日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 不安を楽しめ! | メイン | 変化を楽しめ! »
友人を変えろ! 2006年6月 7日
 

Q:私は17歳で『できちゃった結婚』し、現在1児の母の22歳。一番楽しいはずの時期を育児にあててしまった私は、今遊びたくてしょうがありません。同じ年の友人たちを見ているとなんだか自分だけすっかり老け込んだ気がして妙に焦ってしまいます。「たまには私も育児から離れて思い切り遊びたい!まだ22歳なんだぞ!」と思うのですが、実家は遠くてあずけに行きにくいし、自分が遊びに行くのに姑に世話を頼むのはとても気が引ける。私は遊んではいけないのでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年5月号にて掲載。

A:お前のように若くして結婚した奴は女に限らず男も同様の悩みをかかえるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①20年後を夢みろ!
 普通、22歳は大学生でバイトしたり海外に行ったりクラブに行ったりしているぜ。しかしお前が今それを望んでも何の解決にもならないぜ。20年後を夢みてほしいぜ!お前の子供は大人になり仲のいい親子で子供がお前の為にバイトして海外旅行に誘っているぜ。その時お前の友人たちは結婚出来ない淋しい奴もいれば、子育てに追われる奴もいるぜ。その瞬間周囲の奴はお前を見て羨むぜ。いいか、子育てや結婚、家庭生活というのは大変な事だぜ。自分一人の意志を尊重してはいけないぜ。家庭全員の意志がお前の意志だぜ。そりゃ若い時は一人の方が自由で楽しいかもしれないぜ。しかし自ら選択した人生、後悔してもはじまらないぜ。今は20年後をイメージして乗り切ってほしいぜ、熱いぜ!!
②友人を変えろ!
 お前は世代をこえた友人が少ないに違いないぜ。お前と同様に子育てに追われている主婦仲間はたくさんいるぜ。独身の22歳の友人では誰一人お前を理解出来ないぜ。また、会ってもお前が空しくなるだけだぜ。友人という概念を広げてほしいぜ。インターネットで情報交換というのもいいぜ。つまりお前の環境を理解出来る同様の主婦を友人としていけという事だぜ。きっとお前が考える“遊び”ではないもっとアットホームな遊びに気付くはずだぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

A:お前のように若くして結婚した奴は女に限らず男も同様の悩みをかかえるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①20年後を夢みろ!
 普通、22歳は大学生でバイトしたり海外に行ったりクラブに行ったりしているぜ。しかしお前が今それを望んでも何の解決にもならないぜ。20年後を夢みてほしいぜ!お前の子供は大人になり仲のいい親子で子供がお前の為にバイトして海外旅行に誘っているぜ。その時お前の友人たちは結婚出来ない淋しい奴もいれば、子育てに追われる奴もいるぜ。その瞬間周囲の奴はお前を見て羨むぜ。いいか、子育てや結婚、家庭生活というのは大変な事だぜ。自分一人の意志を尊重してはいけないぜ。家庭全員の意志がお前の意志だぜ。そりゃ若い時は一人の方が自由で楽しいかもしれないぜ。しかし自ら選択した人生、後悔してもはじまらないぜ。今は20年後をイメージして乗り切ってほしいぜ、熱いぜ!!
②友人を変えろ!
 お前は世代をこえた友人が少ないに違いないぜ。お前と同様に子育てに追われている主婦仲間はたくさんいるぜ。独身の22歳の友人では誰一人お前を理解出来ないぜ。また、会ってもお前が空しくなるだけだぜ。友人という概念を広げてほしいぜ。インターネットで情報交換というのもいいぜ。つまりお前の環境を理解出来る同様の主婦を友人としていけという事だぜ。きっとお前が考える“遊び”ではないもっとアットホームな遊びに気付くはずだぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年6月 7日 10:41

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/123

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |