日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 英文字を理由にしようぜ! | メイン | 高校中退が差別化のポイントだぜ! »
姉妹ケンカは独立で解決しろ! 2006年6月28日
 

Q:私は大学卒業後フリーターをしています。同居人である姉は会社員で、私の方が家に居ることが多く、家事はほとんど私がしています。この姉は、自分が帰宅した時に夕食の準備ができていないと子供のようにふてくされるくせに、姉が休みで私がバイトの日には夕食ができていた試しがありません。たまりかねて文句を言うと「私は仕事をしているんだからあんたより偉い。第一あんたに食事を作ってくれと頼んだ覚えはない」とわめき散らしました。この姉をどうすればよいでしょうか。(相談者 フリーター 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年7月号にて掲載。

A:兄弟や姉妹は同居すると不仲なものだぜ!特にお姉さんはお前を見下しているぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

①姉だと思うな!
 良い家庭生活には良妻賢母は必要だぜ。問題は良妻賢母したくてもどうしていいか分からない奴が急増していることだぜ。その意味では、姉さんは、お前の結婚トレーニングのチャンスだぜ。誰でも若い時は家事はやりたくないし、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンがいいに決まっているぜ。でも現実は40歳を過ぎたキャリアウーマンの孤独生活が社会問題化しているぜ。一生懸命積み上げてきたキャリアを時代の流れが簡単に陳腐化してしまうぜ。その時に愛に触れたいと思うぜ。愛に触れるために家事をやりたくなってもできないと悲劇だぜ。いいか、女だから家事は必須だとは言ってないぜ。将来を考えて“家事もできる”という状況が必要であるということだぜ。細かいことを気にせず家事をやって欲しいぜ、熱いぜ!!

②独立しろ!
 お前がどうしても姉さんのために何もしたくないと思うのであれば、お前はお前の力でマンションを借りて独立して欲しいぜ。きっと姉さんにとってもお前にとってもその選択は痛いはずだぜ。だが、一緒にいて作業分担でストレスを感じて毎日を過ごすことはとてもネガティブだぜ。マイナスがあっても独立することを勧めるぜ。世の中の厳しさをお互いに味わって欲しいぜ、熱いぜ!!

A:兄弟や姉妹は同居すると不仲なものだぜ!特にお姉さんはお前を見下しているぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

①姉だと思うな!
 良い家庭生活には良妻賢母は必要だぜ。問題は良妻賢母したくてもどうしていいか分からない奴が急増していることだぜ。その意味では、姉さんは、お前の結婚トレーニングのチャンスだぜ。誰でも若い時は家事はやりたくないし、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンがいいに決まっているぜ。でも現実は40歳を過ぎたキャリアウーマンの孤独生活が社会問題化しているぜ。一生懸命積み上げてきたキャリアを時代の流れが簡単に陳腐化してしまうぜ。その時に愛に触れたいと思うぜ。愛に触れるために家事をやりたくなってもできないと悲劇だぜ。いいか、女だから家事は必須だとは言ってないぜ。将来を考えて“家事もできる”という状況が必要であるということだぜ。細かいことを気にせず家事をやって欲しいぜ、熱いぜ!!

②独立しろ!
 お前がどうしても姉さんのために何もしたくないと思うのであれば、お前はお前の力でマンションを借りて独立して欲しいぜ。きっと姉さんにとってもお前にとってもその選択は痛いはずだぜ。だが、一緒にいて作業分担でストレスを感じて毎日を過ごすことはとてもネガティブだぜ。マイナスがあっても独立することを勧めるぜ。世の中の厳しさをお互いに味わって欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年6月28日 16:06

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/132

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |