日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 口下手で勝負しろ! | メイン | 慰謝料を覚悟しろ! »
いたずら野郎にはロスペロー攻撃で対抗しろ! 2006年7月26日
 

Q:悲しみが止まりません。
 ある日外出先で新車のアルファロメオを停めておいて戻ってきたら、ボンネットの上にゴミ捨て用のでかいポリバケツ(水色のやつ)がゴミごと放り投げられていました。げんなりしながら片付けると、そこにはバケツの跡がくっきり。修理代で10万円近くが消えました。ちょうど『カーセンサー』の取材で完璧な車体を撮影してもらった直後だけに、浮かれ気分が一気にどん底に。新人の分際で外車など買った天罰なのかとも考えましたが、通りすがりの悪意ある人間の仕業だと思うと、やはり腹が立って仕方がありません。同じことを無差別にやってやろうかとも考えましたが、それでは人の道を外れてしまう、と思いとどまっています。この悲しみ・憤りを一体どうやって収めればよいでしょうか?(相談者 入社2年目 男性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 36才 某情報出版会社社内報 02年5月号にて掲載。

A:お前の憤りはよく理解できるぜ!しかし憤りというマイナスパワーをポジティブパワーに変換することはもっと大切だぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!

ロスペロー攻撃だぜ!
 お前は警察ではない以上犯人を捕らえることはできないぜ。つまり憤りは一生消えないということだぜ。しかし、そのパワーを今後に活かすことが重要だぜ。いたずら野郎と徹底交戦だぜ!まずアメリカで日常化している防犯ブザーや駐車場への防犯カメラなど再発を防ぐためにお前ができることは全てやって欲しいぜ。可能ならばお前の車を24時間管理する自衛隊部隊も編成して欲しいぜ。警察や国家をあてにしない「お前といたずら野郎」との戦いだぜ!お前はこの戦いに圧倒的に勝利することでマスコミに日本のミニチュアロスペローと呼ばれるぜ!ネガティブに発生したことを引きずるよりも、ポジティブアクションやイメージングを広げることで憤りを解消して欲しいぜ!いたずら野郎にギャフンと言わせるのは唯一お前の今後のアクション次第ということだぜ、熱いぜ!!

A:お前の憤りはよく理解できるぜ!しかし憤りというマイナスパワーをポジティブパワーに変換することはもっと大切だぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!

ロスペロー攻撃だぜ!
 お前は警察ではない以上犯人を捕らえることはできないぜ。つまり憤りは一生消えないということだぜ。しかし、そのパワーを今後に活かすことが重要だぜ。いたずら野郎と徹底交戦だぜ!まずアメリカで日常化している防犯ブザーや駐車場への防犯カメラなど再発を防ぐためにお前ができることは全てやって欲しいぜ。可能ならばお前の車を24時間管理する自衛隊部隊も編成して欲しいぜ。警察や国家をあてにしない「お前といたずら野郎」との戦いだぜ!お前はこの戦いに圧倒的に勝利することでマスコミに日本のミニチュアロスペローと呼ばれるぜ!ネガティブに発生したことを引きずるよりも、ポジティブアクションやイメージングを広げることで憤りを解消して欲しいぜ!いたずら野郎にギャフンと言わせるのは唯一お前の今後のアクション次第ということだぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年7月26日 11:10

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/144

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |