日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 働くな! | メイン | お前の意志を貫け! »
お前の成功が最高の親孝行だぜ! 2006年6月19日
 

Q:僕は田舎から上京し、都内の大学に通う21歳です。初めての一人暮らしを楽しんできましたが、そろそろ就職を考えなくてはなりません。両親は僕が田舎に戻って就職する事を望んでいるのですが、僕にとって田舎での生活は魅力的ではありません。かといって、両親を放っておくわけにもいきません。どちらを優先するか悩みに悩んでいます。どうか良いアドバイスを!!(相談者 世田谷区 学生 21歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年6月号にて掲載。

A:田舎生まれの俺にはお前の事がよく理解出来るぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①お前の成功が一番だぜ!
 お前は東京に残るか田舎に帰るかで悩んでいるが、要するにお前がしたい事は最高の親孝行だぜ。田舎に帰って面倒をみる事以外に東京でお前が大成功して凱旋する事も親孝行になるぜ。いいか、都会暮らしがいいから東京に残りたいという甘えた気持ちで就職したって成功など出来るはずもないぜ。それならば今すぐ田舎へ帰れ!お前が心の底から親孝行を考え、死にものぐるいで成功を勝ち取ろうと思うのであれば、その気持ちを率直に両親にぶつけようぜ。絶対に理解してもらえるぜ。東京に残りたいのなら残って親孝行する事をポジティブに考えてほしいぜ、熱いぜ!!
②俺の親孝行を紹介するぜ!
 高校を卒業してリクルート社に入社した俺は自分にとって無理のない2万円を送金する事にしたぜ。最小限にとどめたからこそ10年以上続けられたぜ。そして俺が独立した時、両親に夢を理解してもらいスタートしたぜ。その後の1年は人生最大のピンチだったぜ。思うように受注が入らず資本金の手元資金はどんどん減少していったぜ。そんな時も両親には順調にいっていると報告したぜ。心配掛けてはいけないぜ。そして今年の元旦に青森県知事とビジネス対談をするまでに成功したぜ。両親は独立後の俺の成功を誇りに思っているぜ。しかし俺には死にものぐるいの努力と食いしばった奥歯があるぜ。お前も奥歯で親孝行をしてほしいぜ、熱いぜ!!

A:田舎生まれの俺にはお前の事がよく理解出来るぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①お前の成功が一番だぜ!
 お前は東京に残るか田舎に帰るかで悩んでいるが、要するにお前がしたい事は最高の親孝行だぜ。田舎に帰って面倒をみる事以外に東京でお前が大成功して凱旋する事も親孝行になるぜ。いいか、都会暮らしがいいから東京に残りたいという甘えた気持ちで就職したって成功など出来るはずもないぜ。それならば今すぐ田舎へ帰れ!お前が心の底から親孝行を考え、死にものぐるいで成功を勝ち取ろうと思うのであれば、その気持ちを率直に両親にぶつけようぜ。絶対に理解してもらえるぜ。東京に残りたいのなら残って親孝行する事をポジティブに考えてほしいぜ、熱いぜ!!
②俺の親孝行を紹介するぜ!
 高校を卒業してリクルート社に入社した俺は自分にとって無理のない2万円を送金する事にしたぜ。最小限にとどめたからこそ10年以上続けられたぜ。そして俺が独立した時、両親に夢を理解してもらいスタートしたぜ。その後の1年は人生最大のピンチだったぜ。思うように受注が入らず資本金の手元資金はどんどん減少していったぜ。そんな時も両親には順調にいっていると報告したぜ。心配掛けてはいけないぜ。そして今年の元旦に青森県知事とビジネス対談をするまでに成功したぜ。両親は独立後の俺の成功を誇りに思っているぜ。しかし俺には死にものぐるいの努力と食いしばった奥歯があるぜ。お前も奥歯で親孝行をしてほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年6月19日 15:53

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/128

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |