日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 島田塾、新潟県立大学袴田教授 | メイン | AsiaLeadersBusinessSummit2013 »
愛と怒りの地平線「アナウンサーをロールモデルにしろ!」 2013年9月12日
 

130912.jpg

◎27歳で、自分のことを名前と呼んでしまいます

社会人6年目。社会人としてもすでに
「若手」ではないにも関わらず、
自分のことを名前で呼んでしまう癖が治りません。
家庭内ならまだしも、たまに会社でもこの癖が出て、
「ゆいね~」と言ってしまいます。
周囲は黙って流してくれていますが、
きっと不快だと思いますし、
何より自分が恥ずかしいです。
「甘え」が原因だとは分かっていますが、
どうしたらこの癖が治るでしょうか。
アドバイスお願いします。

<回答>
俺は津軽弁を克服が大変だったぜ。
津軽弁では「ぼくは」を、
「わだば」と言うぜ。
克服難易度は極めて高かったぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎アナウンサーをロールモデルにしろ!
俺は高校3年の秋にリクルートに内定をもらい
入社するまでに津軽弁克服の様々な努力をしたぜ。
当時ニュースステーションの司会だった
久米宏さんをVTRに録画し、
同じように話すように練習したぜ。
みんなが津軽弁を話している当時に、
標準語を友達に話しただけで
東京カブレと非難される心配もあり、
日常的には津軽弁、
家に帰って隠れ標準語と
二ヶ国語を話しているような状況だったぜ。
しかし俺にはリクルートに入社するという
大きな目標があったため、
隠れ標準語練習を乗り越えられたぜ。
お前の言葉の問題も全く同様だぜ。
言葉を変えることは社会人として成功するために
絶対クリアしなければならない壁だぜ。
ロールモデルとなるアナウンサーの話し方を
完全コピーしてほしいぜ。
自分の言い方の癖を克服するためには、
俺が方言という最高難度の高い言い方克服を
達成したように見習いたい人の完コピが一番の近道だぜ。
今更と思うかもしれないが、
毎日完コピ特訓でスマートなビジネスになってほしいぜ。
最後に、スマートなビジネスマンであると同時にに、
27歳にしてかわいらしい女子だぜ。
彼氏の前では今のまま「ゆいねー」でいてほしいぜ。
言葉を使い分ける最強のキャラになってほしいぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2013年9月12日 10:02

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/2009

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |