日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 先輩の独立を応援しろ! | メイン | 橋田寿賀子だぜ! »
自分を優先しろ! 2006年8月 7日
 

Q:子供が大っ嫌いです。なのに勤め先がスーパーなので買い物に来る親に連れられたガキどもを毎日見ているうちにイヤさ増大。近頃では空のベビーカーや子供服、果ては妊婦を見てもムカつきます。当然、結婚したとしても絶対子供は欲しくないし、産んでも育てられないと思います。ただ、母はとても子供好きで、孫の誕生を夢見ているよう。それを考えると不憫で、申し訳ないのですが・・・(相談者 28歳 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 ダ・ヴィンチ 99年12月号にて掲載。

A:エスプレッソを飲もうぜ!葉巻を吸おうぜ!セカンドサーブをフラットで打とうぜ!中途半端に薄めた人生ほどつまらないものはないぜ。今の自分に納得できない奴はすべて徹底した濃いものを選択しようぜ、熱いぜ!

①自分を優先しろ!
 俺は一度結婚したがやはり子供は欲しくなかったぜ。俺の自由を束縛されるような気がしたからだぜ。そういう意味では、お前の気持ちがよく理解できるぜ。ただしお前の親孝行とのギャップを埋めなければ気持ちは解決しないぜ。俺の結論はお前の気持ちを優先しろ!ということだぜ。お前の人生はお前のものだぜ。子供が嫌いなのに子供をつくってもしょうがないぜ。それを理解できる人と結婚することを勧めるぜ。またそれが親不孝とは俺は思わないぜ。お前がお前らしく元気に人生を成功することを母親は望んでいるぜ。無理に期待に応えようと子供をつくってもお前がお前らしくなければそのことが親不孝になるからだぜ。お前にとって一番最適な人生プランを優先して欲しいぜ、熱いぜ!!

②状況は変化するぜ!
 20代には絶対子供は欲しくないと思っていた俺も30歳をすぎて自分の感情の変化に気づいたぜ。それはごく自然なものだぜ。つまり状況は一定ではなく変化するということだぜ。変化することに素直に対応して欲しいぜ。子供をつくりたくない時にはつくらない、つくりたくなったら素直につくるというフレキシブルな人生にして欲しいぜ。とかく自分の意志やビジョン・スタンスを一定にしがちだぜ。場当たり的にその時の自分の気持ちに素直になったほうがストレスは少ないぜ。肩の力を抜いて楽に生きようぜ、熱いぜ!!

A:エスプレッソを飲もうぜ!葉巻を吸おうぜ!セカンドサーブをフラットで打とうぜ!中途半端に薄めた人生ほどつまらないものはないぜ。今の自分に納得できない奴はすべて徹底した濃いものを選択しようぜ、熱いぜ!

①自分を優先しろ!
 俺は一度結婚したがやはり子供は欲しくなかったぜ。俺の自由を束縛されるような気がしたからだぜ。そういう意味では、お前の気持ちがよく理解できるぜ。ただしお前の親孝行とのギャップを埋めなければ気持ちは解決しないぜ。俺の結論はお前の気持ちを優先しろ!ということだぜ。お前の人生はお前のものだぜ。子供が嫌いなのに子供をつくってもしょうがないぜ。それを理解できる人と結婚することを勧めるぜ。またそれが親不孝とは俺は思わないぜ。お前がお前らしく元気に人生を成功することを母親は望んでいるぜ。無理に期待に応えようと子供をつくってもお前がお前らしくなければそのことが親不孝になるからだぜ。お前にとって一番最適な人生プランを優先して欲しいぜ、熱いぜ!!

②状況は変化するぜ!
 20代には絶対子供は欲しくないと思っていた俺も30歳をすぎて自分の感情の変化に気づいたぜ。それはごく自然なものだぜ。つまり状況は一定ではなく変化するということだぜ。変化することに素直に対応して欲しいぜ。子供をつくりたくない時にはつくらない、つくりたくなったら素直につくるというフレキシブルな人生にして欲しいぜ。とかく自分の意志やビジョン・スタンスを一定にしがちだぜ。場当たり的にその時の自分の気持ちに素直になったほうがストレスは少ないぜ。肩の力を抜いて楽に生きようぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年8月 7日 14:34

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/149

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |