち上げ、
その事業に関わる100名のスタッフが
気持ちを熱くしている。
南場さんは、一人の入社が100名をワクワクさせる。
もし採用に力を入れない会社があるとすれば
私には理解できないと言われた。
参加者一同、納得の瞬間だった。
とても刺激的な講演だった。
島田先生、
素晴らしい機会提供ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:54 | コメント (0) | トラックバック
 

丹羽大使 2014年3月24日
 

丹羽大使.jpg

先週19日、
アジア経営者連合会プレミア会
に参加した。
スピーカーは
前中国特命全権大使で
前伊藤忠(株)会長の
丹羽大使に
「日中関係と日本の将来」
というテーマでご講義頂いた。
丹羽大使は日米関係と同様に
日中間系を強固にしていくことが
日本の将来に必須であることを
提言された。
また、
日本の世論に中国経済はバブルであり、
崩壊の恐れがあるとの論調を明確に否定された。
その根拠に、
科学者及び医者人口の世界シェアが
米国と中国が突出していること。
ハーバード大学への留学者数も中国が突出しており、
米国内に新中派が増えていること。
今後も科学・医療の分野で米国と中国は世界をリードし、
かつ米国の新中派の影響力は広がると分析された。
丹羽大使は以上のことから
中国経済は今後も世界において中心的な
役割を担っていくことをメッセージされた。
丹羽大使が中国駐在時に
尖閣問題が発生した。
日中関係が悪化していくことを
中国大使の立場で苦慮された。
その丹羽大使が語る日中関係講義だけに、
とてもプレミアな講演だった。
事務局の天野社長、
素晴らしい機会提供
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:26 | コメント (0) | トラックバック
 

向研会3月セミナー 2014年3月20日
 

140320.jpg

本日7時半から、
向研会3月セミナーに参加した。
早朝にも関わらず
本日も100名を越える経営者が
参加されていた。
今月は
「世界のリゾート研究」
というテーマで大前先生が講義された。
世界全体の観光客数は年間10億人を突破しており、
受け入れ先はアジア・太平洋地域の伸びが著しい。
また、アジア・太平洋地域においては
アマンプリ、シックスセンスに代表される
富裕層向けの高級リゾートが受入数を伸ばしており、
日本はこの傾向を見失っていることが課題だと
問題提起された。
富裕層向けリゾート産業を
世界地図を見ながら解説頂いた。
大前先生は、
例えば越後湯沢における
冬のリゾートも
地域と個別のゲレンデ経営者が
大きな資本で一体化すると
世界に通用するリゾートになることを
強調された。
国内リゾートはもはや国内の集客という観点ではなく、
世界から集客するインバウンド戦略が
とても重要だと感じた。
当社が運営しているサイト
deepJapanはとても重要な役割を担っていることを
再確認した。
大前先生、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:30 | コメント (0) | トラックバック
 

「一体感が会社を潰す」秋山進著 2014年3月19日
 

140319.jpg

「一体感が会社を潰す」
(PHP)
秋山進著を読んだ。
秋山さんがこれからの時代は
異質と一流が活躍できる組織が
成長できると提言されている。
一体感が目的化されると
異質を排除してしまい、
突き抜ける業績をあげる一流社員が
生まれないことを危惧している。
僕は一体感を目的化してはいけない
ということにとても共感できた。
昨年DeepJapan(DJ)
というサイトを立ち上げた。
DJは業務委託契約もしくは
ボランティア(無報酬)で
構成した異質チームだ。
週1回のリアル会議と
メール会議で事業運営している。
外国人ネットワークプロ、
元じゃらんの編集長、
元Hotpepperの商品開発責任者など、
自分の強みと役割を分かった異質メンバーが
突き抜けた自分の知見をぶつけあって
サイト運営している。
秋山さんの定義で表現すると大人のチームだ。
DJの独創的組織構成は昨年「アエラ」でも
取り上げられた。
秋山さんの著書や
昨年の「アエラ」の特集を通じて
個人の働き方や組織運営のあり方の潮目が
大きく変わろうとしていると感じる。
ぜひ読んで頂きたい一冊だ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:11 | コメント (0) | トラックバック
 

インフォサイエンス 2014年3月14日
 

140314.jpg

昨日、
JBCの
ジョイナーズ
(40代経営者の会)で
インフォサイエンス宮社長の
会社取材に行った。
インフォサイエンスさんは
芝浦に自社ビルを構える
IT企業だ。
宮社長が95年に創業し、
18年になる。
競争が激しいIT業界で
着実に経営基盤を固められた手腕は
素晴らしい。
宮社長は売上(規模)拡大よりも
一人あたり生産性を重視していると
語られた。
宮社長、とても刺激になりました。
ありがとうございます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:40 | コメント (0) | トラックバック
 

向研会2月セミナー 2014年3月10日
 

140310.jpg

向研会2月セミナーに参加した。
今月は
「アジア企業のグローバル化の現状」
というテーマで
大前先生にご講義頂いた。
僕が注目したポイントは
①fortune500に占める中国企業の成長が著しいこと。
②今後成長が期待されるaseanにおいても、
華人企業が牽引役であること。
③中国の存在感が更に増す。
ということだった。
大前先生は
アジア発グローバル企業は
日本企業にとってチャンスだととらえ、
アジア企業と組んでともに先進国市場を開拓すべきと
まとめられた。
大前先生、
今月も素晴らしいご講義、
ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:29 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「夫婦力をあげろ!」 2014年3月 5日
 

140305.jpg

<今月のお悩み>
彼女の尻に敷かれています...。
けんかになるときはいつも彼女からの宣戦布告。
最終的には自分が謝ります...。
少しでも反抗しようものなら、
100倍になってはね返ってくるので、潔く、
時には喜んで負けを認めてしまいます。彼女とは付き
合って3年、今年に結婚を予定しているのですが、
結婚を機にますますパワーアップ
されたらと思うと不安です。
自分はやはり言うべきところでは
言う男子を目指すべきでしょうか??

<回答>
夫婦関係は100組あれば100通りで
正しい答えなどないぜ。
お前はお前の道を進んでほしいぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎夫婦力をあげろ!
お前が危惧する結婚した場合彼女が
パワーアップするかという視点は、
間違いなくその通りで疑う余地はないぜ!
そして出産後は子供を味方につけて
更にパワーアップするぜ。
まずお前はその現実を踏まえて今後を考える必要があるぜ。
夫婦関係に正解はないぜ。
お前は周囲の先輩や友人から
もっと男らしく言うべきことを言えよ、
などとアドバイスされ不安になっていると思われるぜ。
しかしお前はそのアドバイスには当たらないぜ。
お前はお前らしく負けを認めていると、
自信をもって欲しいぜ。
彼女に勝つことが目的ではなく、
負けることによって夫婦が結束する
夫婦力を大切にしてほしいぜ。
最後にお前が負けを認めた後に追伸として
さりげなく言葉を添えてほしいぜ。
彼女もそんな謙虚な言い方をされると
彼女も否定し難いぜ。
お前はお前ならではの
自己主張スキルを磨いて欲しいぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 15:07 | コメント (0) | トラックバック
 

ドリームワン王社長 2014年3月 3日
 

140303.jpg

先週金曜日、
JBCのセミナーに参加した。
今月のスピーカーは
ドリームワンの王社長だった。
王社長は
元フジTVのプロデューサーで
「なるほど!ザ・ワールド」
「クイズドレミファどん」
夏休みのお台場名物の
「お台場合衆国」の提案者でもある。
業界の有名人だ。
その王社長は
ヒットの法則を
1、ハラハラドキドキ
2、超(物凄い)
3、今だけ・ここだけ
以上の3要素を掛け合わせた時に
ヒットが生まれると解説頂いた。
王社長が手がけたTV番組は
全てこの掛け算で成立されていた。
王社長がフジTVにいらっしゃった頃は
フジTV全盛時代であり、
当時の番組は僕にも鮮明に蘇ってくる。
僕たちにこれほどの感動を与えてくれた
王社長は天才と言っても過言ではない。
王社長、
講演ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:28 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |