日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »
CSR基金、保護者からの手紙 2013年2月27日
 

130227.jpg

昨日、JBC理事会を実施した。
JSR基金事務局から
奨学生の保護者からの手紙が報告された。
紹介したい。
<奨学生保護者からの手紙>
「(前文省略)私も
自分の生活分を稼ぐためだけで
娘の仕送りまで手が回りません。
奨学金を借り他はアルバイトでまかなっています。
冗談で、ママ震災で亡くなったら
震災孤児でお金が入ってくるから
苦労させなかったのに。
と言ったことがあります。
今まで祖父に娘の送迎を頼み
私は働きぱなしでしたが
祖父と離れてしまい送迎も頼めず
私が仕事に行くことができずに送迎しました。
やっと仙台の専門学校にいれ、私も働き始め、
節約してわずかでも送金しています。
CSRさんから頂いたお金、
避難所で食事が出たのでためておいて
入学金の足しに出来ました。
本当にありがたかったです。
1時期は夢をかなえさせられないんじゃないかと
私の気がおかしくなりましたが
皆様のおかげでなんとか一年学校へ
通わせる事ができました。
色々長くなってすいません。
本当におかげ様で助かりました。
まだ多くの奨学生いるのですね。
どうか皆様のお力になって下さい。
お願いします。」
胸があつくなった。
理事一同CSR基金について
今後も出来る限りの応援をすることを
確認した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:00 | コメント (0) | トラックバック
 

藤井神父様 2013年2月26日
 

130226.jpg

昨日、
東京カテドラル聖マリア大聖堂で
行われた藤井神父様の
告別式に参加した。
息子がカトリック系の幼稚園に
ご縁を頂いたことをきっかけに
僕達家族は藤井神父様のもとで
カトリックの洗礼をうけた。
昨年、藤井神父様は
自ら志願され仙台教区に応援派遣に行かれた。
東日本大震災の復興間もない
仙台の教会にご奉仕したかったようだ。
東京から仙台に異動される日に
僕は藤井神父様をお見送りさせて頂いた。
それが僕と藤井神父様の
最後瞬間になってしまった。
昨日は多くの信者が
藤井神父様とのお別れに参列された。
藤井神父様、
様々なお導きを頂き
本当にありがとうございました。
そして神様のもとに召された藤井神父様が
永遠の喜びを分かちあうことができますように。
わたしたちの主イエスキリストによって。
アーメン。

投稿者 admin : 11:53 | コメント (0) | トラックバック
 

2月向研会 2013年2月22日
 

130222.jpg

今朝、
7時半から大前研一さんが主宰する
向研会2月セミナーに参加した。
今月の講演テーマは
「日本のエネルギー問題」。
大前先生は原子力の専門家であるため
日本及び世界のエネルギー事情について
明快な講義を頂いた。
大前先生は本日近未来の電気事業モデルを
示された。
1、公営原子力会社として一元化
2、発電完全自由化
3、高圧送電公営一元化
4、配電9社地域独占化(東電など)
更に、世界のエネルギー事情において
シェールガス革命がおきている。
シェールガスの今後の動向に関して
解説頂いた。
大前先生、
ご講演ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:28 | コメント (0) | トラックバック
 

HIS澤田会長講演会 2013年2月21日
 

130221.jpg

昨日、
アジア経営者連合会の
会員総会に参加した。
総会のメインプログラムとして
HIS創業者かつ
ハウステンボス社長の
澤田さんが講演をされた。
18年間赤字だったハウステンボスは
澤田さんが社長に就任され
1年目で黒字化を達成し、
今期は34億円の経常利益を出された。
その経営ノウハウを
アジア経営者連合会の会員経営者のために
メッセージ頂いた。
僕はJBCの理事会でも澤田さんとお会いする。
澤田さんがハウステンボス社長1年目の時に
JBCメンバーでハウステンボスを訪れ、
澤田さんが経営の陣頭指揮をとっている姿を見ている。
それだけに昨日の話はとてもリアリティーがあった。
また、昨日の講演で一番影響うけたことを紹介する。
それは、経営者にとって一番大切なことは
5年後10年後のビジョンが
目をつぶった時に映像のように思う浮かぶかだ。
ビジョンがない人はかなりの確立で成功しない。
ビジョンがある人はかなりの確立で成功する。
とメッセージされたことだ。
僕はとっても納得した。
僕は昨年取締役会で
僕自身が考える3年後ビジョンを
作文と図解にしてまとめて発表した。
また、他の役員同士がどんなビジョンを描いているのか
確認をした。
それゆえにビジョンがある組織であることの大切さが腹に落ちる。
しかし、昨日の講演をうけて
5年10年ともっと長いスパンで
夢やビジョンを映像化できるように
なりたいと決意を新たにした。
澤田さん素晴らしい講演ありがとうございました。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:28 | コメント (0) | トラックバック
 

「新幹線お掃除の天使たち」遠藤功著 2013年2月18日
 

130218.jpg

「新幹線お掃除の天使たち」
を読んだ。
主役は新幹線のお掃除をしている
テッセイという会社のスタッフだ。
JRグループで新幹線清掃を
している普通の会社なのに、
スタッフの仕事に対する姿勢に
感動する。
キラリと輝く現場力が
本書のポイントだ。
掃除のおじちゃん、おばちゃんが
こんなにイキイキ働いている、
これこそ、日本の底力を感じる。
本書に書かれている
素晴らしいエピソードを紹介する。
「不安そうな顔で、
エスカレーターの先を見つめて
おられるお客様がいらっしゃいました。
どうなさいましたか?
今子供達が二人だけでやまびこに乗るんです。
お兄ちゃんは5年生だから、
見送りはここでいいと言われたのですが、
心配で。。。
私はお二人が乗車するという列車を聞き、
号車位置まで見にいきました。
お兄ちゃんは弟の手をしっかり握っていました。
私はお母さんの元を戻り、報告しました。
大丈夫です。二人はちゃんと並んで待っていましたよ。
お母さんは安心した様子でお帰りになりました。」
新幹線の掃除をしている
テッセイのスタッフが
自分の判断で相手に喜ばれることを
自ら進んで実行している。
素晴らしい!感動的だ。
テッセイのような素晴らしいスタッフが
毎日新幹線を清掃してくれるので、
快適に新幹線に乗れる。
日本は新幹線のスピード技術だけでなく、
清掃なのどソフトサービスにおいても
世界に誇れると確信した。
改めて日本のサービス力を考えさせられた。
オススメの一冊だ、
熱いぜ!


投稿者 admin : 10:47 | コメント (0) | トラックバック
 

バレンタイン 2013年2月15日
 

130215.jpg

昨日は
バレンタインデーだった。
チョコレートや
おかきを頂いた。
OFC望月さん
アクアグリーーンの加納さん
管理部の皆さん
お気遣い頂き、
ありがとうございました。
また当社男性社員全員に
チョコレートを頂いた
ゼロインワークスさん
OFCさん
男性社員を代表してお礼申し上げます。
さて余談だが、
5歳の息子は幼稚園なのに、
沢山のチョコレートを
もらって帰ってきた。
中には手作りチョコも入っていた。
「◎◎ちゃんからチョコもらった!」
と、とても嬉しそうだった。
僕の時代では
考えられないことだ。
時代を変化を大いに感じながら
息子が成長していく姿を嬉しく思った
バレンタインデーだった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:32 | コメント (0) | トラックバック
 

首相官邸 2013年2月13日
 

官邸2.jpg

本日、
安倍総理の
内閣補佐官を務めている
木村太郎君と
首相官邸でお会いした。
ちなみに僕は
木村太郎君と僕は高校の同級生で
太郎君を励ます会の発起人を
勤めている。
安倍総理を支える
内閣補佐官は国会議員から
3名抜擢されている。
木村太郎君は
その中の1名だ。
官邸にある内閣補佐官室で
面会した。
一緒に同行したのは
元ダ・ヴィンチ編集長の
横里さん(写真左)と
木島さん(写真右)。
帰りに
内閣が発足する際に
記念撮影する首相官邸の階段で
許可を頂いたうえで
記念撮影させてもらった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 13:14 | コメント (0) | トラックバック
 

巨星落つ 2013年2月12日
 

江副さん.jpg

江副さんはまさに巨星だった。

僕は昭和59年、高卒でリクルートに入社した。

江副さんは事情があって大学にいけない

ポテンシャルの高い高校生を

採用するために並々ならぬパワーをかけた。

僕は運よくその網に引き上げられた。

当時、リクルートの金庫番である

財務経理担当役員も高卒だった。

学歴、男女差別をせず、

実力主義を徹底するリクルートを僕は大好きだった。


18歳で入社した僕は今年48歳。

今もなおリクルートのパートナーとして

密接に仕事をさせて頂いている。

僕にとってリクルートは

人生そのものだと言っても過言ではない。

そしてリクルートを創造された江副さんは

僕にとって巨星だ。

江副さん、本当に感謝しております。

心からご冥福をお祈りいたします。

悲しいぜ、

熱いぜ!


投稿者 admin : 09:19 | コメント (0) | トラックバック
 

シンガポール 2013年2月 8日
 

シンガポール.jpg

今週、
JBCビジネスツアーで
シンガポールに行った。
成長著しいシンガポールでの
消費者ターゲットビジネスの
日本企業を視察した。
現地をご案内頂いたのは
ステイシア・キャピタルの奥村社長。
奥村社長はリクルート出身で
僕と同期入社(写真左下)。
ツアーリーダーは
FDL社長の竹原さん。
竹原さんはリクルート時代の上司(写真中央下)。
奥村社長は、2001年に香港、
02年に上海で会社を設立され、
大成功を収められている。
中国不動産・チャイナマネーを報道する
多数のテレビ番組に出演されている。
現在はシンガポール在住のため
この度ご自宅にもご招待頂いた。
シンガポールでの生活習慣など
とても参考になった。
シンガポールは
タクシーがつかまらない。
物価が高い。
レストランなど予約がなければ入れない。
などなど、80年代の日本そのものだった。
日本のバブルを経験者の僕にとって
なつかしい雰囲気だった。
熱いぜ!


投稿者 admin : 09:41 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |