日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 意志のない人材はどこの会社でも不必要だぜ! | メイン | 不潔が招く虫以外は問題ないぜ! »
いつみてもジョン万次郎でいこうぜ! 2006年7月12日
 

Q:言葉や名前を間違いまくりの私。どうにかしたい!
うろ覚えでものを言うことが多く、例えば、テレビ番組の「いつみても波瀾万丈」を「いつみてもジョン万次郎」と言い続けたり、携帯の着信を「あ、携帯の着陸だ」と言ったり、よく打ち合わせに来る他部署の男性はオギワラさんなのかハギワラさんなのか、実は未だにわかっていません。メンバーはそんな私を受け入れ、通訳してくれますし、私も要はフィーリングで通じ合えばいいと思っていますが、先日3人から同時に間違いを突っ込まれてさすがに怖くて、みんなで私の間違いの数々を思い出していたらだんだん落ち込んできました。このうろ覚え、なんとか治らないものでしょうか?(相談者 入社3年目 女性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 某情報出版会社社内報 01年8月号にて掲載。

A:うろ覚えの勘違いは誰にでもあることだぜ。そんなことで落ち込んではいけないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!

キャラクターを磨こうぜ!
 うろ覚えの象徴的人物は長嶋茂雄だぜ!清水のことを柳田と言ってみたり、大久保のニックネームであるデーブをベーブと言っているぜ。清水は確かに史上最強の5番と言われた柳田に似ているが、デーブはどう考えてもベーブルースには似ていないぜ!うろ覚えと言うより全く根拠のない勘違いだぜ。決して長嶋茂雄は落ち込まないぜ。いいか、お前のキャラクターにおいてうろ覚えはプラスだぜ!そのキャラクターをもっと磨いて欲しいぜ。そして気にすることなくお前のフィーリングを貫こうぜ。長嶋茂雄も一晩であのキャラクターになったわけではないぜ。何度も何度も周囲に不快感を与え、改善要求があっても変わらなかった長い歴史がベースにあるぜ。お前も何十年後には愛される国民的キャラクターになれるぜ。今が大切だぜ。忘れてはいけないぜ、いつみてもジョン万次郎だぜ、熱いぜ!!

A:うろ覚えの勘違いは誰にでもあることだぜ。そんなことで落ち込んではいけないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!

キャラクターを磨こうぜ!
 うろ覚えの象徴的人物は長嶋茂雄だぜ!清水のことを柳田と言ってみたり、大久保のニックネームであるデーブをベーブと言っているぜ。清水は確かに史上最強の5番と言われた柳田に似ているが、デーブはどう考えてもベーブルースには似ていないぜ!うろ覚えと言うより全く根拠のない勘違いだぜ。決して長嶋茂雄は落ち込まないぜ。いいか、お前のキャラクターにおいてうろ覚えはプラスだぜ!そのキャラクターをもっと磨いて欲しいぜ。そして気にすることなくお前のフィーリングを貫こうぜ。長嶋茂雄も一晩であのキャラクターになったわけではないぜ。何度も何度も周囲に不快感を与え、改善要求があっても変わらなかった長い歴史がベースにあるぜ。お前も何十年後には愛される国民的キャラクターになれるぜ。今が大切だぜ。忘れてはいけないぜ、いつみてもジョン万次郎だぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年7月12日 10:54

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/138

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |