日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 橋田寿賀子だぜ! | メイン | 出版社に躍らされるな! »
急ぐな! 2006年8月11日
 

Q:父親は自営業、卒業後すぐに後を継いでくれと言われます。僕は一般企業を経験してからでも遅くないと思うのですが。(相談者 大学3年生 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 01年11月号にて掲載。

A:急がば回れだぜ!

 お前が言うように社会を知らずに親の会社に入ることは反対だぜ!それは俺も二世経営者を数々見てきたが、これはという本物が少ないからだぜ。それではなぜ二世は本物になれないのか?を説明するぜ。
 新卒で父親が経営する会社に入社した場合、父親が最高決裁者であり上司となるぜ。人間、社会に出て初めての上司には頭が上がらないものだぜ。それが父親であればなおさらだぜ。一方で時代の変化と共にマーケットニーズも変化するぜ。その時企業は若い感性で社内変革を求められることになるが、絶対的な父親の前では何一つ自分で意思決定できないぜ。そして会社は衰退していくぜ!これは俺が出会った何名かの二世経営者の共通点だぜ!
 それに対して意志ある二世経営者とも出会ったことがあるぜ。彼は新卒で大手企業に就職し、会社員として社会の荒波にもまれ、組織の矛盾や厳しさを経験していったぜ。そして父親の会社に入社し、自分の強固な意志で社内変革を進めていったぜ。従業員の立場や考え方を理解できる若い経営者として父親の後継者にふさわしい人材となっているぜ。急がば回れだぜ。ライオンが子供を崖から落とすように、息子をあえて別の企業に入社させろ!と言いたいぜ。この文章を父親に見せて、お前の意志を貫いて欲しいぜ、熱いぜ!!

A:急がば回れだぜ!

 お前が言うように社会を知らずに親の会社に入ることは反対だぜ!それは俺も二世経営者を数々見てきたが、これはという本物が少ないからだぜ。それではなぜ二世は本物になれないのか?を説明するぜ。
 新卒で父親が経営する会社に入社した場合、父親が最高決裁者であり上司となるぜ。人間、社会に出て初めての上司には頭が上がらないものだぜ。それが父親であればなおさらだぜ。一方で時代の変化と共にマーケットニーズも変化するぜ。その時企業は若い感性で社内変革を求められることになるが、絶対的な父親の前では何一つ自分で意思決定できないぜ。そして会社は衰退していくぜ!これは俺が出会った何名かの二世経営者の共通点だぜ!
 それに対して意志ある二世経営者とも出会ったことがあるぜ。彼は新卒で大手企業に就職し、会社員として社会の荒波にもまれ、組織の矛盾や厳しさを経験していったぜ。そして父親の会社に入社し、自分の強固な意志で社内変革を進めていったぜ。従業員の立場や考え方を理解できる若い経営者として父親の後継者にふさわしい人材となっているぜ。急がば回れだぜ。ライオンが子供を崖から落とすように、息子をあえて別の企業に入社させろ!と言いたいぜ。この文章を父親に見せて、お前の意志を貫いて欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年8月11日 10:32

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/151

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |