日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 大阪JOBカフェグループキックオフ! | メイン | 明日葉(あしたば)! »
ゼロイン未来予想図! 2007年4月21日
 

DSC01243.JPG←ゼロイン社内報

DSC01244.JPG←俺のコーナー

DSC01246.JPG←本文に登場する渕野君

ゼロインの社内報を紹介するぜ!
ナナコーポレーションさんが主催する全国社内報コンテストで
「特別賞」を
受賞したオリジナリティー高い社内報だぜ。
今回も俺にすごい原稿依頼があったぜ。
紹介するぜ、
熱いぜ!!


「ZERO-IN未来予想図」
2007年3月23日
大條充能

広報委員会より、
ゼロインの10年後100年後を予想して
原稿を書いて欲しいと言われました。
10年後はまだしも、100年後は絶対に僕は生きていないし、
現在の社員においても100年後生存できる人は

「渕野君」(北大からゼロインに入社。2年目)

くらいだろうと思われます。

つまり、全く未知の世界を予想しろ、
という大胆な企画であり、
そんな驚きの命題をぶつけてくれた広報委員に感謝致します。


まず、10年後について予想したいと思います。
10年後は予想というよりも希望と表現した方が正しいでしょう。
僕は10年後は会社を元気にする仕掛けやサービスが
社会インフラとして定着し、
元気創造プロデューサーで
日本NO1シェアを誇っていたいと思います。
加えて10年後はゼロインという会社ブランドも全国的に浸透し、
多くのベンチャーがゼロインの元気サービスを
受けられる(発注できる)ようになれば、
一人前の会社として認知してもらえるため、
ゼロインとの取引をクライアンが強く求めるほどの
プル型マーケットを創造していることでしょう。
プル型とは商品価値が高く、サービス力があり、
顧客満足度が高いため、
ゼロインとの取引を望む企業が後を絶たない状況であるということです。

そのようなゼロインブランドが日本で定着し、
日本に駐在する外資系企業もゼロインサービスを受け、
その効果を確認し、
米国本社でもゼロインサービスを受けたいという声が多くなるのが10年後です。
「UNDOKAI(運動会)」という日本の独特な企業文化を
はじめて日本のサービス商品として輸出するのも10年後です。
10年後は世界進出の突破口を開く年となりそうです。


そして100年後。
元気がなくなった火星人のモチベーション問題が深刻で、
地球でモチベーションを高めるために日常的に
実施しているUNDOKAIが火星で導入され、
火星人の一体感創造をゼロインのプロデューサーが
備品手配ら審判員の手配まで総合的に担当し、
火星でもゼロインブランドは浸透していることでしょう。


その時、124歳になった渕野君は
俺がイベントをやってた時は
玉入れの道具はアコムレンタルさんに発注してたけど、

「アコムレンタルさんが安いよ!」

と火星にいるゼロインのプロデューサーに
むかってつぶやいていました。

このような未来予想をすると、
僕たちはまず圧倒的競争優位性のある「商品」を
開発していかなければなりません。
商品を開発するためには、
顧客が求める声を他のどこの会社よりも
ニーズを把握していなかればなりません。
顧客の声を集めるためにこそ、
僕たちは顧客から指示される喜ばれるサービスを
提供していなければなりません。
商売の基本は顧客に喜ばれるサービスを
しっかり提供できるマネジメント体制が整ってこそ、
はじめて生まれるものだと思います。
今一度しっかりした顧客対応ができる会社でありたいと
願っている今日この頃です。


人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年4月21日 10:33

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/355

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |