日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « ペット ロスについて2 | メイン | 山岸さんセカンドステージへ! »
ペット ロスについて3 2007年4月29日
 

DSC01261.JPG←弔問客からのお花

DSC01262.JPG←多くの人に愛されたBoo


俺の最愛のわんちゃんであった
Booちゃん。

家内がオーナーを勤める
「Lee'sMotoazabu」
でも人気の看板犬であり、
この訃報に対して弔問客が
連日絶えないぜ!

弔問客はペットオーナーも多く、
今回の悲劇の経緯を報告すると
信じられない事実が発覚しているぜ。

結論から言えば
Booはペット病院の医療事故で殺された
疑いがあるということだぜ!

簡単に経緯を説明するぜ。

前提として本文に登場するH病院は
LeeLowBooの3匹を2週間に一度
トリミング+身体検査に連れて行っている
ヘビーユーザーであり、
かつ、
かかりつけのヘビーな主治医であるぜ。
単に一元の客ではなく、
トラブルには何をおいても対応してもらわなければ
いけないヘビーな取引をしていた病院であるぜ!

Booは
21日(土)午前3時にグリーンガム先端部分を飲み込み
胃袋に異物感を感じ、グリーンの泡を嘔吐していたぜ。
21日(土)朝ごはんを食べられず、元気がないため
15時にH病院に連れて行ったぜ。
レントゲンをとり、ガムが発見されたにも関わらず
バリウムを飲んでいないからガムとは断言できないと診断されたぜ。
結局、ブドウ糖の点滴などの処置はなく、
保水の点滴をされ、
「吐き止」「下痢止」「抗生剤」「えさ」
を処方され、入院の必要なないと診断されたぜ。

よく22日(日)も朝から処方されたえさも食べられず、
俺がかってきた幼犬用のミルクにハチミツと
薬をまぜて少しづつ与えぜ。
素人でも分かることだが、
チワワは低血糖で命を落とすことが多いため、
なるべく甘いものを与えようとの愛情だったぜ。

しかし、
どんどん弱っていくため夕方にH病院に電話したぜ。

その時の回答が
「月曜日の朝一番で連れてきてくれ」
というものであったぜ!

俺は激怒し、
Booの診察カルテの開示を求め
他の助けてくれる病院をとことん探すことを宣言したぜ。

すると、嫌々重い腰をあげ、
やっと入院し点滴をスタートしたのが
夕方18時だったぜ。

しかも、栄養分が高いブドウ糖ではなく、
脱水症状をふせぐ保水の点滴を打ちますと
説明されたぜ。
なんども家内は低血糖は大丈夫ですか?
家ではハチミツをなめました、と説明しても
胃袋があれているときは
何もあげない方がいいと
かたくなに自分の診察方法を主張したぜ。

23日(月)朝9時、あまりにも心配で
H病院にいったぜ。
低血糖が心配なのにも関わらず、
血液検査を実施していたぜ。
唖然としたぜ。
こんなに弱っている子の血液を抜く検査に
どんな意味があるのか?と。
そして検査結果は
・炎症はおさまっている
・タンパク質と血糖が低下している
というものだったぜ。

この時点で明らかに栄養分のケアが足りていないにも
関わらず、
そのままの点滴を続け
12:09にBooは力尽きたぜ!

俺はH病院のあの二代目医師を恨んでいるぜ!
絶対に許さないぜ!!

その翌日、H病院から花が届いたぜ。
H病院に通う知り合いから聞いても
H病院は病院で亡くなったペットのオーナーに
花を送った前例はないようだぜ。
その瞬間感じたぜ。
どこか、やましい気持ちがあったに違いないと。

今回のことは医療事故であり、
Booは殺された被害者だと思っているぜ!

他の病院ではペットの命が短い時には、
オーナーの家に帰し、ダッコしてあげてください、
と配慮するようだぜ。
百歩譲って、そのような配慮がないのは何故か?
と疑問だぜ。

様々なことを振り返ると、
まさか死ぬとは思わなかった、
という医師としての見通しの甘さが露呈しているぜ!

俺は断固として
Booの無念を晴らしていくぜ、
熱いぜ!!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年4月29日 11:25

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/362

 

コメント  
 

本当に酷い話です。わんこは話ができないから獣医に訴えることもできずに、きっとパパとママに会いたい・・・と願いながら頑張ってたんでしょうね。私もわんこを飼っているので他人事ではありません。H病院はドンキの近くにある方でしょうか??絶対に行きません。

投稿者 ひどいです : 2007年5月 2日 10:31
 
 

コメントありがとうございます。Booちゃんは我が家で生まれ、母親のLowと僕と家内の3人で育てた子でした。ペットショップで飼った子よりも感情の入ってしまう子だったので、本当に可愛かったです。まさか、死ぬとは思わなかったので最後の朝にダッコしてあげたかったです。点滴の邪魔になるのはまずいと思い遠慮したことを後悔してます。H病院はドンキの近くのHさんです。

投稿者 daijo : 2007年5月 3日 16:12
 

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |