日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « シリーズ:死ぬ気になれば「仕事編」 | メイン | 東京湾カントリークラブ! »
シリーズ:死ぬ気になれば「家族編」 2007年2月15日
 

DSC01503.JPG


バレンタインデーの今日、
とっても泣ける、いい話を紹介するぜ!

この話は俺の胸の中にしまっておこうと思ったが、
あえて紹介することで
このブログを読んでいるみんなの

「家族」

との関係性を再構築してほしい、
という願いをこめて話すぜ!

上の写真は昨年12月16日に家内と
友人が主催するクリスマスパーティーに出席した時の写真だぜ。
この写真を見ると、今でも俺は涙があふれでるぜ。


それは「膵臓ガンの疑い」があると告知され、
絶望の中で参加したパーティーだったためだぜ。

必死に絶望を隠そうとふるまっている俺と家内が
今振り返るといじらしいから涙があふれでてくるぜ。

家内は強気な性格で、

「あなたは太ってるから、
検査結果がそうなってるだけで、
私に隠れて納豆を隠し食いなんかするからそうなるのよ!」

と、平石先生からのガンの疑いを告知された時に、
俺と一緒にいた彼女が発した第一声だぜ。

そんなこともあり、
じつはいろいろなことが心配だった俺を
クリスマスパーティーに引っ張り出したり、
家内は何も心配していないのか?
と思うほどだったぜ。

しかし、
このパーティーから帰宅し、
俺が眠り、ふと目覚めたとき
家内がひとりで泣いているのを見たぜ。

やっぱり、家内もガンを疑っているし
俺以上に怖いんだなあ、と思い、
本当につらかったぜ。

その時俺は家内をなぐさめることもできず、
そのまま寝たふりをするのが精一杯だったぜ。

泣けてくるぜ。

本当につらかったぜ。

それで俺は決意したぜ。
家内の前では俺が強気で普通にしていることが、
家内に対する最高の配慮だと。

年末に行った香港も
そんなわけがあって、
自分自身の気持ちをふるいたたせて
行ったぜ。

そんな悲しいシーンの中で
家族とは理屈がない存在であり、
自分以上の自分の存在を認め
喜怒哀楽を共有する存在だ、
と強く感じたぜ!

死ぬ気になって
家族のことを考え直すと、
もっとこうしてあげていればよかった、
あうしてあげていればよかった、
という後悔だらけだったぜ!

そして家族を一生守り続ける、
という勝手で根拠のない決意など、
自分自身の健康問題や
事故などによって
簡単に崩れ去るものであること、
を痛感したぜ。

その意味では
「家族への愛情」
「家族への貢献」
を今一度考え直してほしいぜ!

俺たち夫婦は
お互いが強気で
口喧嘩や
小競り合いが絶えない
夫婦だぜ。

そんな口喧嘩の中でも
本当は誰よりも双方のことを理解し合っている

「大切なパートナーである」

という信頼関係は
この危機を一緒に乗り越えたことで
強力に構築されたぜ!

ぜひ、
読者のみんなにも
今一度家族に対する
「思い」
を再構築することをお勧めするぜ!

熱いぜ!!

人気blogランキングに登録だぜ!熱いぜ!

投稿者 admin : 2007年2月15日 12:36

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/297

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |