日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 可愛いお礼状 | メイン | 島田塾、聖トマス大学大井学長 »
愛と怒りの地平線「チップを弾め!」 2013年5月13日
 

130513.jpg

<相談>
海外旅行でのセントの使い方がうまくできません
以前に何回か海外旅行に行った際、
困ることがありました。セントの使い方です。
買い物したり遊んだりで最終日に財布の中を確認すると、
硬貨がジャラジャラと・・・。
特に25セント硬貨がやたらと多いんです。
なるべく硬貨を使って小銭を溜めないように頑張ろうとするのですが、
いざレジに行くと緊張からか、サッと紙幣を出してしまい、
また溜まってしまいます。
そもそも25セントって計算しづらいんですよね。
何かうまく払えるコツがあれば教えてください。
<回答>
俺も海外での小銭計算は苦手だぜ。
とてもでないがレジ前で
クールに小銭を支払うことなどできないぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎チップを弾め!
俺は海外においては小銭をレジ前で使うことは諦め、
ホテルのベットメイキングのチップに使っているぜ。
しかも、一般的に妥当だと言われる2ドルにこだわらず、
その日の小銭を全てチップにしているぜ。
ただし、小銭が2ドルをこえる際は問題ないが、
不足する日は不足分をお札で調整するぜ。
結局小銭は有効的に使おうと考えすぎると
逆にレジ前でプレッシャーになって、
せっかくの旅行が楽しくなくなるぜ。
それよりはその日その日の小銭を気持ちよく
ベットメイク頂いたスタッフに多めに還元することで
部屋を更に綺麗にして頂いた方が得策だからだぜ!
繊細な人は小銭でチップを支払うことは
失礼と考えるかもしれないが、
チップを払わない人も増えている中では、
小銭でもしっかりチップを払う姿勢は評価されるぜ。
カード支払いが普通の現代だが、
目の前にいないベットメイクサービスや
レストランにおけるサービスなどの
チップだけはカードで支払えないぜ。
小銭を消化するにはチップを弾むことが最良の選択だぜ。
お前もこれからは小銭チップを
じゃんじゃん弾んでほしいぜ。
お互いかっこいい国際人になろうぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 2013年5月13日 08:09

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/1967

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |