日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 成長のWinWinモデル! | メイン | 品薄のマスクの話! »
上位方針! 2009年5月22日
 

DSC00080.JPG

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

本日、
自民党改革本部の
「世襲制限」案が
発表されました。

3親等以内の公認はしないが、
対立候補も立てず、
無所属で当選したら公認する、
という案のようです。

議論を振り返ると、
そもそも菅選挙対策委員長が
志あふれる人は
誰でも政治家になれるような
門を開きたい
という目的のためといってました。
私はその方針に賛成です。
しかし、
現在の自民党の案では
その目的は全く達成できません。
・世襲選挙区に対立候補者を擁立しないので
新しい人への門は開かれない
・当然後公認するのであれば、
結果世襲議員の比率は変わらない
ということであり、
目的なき改革と言わざるを得ません。

このような珍現象は
我々の周辺でもよく目にします。
社員慰労やモチベーションアップを
目的にした社員旅行なのに、
熱海の旅館で役員が金屏風の前に座って
社員にお酌をさせる旅行、
などが典型です。
目的と手段(実行プラン)がちぐはぐです。

私は
自民党や
金屏風のような会社で
発生する珍現象の
根本的原因は
「上位方針の不明確さ」
にあると考えます。
麻生さんはどんな自民党を創りたいのか?
という上位方針が散漫であるがゆえに
改革する、という手段が目的化しているわけです。
また、
社員旅行をするという手段が目的化しているから
金屏風でお酌という珍現象が発生します。

社員旅行の目的は?
どんな会社を創造したいのか?
このような明確な上位方針がなければ
組織は右往左往することになります。

自民党に唯一貢献度があるとすれば
上位方針のない組織は
珍現象をおこす
ということを身をもって
教えてくれていることであると思います。

私や当社は
顧客の上位方針をしっかり確認し
その方針を浸透させる技術を
コアテクノロジーにしています。

自民党には
今一度
上位方針がどこにあるのか?
を確認し
改革委員会を進めることを期待します。
熱いぜ!

投稿者 admin : 2009年5月22日 09:17

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/1057

このリストは、次のエントリーを参照しています: 上位方針!:

 

コメント  
 

なるほど。おっしゃるとおり、麻生さんはちょっとビジョンがぶれていますね。マスコミも以前、かなり指摘していましたが。何をしたいのか、結局よく伝わらない。

定額給付金も福祉対策なのか景気対策なのか、日本郵政をどうしたいのか、公明党とどう付き合うのか、教育は、医療は、年金は…。よくわかりません。エネルギーに関しては、ロシアに交渉したりして、日本に有利に進めようとしているようですが。

また原油価格が高騰するかもしれないので、環境と絡めて、環境・エネルギーをテーマに、抵抗勢力や野党を攻めるのも手かもしれません。政策を軸に、政局を作っていく。麻生さんならその力量があると思うのですが…。

投稿者 疲労回復 : 2009年5月23日 06:33
 

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |