日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 20代は燃え尽きろ! | メイン | マギー司郎でいこうぜ! »
山本五十六だぜ! 2006年8月23日
 

Q:自分に初めて部下ができました。上手くやっていくためのアドバイスをお願いします。(相談者 28歳 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年3月号にて掲載。

A:いつの時代も部下を持つと、マネジメントの成功・不成功で大きな成果の分かれ道になるぜ。これからのお前にとって、とても重要なテーマだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

①山本五十六だぜ!
 昔の軍人で山本五十六という人が素晴らしいことを言ったぜ。「してみせて、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」。このような人格者のもとでは部下は大いに成長するし、このような家庭では子供がたくましく育つはずだぜ。ただし、理由もなく誉めていると甘ちゃん人間になってしまうぜ。部下をマネージメントするには、まずお前のことを最高のビジネスマンだ、憧れだなぁと思われるように部下にやってみせることだぜ。そして今度は憧れのお前からビジネスアドバイスをしてやろうぜ。次に失敗を繰り返しながらも行動させてチェックしてやろうぜ。最後に部下が本当にスキルをものにした時は思いっきり誉めてやろうぜ!五十六の提言は21世紀にも立派に通用するぜ。10年前、新人類と言われていた俺も五十六のおかげで立派に社長をやっているぜ。いいアドバイスはいつの時代でもいいぜ。五十六ちゃんでいこうぜ、熱いぜ!!
②手間をかけようぜ!
 人を育てるには時間がかかるぜ。仕事を楽にする為には部下がやるよりもお前がやった方が短時間でスムースに終了するぜ。でもあえて部下にやらせようぜ。まさに育成のためだぜ。最終的にはお前が一番楽できる状況にしなければ、いつまでもお前はプレイをやり続けなければならないぜ。お前がフィールドから去り、監督もしくはコーチという立場になった時にお前が考えるスルーパスを全く同じタイミングで実行してくれる頼もしい部下をイメージして欲しいぜ。その瞬間を常に考え我慢をした育成マネジメントをして欲しいぜ。組織とは権限委譲が最大のポイントであり、責任は管理職が取るというのが活性化の全てだぜ!応援しているぜ、熱いぜ!!

A:いつの時代も部下を持つと、マネジメントの成功・不成功で大きな成果の分かれ道になるぜ。これからのお前にとって、とても重要なテーマだぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

①山本五十六だぜ!
 昔の軍人で山本五十六という人が素晴らしいことを言ったぜ。「してみせて、言って聞かせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」。このような人格者のもとでは部下は大いに成長するし、このような家庭では子供がたくましく育つはずだぜ。ただし、理由もなく誉めていると甘ちゃん人間になってしまうぜ。部下をマネージメントするには、まずお前のことを最高のビジネスマンだ、憧れだなぁと思われるように部下にやってみせることだぜ。そして今度は憧れのお前からビジネスアドバイスをしてやろうぜ。次に失敗を繰り返しながらも行動させてチェックしてやろうぜ。最後に部下が本当にスキルをものにした時は思いっきり誉めてやろうぜ!五十六の提言は21世紀にも立派に通用するぜ。10年前、新人類と言われていた俺も五十六のおかげで立派に社長をやっているぜ。いいアドバイスはいつの時代でもいいぜ。五十六ちゃんでいこうぜ、熱いぜ!!
②手間をかけようぜ!
 人を育てるには時間がかかるぜ。仕事を楽にする為には部下がやるよりもお前がやった方が短時間でスムースに終了するぜ。でもあえて部下にやらせようぜ。まさに育成のためだぜ。最終的にはお前が一番楽できる状況にしなければ、いつまでもお前はプレイをやり続けなければならないぜ。お前がフィールドから去り、監督もしくはコーチという立場になった時にお前が考えるスルーパスを全く同じタイミングで実行してくれる頼もしい部下をイメージして欲しいぜ。その瞬間を常に考え我慢をした育成マネジメントをして欲しいぜ。組織とは権限委譲が最大のポイントであり、責任は管理職が取るというのが活性化の全てだぜ!応援しているぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年8月23日 10:48

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/155

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |