日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 出版社に躍らされるな! | メイン | 20代は燃え尽きろ! »
大木凡人で行こうぜ! 2006年8月18日
 

Q:今、一番私を悩ませているのは「グループのメンバーにギャグセンスがない」ということです。どんなに私がひねりの効いたギャグを言っても「つまらない」「寒い」としか言ってもらえず、最近では完全にスルーされている有様です。私のナイスなギャグセンスが、どうやら伝わっていないようなのです。ギャグ例「お久しぶりぶりブリリアントグリーン」意味:久しぶりに会った人にかける言葉、「おっかねぇちゃん」意味:おっかない(恐い)女性に対して発する言葉。・・・どうでしょうか。どうしたら、メンバー全員のギャグセンスを上げられるでしょうか?(相談者 入社6年目 女性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 38才 某情報出版会社社内報 03年12月号にて掲載。

A:大木凡人を知っているか?
 俺は彼が大好きだぜ。数年前に知人の紹介で出逢い、今なお俺の師匠的存在だぜ。彼が昔やっていた「3時にあいましょう」の赤丸夕刊チェックはおやじギャグのオンパレードで視聴者の主婦が引いていたぜ。更に「街角テレビ」の司会ではおやじギャクを通り越し、まさに黙殺に近いスルー攻撃を受けていたぜ!彼は勝手にギャグを連発し反応を気にしないぜ。自由が丘で飲んだ時は周囲から「凡人コール」が沸き起こり、彼はリアクションとしてアフリカ原住民のジャンプ部族のジャンプの歌(現地語をまねた変な歌)を歌ってジャンプしていたぜ!!凡ちゃんにはうけるうけないは関係ないぜ。そして、周囲のギャグセンスがあるないも同様だぜ。自分が自分であるための勝手な自己表現がギャグだぜ。お前も凡ちゃんのように周囲を気にせずアフリカンなジャンプで空高くいってほしいぜ!最後に彼のプロダクション名は「ビッグ・ウッド(大木)」だぜ。確かに凡ちゃんのギャグは寒いぜ、熱いぜ!!

A:大木凡人を知っているか?
 俺は彼が大好きだぜ。数年前に知人の紹介で出逢い、今なお俺の師匠的存在だぜ。彼が昔やっていた「3時にあいましょう」の赤丸夕刊チェックはおやじギャグのオンパレードで視聴者の主婦が引いていたぜ。更に「街角テレビ」の司会ではおやじギャクを通り越し、まさに黙殺に近いスルー攻撃を受けていたぜ!彼は勝手にギャグを連発し反応を気にしないぜ。自由が丘で飲んだ時は周囲から「凡人コール」が沸き起こり、彼はリアクションとしてアフリカ原住民のジャンプ部族のジャンプの歌(現地語をまねた変な歌)を歌ってジャンプしていたぜ!!凡ちゃんにはうけるうけないは関係ないぜ。そして、周囲のギャグセンスがあるないも同様だぜ。自分が自分であるための勝手な自己表現がギャグだぜ。お前も凡ちゃんのように周囲を気にせずアフリカンなジャンプで空高くいってほしいぜ!最後に彼のプロダクション名は「ビッグ・ウッド(大木)」だぜ。確かに凡ちゃんのギャグは寒いぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年8月18日 13:43

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/153

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |