日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »
盛衰 2012年7月30日
 

120730.jpg

先週26日、
島田塾の月例会が実施された。
今月は
島田晴雄先生が出版された
「盛衰。日本経済再生の要件」
(東洋経済新報社)
をテーマに講演頂いた。
島田先生が自ら現役官僚に取材し、
日本の病状を把握するに至った苦労話など
本書に書かれていない秘話を
沢山ご披露頂いた。
本書を書き上げるために
関係者の取材を含めて
3000時間を要したという大作だ。
先生は本書で日本の病状を明確に示したうえで
処方箋を次ぎの項目で示された。
「新エネルギー戦略」
「国際立国」
「戦略農業のすすめ」
「医療を強力な成長産業に」
「住宅産業の大きな可能性」
「観光産業の躍進」
本書は先週末発売された。
島田先生の大作をぜひオススメしたい。
熱いぜ!

投稿者 admin : 14:46 | コメント (0) | トラックバック
 

日本人のDNA 2012年7月26日
 

120725.jpg

先週金曜日、
島田塾のワークショップで
「日本人のDNAについて」
というテーマで実施した。
講師は白石ルースジャーマンさんが実施。
島田先生の
中学生のお孫さんもワークショップに参加された。
日本人のDNAについて
様々な世代で様々な角度から議論した。
島田先生が米国留学時代に感じた
米国人気質と日本人の違いなど
問題提起頂き、
この議論は深まった。
グローバル時代が到来する中で
日本人が日本人のDNAを理解し
自信をもって日本人の立場を発信できることが
何よりも重要だということを再確認した。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:55 | コメント (0) | トラックバック
 

すぎちゃん 2012年7月24日
 

120724.jpg

先週の当社のキックオフパーティー。
並河さんと僕は
ワイルドすぎちゃんに変身し、
ビールサーバーで社員の皆さんに
ビールをおもてなしをした。
上期の業績の労をねぎらうために
役員芸を披露することになった。
何年かぶりに芸を考えた。
今年はなんといっても
ワイルド以外に考えられない
との結論でこうなった。
すぎちゃんの登場映像の後、
並河さんと僕がこの姿で会場に入場した。
最高にワイルドだった。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:36 | コメント (0) | トラックバック
 

下期キックオフ 2012年7月23日
 

120723.jpg

21日土曜日、
ゼロイン下期キックオフを
品川プリンスホテルで実施した。
ホテルで懇親会を入れてキックオフをするのは
4年ぶりだ。
上半期は全社員の努力によって
業績を大きく伸ばすことができた。
社員の皆さん本当にありがとうございました。
上半期の表彰者を紹介する。
<MGRの部>
金賞:石塚君。
<社員の部>
金賞:横川さん。吉田翔君。
銀賞:壮一郎君。渡部君。大友君。
銅賞:山上君。
敢闘賞:北野君。木立君。
<契約社員の部>
金賞:澤口君。
銀賞:松本さん。
受賞された皆さんおめでとうございます。
下期も表彰されるような仕事と成果を期待してます。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:11 | コメント (0) | トラックバック
 

三光ソフラン主催「宝塚イベント」 2012年7月20日
 

120720.jpg

昨日、
三光ソフラングループが
「お客様感謝の集い」として
貸切公演を実施した。
僕を含めたJBCの理事は
高橋社長からご招待頂き
公演を拝見した。
じつは2月にも高橋社長は
賃貸ビジネス管理協会主催で
同様のイベントを実施している。
なんと今年2回目の宝塚貸切イベントだ。
宝塚関係者にとって
高橋社長はVIPのようだ。
昨日の公演は
星組トップスターの
柚希礼音さんが輝いていた。
僕はあまりにもの感動に
2月同様不覚にも涙してしまった。
高橋社長、
昨日はご招待頂きありがとうございました。
感謝です。
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:21 | コメント (0) | トラックバック
 

もう一度森と生きる日本 2012年7月18日
 

120718.jpg

日本の森には様々な顔があります。
写真の資料を使って
「もう一度森と生きる日本」
のお話を頂いたのは
林野庁林政部長の末松さんだ。
先日、
霞ヶ関のオフィスで末松さんとお会いした。
末松さんは日本の森林施策の総責任者だ。
そんな立場にも関わらず、
森の重要性に関して
丁寧にお話頂いた。
末松さんは若者が集うクラブなどでも
このプレゼンをしている。
森は木漏れ日が入るように
間伐などの手入れをしなければ
森林が成長せず、土砂崩れなどの原因となる。
間伐し、間伐した木を我々の日常生活で活用することで
経済的な内需効果を高めていく循環を創造したいと
語って頂いた。
正直僕は木を使うことは自然を破壊することだと
誤解していた。
間伐した国産木材を積極的に利用することが
森林を守ることにつながる。
そして、
僕が取り組んでいる日本の魅力を世界に発信する
omotenashiプロジェクトでも
日本の四季を森林を通じて感じることを
どんどん発信していきたい。
もう一度日本と生きる、
素晴らしいプレゼンだった。
末松部長ありがとうございました、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:20 | コメント (0) | トラックバック
 

KIZARAプロジェクト 2012年7月17日
 

120717.jpg

先週、
KIZARAプロジェクト代表の
石井さんとお会いした。
石井さんは
慶応ビジネススクール卒業生で
松下政経塾の塾生でもある。
日本の森林管理において
適正に樹木を伐採することで
森林資源を守ってきた。
KIZARAプロジェクトは
その伐採された木材と
日本が生んだ木を薄くするプレス加工技術
を掛け合わせて
経木のメモ帳や丸皿(KIZARA)を
開発し、
普及しようとするプロジェクトだ。
石井代表が素晴らしいことは
経木をつくる中古機器を全国から取り寄せ、
東日本大震災の被災地域の南三陸町の方に
製造できるように体制を構築したことだ。
経木のメモ帳が売れると
南三陸町の雇用が創造される
という仕組みになっている。
この素晴らしい取り組みを伺い、
幅広くこの活動を知って頂くべく
協力をしたいと感じた。
このメッセージを書きながら
僕のデスクに経木のメモ帳がある。
木のナチュラルな香りが漂ってくる。
癒し効果も高いことに気付いた、
熱いぜ!

投稿者 admin : 11:31 | コメント (0) | トラックバック
 

ありがとう、姥さん! 2012年7月13日
 

120713.jpg

当社代表取締役社長の姥谷さんが、
一身上の理由で代表取締役並びに取締役を
7月10日に辞任しました。
姥谷さんのプライベートな状況が急を要していたことと、
ご本人の辞意が固かったため、
僕も苦渋の決断をせざるを得ませんでした。
姥谷さんは、
ゼロインの創業以来、事業と組織、
人と仕事を支え、創り上げて来られました。
また、二人三脚でやってきました私にとっては残念な限りです。
一方で、姥谷さんの今後と決断につきましては、
ともにゼロインの一員として時間を
過ごしてきた仲間として最大限これを理解し、
応援していきたいと思います。
当面、代表取締役社長は、
会長である私が兼任いたします。
そして取締役会は私と並河さんの
2名体制で運営いたします。
姥さん創業以来ゼロインを支えて頂き
本当にありがとうございました。
今はゆっくりと静養しパワーを補充してください。
熱いぜ!

投稿者 admin : 09:14 | コメント (0) | トラックバック
 

七夕 2012年7月10日
 

七夕.jpg

七夕の日、
息子と一緒に
笹の葉を購入し
願い事を短冊に書いた。
息子は自分の名前を書いて
笹の葉に言葉で願い事をした。
昨年は名前すらかけなかったのに
一年の成長を感じる瞬間だった、
熱いぜ!

投稿者 admin : 08:39 | コメント (0) | トラックバック
 

愛と怒りの地平線「減らすな!」 2012年7月 9日
 

120709.jpg

<今月のお悩み>
普段、健康のために11階のフロアまでエレベーターを使わずに、
常に階段で昇り降りしています。
最近はそれだけでは物足りず、ダイエットを始めました。
以前は2段重ねの弁当箱で愛妻弁当を作ってもらっていましたが、
今では上の段だけに減らしています。
かれこれ半年くらい経つのですが、体重に変化が見られず、
逆に増え始めたような気さえしているのです。Ihave no idea.
大條さん、次は何を減らせばよいのでしょうか!
<回答>
俺が一番苦手なテーマである「ダイエット」を
ストイックに実践しているお前は素晴らしい人格者だぜ。
アドバイスするぜ、
熱いぜ!
◎減らすな!
お前はエレベータファイターだぜ。
11階までの長い道のりにおいて日常的に階段を
利用することはEVへの挑戦であり、
覚悟がなけれなできない難易度の高い戦いだぜ。
この戦いに勝利しお前は更に成長することができるぜ。
そこで俺からの提案だぜ。
お前はEVファイターとしてギネスブックに申請してほしいぜ。
EVを利用しない生活期間ギネスだぜ。
高層ビルやタワーマンション社会においてEVをあえて利用せずに
日常生活を送ることは世界的に注目されるべきメッセージだぜ。
お前は世界のスーパーヒーローになるぜ。
ぜひチャレンジしてほしいぜ。
さて本題のダイエットの件だが、
人間の体において足が一番筋肉量が多い箇所だぜ。
階段で歩くお前の足は素晴らしい筋肉質だぜ。
筋肉量が増えているから体重が増えていると推察されるぜ。
つまりお前は全く問題ないぜ。
むしろ減らすな!と言いたいぜ。
それよりもEVファイターとギネス認定を
獲得する日を熱望するぜ、
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:16 | コメント (0) | トラックバック
 

ピーター・バラカンさんと 2012年7月 5日
 

120705-1.jpg

父がNHK・BS1
「BeginJapanology」に
出演する。
司会のピーター・バラカンさんと
向島の料亭「入船」で先月収録した。
父は昭和3年生まれの83歳。
津軽三味線の発祥の歴史を紐解き
「津軽三味線の誕生」(新曜社)
を出版した。
この本が高い評価をされ
「仁太坊(にたぼう)」
というタイトルで
そのストーリーがアニメ化された。
ちなみに、盲目の遊芸人「仁太坊」こそ
津軽三味線をこの世に出した人だ。
仁太坊の弟子に白川軍八郎がおり、
昭和歌謡を席巻した三橋美智也は
軍八郎の弟子、
つまり仁太坊の孫弟子となる。
父はこのような津軽三味線の発祥の歴史を
今でも全国で講演をしている。
父がいなければ仁太坊という名は
世の中に知られることはなかった。
父は講演の中で
「自分は仁太坊の生まれ変わりだ」
と語っていた(?)。
父にとって
ピータ・バラカンさんとの対談は
全世界に仁太坊を発信する機会であり
感無量だったにちがいない。
83歳、
津軽三味線への情熱が衰えない父をみて
本当に仁太坊の生まれ変わりかもしれないと
僕も思い始めている。
熱いぜ!


投稿者 admin : 10:15 | コメント (0) | トラックバック
 

島田塾ワークショップ 2012年7月 4日
 

120704-2.jpg

昨日、
島田塾のワークショップに参加した。
講師は
あすかコーポレイトアドバイザリーの中神社長。
中神社長が運営するファンドは
世界最大級のファンド調査会社Eurekahedgeから
「AsianBestEventDrivenFundAward2011」
を受賞された。
ワークショップのテーマは
「日本株に魅力はないのか?」。
中神社長は講演の中で過去10年間で
44%の企業の株価は上昇しており、
その中でも経営者がHOPな会社に対して
ファンド+経営サポート支援をしていると話された。
HOPとは
「H(ハングリー)成長意欲が高く」
「O(オープンマインド)人の意見に耳を傾ける」
「P(パブリック)社会的意義、志」。
なるほど、確かに社長としての資質を見極めるには
分かりやすい指標だ。
中神社長は社長がHOPであること慎重に見極め、
ファンドから出資をし、経営者ともに経営支援をする。
このサイクルで企業価値を高め、
企業と中神社長のファンドがWinWinとなった
事例は数多い。
島田先生は
「堂々たるファンド運営会社だ」
と表現された。
株式公開企業約3600社の中で
上昇できるポテンシャルのある44%の会社が
中神社長のような堂々たるファンド会社の支援を受け
企業価値を高めていくと日本全体の経済価値は
高まるとの見解でワークショップの議論は一致した。
島田先生、中神社長
大変勉強になりました、
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:16 | コメント (0) | トラックバック
 

アジア経営者連合会ソウル支局キックオフ 2012年7月 3日
 

120705.jpg

先週金曜日、
ソウルのLOTTEホテルで
アジア経営者連合会ソウル支局創設記念
キックオフパーティーが実施された。
当日は、
澤田理事長(HIS)や神蔵理事(イマジニア)を
はじめとする日本の主要会員が参加した。
また、ソウル支局長に就任するSH社の李社長は
ソウルの経営者をお招きし、
当連合会に参加を呼びかけた。
僕が印象に残ったのは神蔵理事の挨拶だ。
神蔵理事は、
ドラマ「IRIS」のロケ地になった
田沢湖が観光地として経済的な復活を遂げたことを
例にあげ、クールコーリアが日本の過疎を救う
全く新しい時代が到来したと挨拶され、
大きな拍手が沸き起こったことだ。
会場が一体化した。
僕も多くの韓国経営者と情報交換できた。
韓国の経営者は全員意欲的だった。
何名かの経営者と東京でお会いするアポを確定させた。
とても素晴らしいキックオフミーティングだった。
李社長、支局長就任おめでとう。
熱いぜ!

投稿者 admin : 10:03 | コメント (0) | トラックバック
 

拡大MGR会議 2012年7月 2日
 

120704.jpg

本日朝、
下期拡大MGR会議を実施した。
拡大MGR会議は
MGR職とリーダー職を
対象に実施する会議だ。
本日は上期商況実績と
下期目標の共有を実施した。
最後に、
7月2日付でMGRに昇格した
藤本さんと北野君から
新任MGRとしての
挨拶をしてもらった。
二人のMGRとしての決意が
伝わってくる素晴らしい挨拶だった。
藤本・北野昇格おめでとう。
メンバーから尊敬される
素晴らしいMGRになることを
期待している。
熱いぜ!

投稿者 admin : 12:00 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |