日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 「逆襲弁護士河合弘之」大下英治著 | メイン | 「世界のエリートはなぜ、この基準を大切にするのか?」戸塚隆将著 »
「カーネル・サンダースの教え」中野明著 2013年10月28日
 

カーネル.jpg

「カーネル・サンダースの教え」
を読んだ。
素晴らしい著書だった。
・農場の手伝いからペンキ塗り。
・ペンキ塗りから路面電車の車掌。
・路面電車車掌から鍛冶見習い。
・鍛冶見習いから機関車灰さらい、そして機関士。
・機関士から弁護士実習生。
・弁護士実習生からプルデンシャル保険のセールスマン。
・保険セールマンからフェリー運行会社起業。
・フェリー会社を辞めアセチレンライト製造販売会社起業。
・アセチレンライト会社倒産、タイヤのセールスマンに。
・タイヤセールマンからガソリンスタンド起業。
・世界恐慌でGS倒産、シェル石油のステーション経営。
・最愛の長男死亡。
・ステーション経営成功と思いきやレストランとモーテル全焼。
・必死で再建するも巨額脱税で実質破綻。
・レストランとモーテル事業で再び軌道に乗るが州議会議員選挙落選。
・事業不振でモーテル売却、65歳で無一文になる。
・65歳で残った唯一の財産が1枚のチキン料理レシピ。
ケンタッキーフライドチキンは
驚くことにカーネルサンダースが65歳、
無一文になってからのスタートだ。
まさに波乱万丈の人生を歩んでいる。
どんな失敗しても止まることなく前に進み続けている。
彼のモットーはたった二つ。
「できることは全てやれ。
やるなら最善を尽くせ。」
心が熱くなる一冊だ。
65歳以下の皆さん、人生まだまだ。
できることは全てやろう。
やれることは最善を尽くそう、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2013年10月28日 10:39

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2023

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |