日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »
高校中退が差別化のポイントだぜ! 2006年6月30日
 

Q:高校中退後、大検で大学に入りました。そのことに対してコンプレックスはありませんが、いざ就職活動となるとマイナスにならないかと不安です。(相談者 大学3年生 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 01年3月号にて掲載。

A:お前はコンプレックスがないと言いながらコンプレックスを持っているぜ!今のままでは就職活動をしてもいい結果は得られないぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!

高校中退が差別化のポイントだぜ!
 お前はなぜ高校を中退したのか?そして大検にチャレンジして何を得たのか?この2点をしっかり整理する必要があるぜ。面接担当者は99%間違いなくこの質問をするぜ。お前が選択してきた人生だぜ。この質問は、お前が他者との差別化を最も図れるポイントだとプラスに考えて欲しいぜ。
 どんな道にもプラスとマイナスはあるぜ。お前が選択した高校中退においても同様だぜ。マイナスを隠さずはっきり面接担当者に伝えようぜ。そしてそれを補うにあまりあるプラスがあったことは、もっと強調しようぜ。マイナスへの不安だけを抱いていても話は進まないぜ!!お前だけの人生を歩んできて充実していたことをシンプルにぶつけようぜ!
 俺は高校中退がマイナスだとは全く思わないぜ。自信を持ってぶつかって欲しいぜ。コンプレックスを解消するコツは、コンプレックスをさらけ出すことに尽きるぜ。正々堂々お前をさらけ出して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:43 | コメント (0) | トラックバック
 

姉妹ケンカは独立で解決しろ! 2006年6月28日
 

Q:私は大学卒業後フリーターをしています。同居人である姉は会社員で、私の方が家に居ることが多く、家事はほとんど私がしています。この姉は、自分が帰宅した時に夕食の準備ができていないと子供のようにふてくされるくせに、姉が休みで私がバイトの日には夕食ができていた試しがありません。たまりかねて文句を言うと「私は仕事をしているんだからあんたより偉い。第一あんたに食事を作ってくれと頼んだ覚えはない」とわめき散らしました。この姉をどうすればよいでしょうか。(相談者 フリーター 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年7月号にて掲載。

A:兄弟や姉妹は同居すると不仲なものだぜ!特にお姉さんはお前を見下しているぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

①姉だと思うな!
 良い家庭生活には良妻賢母は必要だぜ。問題は良妻賢母したくてもどうしていいか分からない奴が急増していることだぜ。その意味では、姉さんは、お前の結婚トレーニングのチャンスだぜ。誰でも若い時は家事はやりたくないし、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンがいいに決まっているぜ。でも現実は40歳を過ぎたキャリアウーマンの孤独生活が社会問題化しているぜ。一生懸命積み上げてきたキャリアを時代の流れが簡単に陳腐化してしまうぜ。その時に愛に触れたいと思うぜ。愛に触れるために家事をやりたくなってもできないと悲劇だぜ。いいか、女だから家事は必須だとは言ってないぜ。将来を考えて“家事もできる”という状況が必要であるということだぜ。細かいことを気にせず家事をやって欲しいぜ、熱いぜ!!

②独立しろ!
 お前がどうしても姉さんのために何もしたくないと思うのであれば、お前はお前の力でマンションを借りて独立して欲しいぜ。きっと姉さんにとってもお前にとってもその選択は痛いはずだぜ。だが、一緒にいて作業分担でストレスを感じて毎日を過ごすことはとてもネガティブだぜ。マイナスがあっても独立することを勧めるぜ。世の中の厳しさをお互いに味わって欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 16:06 | コメント (0) | トラックバック
 

英文字を理由にしようぜ! 2006年6月26日
 

Q:今年39歳になりますが、いい年をして字が汚いとみんなに怒られてしまいます。どうしたらいいでしょうか。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年11月号にて掲載。

A:字が汚いことは10年前はビジネスマンとして致命的だったが、今は状況が違うぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!

英文字を理由にしようぜ!
 これはあくまでも俺の直感だが、宇多田ヒカルは日本文字が汚いぜ。それは彼女はNY育ちだから当然のことだぜ。お前も誰かに字のことを言われたら、バイリンガルを目指しているので英文字以外は興味がないと、自信をもって答えて欲しいぜ。なぜ字はきれいでなければならないのか?これはビジネスユースで考えるからだぜ。現代のビジネスユースはほとんどがパソコンで、文字を手書きするシーンがあまりないぜ。それならば、字の汚いことはプライベートユースの問題だぜ。つまりお前は英文字の達人を目指すために英文字をプライベートユースにしているので、字が汚いということは何の矛盾もないという訳だぜ。字をきれいにするよりも、自分の中身を向上させた方がプラスだぜ。表面的なことを悩むより、本質的な世界に価値を置いて欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 11:08 | コメント (0) | トラックバック
 

相手のホームグランドで勝負しろ! 2006年6月22日
 

Q:名前を間違えられて真剣に悩んでいます。今一緒に仕事をしているKさんが、いつも僕のことを「O山さん」て呼ぶんです。ほんとは「O村」なのに…。何度突っ込んでも、いっこうに直る気配はありません。そうしているうちに、自分はひょっとして「O山」という名前だったのではないだろうか?と思えてきてしまいました。正直、自分が「O村」なのか「O山」なのか自信がありません。とても悩んでいます。いったい僕の名前はどっちなんでしょうか?(相談者 O村さん)

--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 某情報出版会社社内報 01年5月号にて掲載。

A:まず、一言で答えを言うぜ。お前はO村だぜ!人に名前を覚えてもらうことは大切だぜ。自信をなくしている場合ではないぜ!熱いぜ!!

酒処「K」だぜ!
  はっきり言って、Kさんがお前の名前を間違うということは、お前のインパクトに問題があるぜ!まずKさんと徹底して飲むことを勧めるぜ。飲むにあたっては、相手のホームグラウンドを調べる必要があるぜ。人間誰でも自分の行きつけの店では心が緩むぜ。その緩んだ隙を狙ってお前自信のインパクトをインプットだぜ!これは偶然だが、Kさんは新橋にある酒処「K」がお好きなようだぜ。実は俺もよく行くぜ。「K」のマスターはいい人だぜ。お前の事情を理解して「O村」という名前を連呼してくれるぜ。お前にとっては強い味方になるぜ。まあ、それでも名前を間違えるときは、自信をなくすよりも、飲んで忘れることだぜ。そのときもやはり酒処「K」だぜ!!つまり、お前はいずれにしろ、酒処「K」のとりこだぜ!機会があったら俺と一緒に飲もうぜ!俺も「O山」と言ってしまったらごめんな、熱いぜ!!

投稿者 admin : 12:56 | コメント (0) | トラックバック
 

お前の意志を貫け! 2006年6月21日
 

Q:先輩が結婚を機に会社を辞めることになりました。結婚したら女性は仕事を続けにくくなりますか?私は長く仕事を続けたいと思うのですが・・・。(相談者 大学3年生 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 01年2月号にて掲載。

A:人生において大切なのは“自分の意志”だぜ!どうも意志の弱い奴が多くて俺の鼻血は止まらないぜ。
アドバイスするぜ、熱いぜ!!

お前の意志を貫け!
 お前は仕事を長くしたいという意志があるぜ。お前の意志は誰にも左右されるものではなく、
お前が自らの力で貫くものだぜ!
 例えば、結婚する相手に理解がないと仕事を続けられないのであれば、理解ある相手と結婚すべきだし、子供の養育が問題であれば、そのようなことをサポートする制度がある会社を選択すればいいぜ。
 俺が言いたいことは“女性”を一般論で片付けるな!ということだぜ。お前はお前だぜ。お前が望む人生を送るためにアクションして欲しいぜ。確かに結婚や出産は仕事を続けにくくする要因だぜ。しかしそれは絶対的な要素ではないぜ!きっとお前と同じ考えの女性は多いはずだぜ。お前がその多くの女性のサンプルとして輝くことを考えて欲しいぜ。一度の人生だぜ。妥協はよくないぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 12:03 | コメント (0) | トラックバック
 

お前の成功が最高の親孝行だぜ! 2006年6月19日
 

Q:僕は田舎から上京し、都内の大学に通う21歳です。初めての一人暮らしを楽しんできましたが、そろそろ就職を考えなくてはなりません。両親は僕が田舎に戻って就職する事を望んでいるのですが、僕にとって田舎での生活は魅力的ではありません。かといって、両親を放っておくわけにもいきません。どちらを優先するか悩みに悩んでいます。どうか良いアドバイスを!!(相談者 世田谷区 学生 21歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年6月号にて掲載。

A:田舎生まれの俺にはお前の事がよく理解出来るぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①お前の成功が一番だぜ!
 お前は東京に残るか田舎に帰るかで悩んでいるが、要するにお前がしたい事は最高の親孝行だぜ。田舎に帰って面倒をみる事以外に東京でお前が大成功して凱旋する事も親孝行になるぜ。いいか、都会暮らしがいいから東京に残りたいという甘えた気持ちで就職したって成功など出来るはずもないぜ。それならば今すぐ田舎へ帰れ!お前が心の底から親孝行を考え、死にものぐるいで成功を勝ち取ろうと思うのであれば、その気持ちを率直に両親にぶつけようぜ。絶対に理解してもらえるぜ。東京に残りたいのなら残って親孝行する事をポジティブに考えてほしいぜ、熱いぜ!!
②俺の親孝行を紹介するぜ!
 高校を卒業してリクルート社に入社した俺は自分にとって無理のない2万円を送金する事にしたぜ。最小限にとどめたからこそ10年以上続けられたぜ。そして俺が独立した時、両親に夢を理解してもらいスタートしたぜ。その後の1年は人生最大のピンチだったぜ。思うように受注が入らず資本金の手元資金はどんどん減少していったぜ。そんな時も両親には順調にいっていると報告したぜ。心配掛けてはいけないぜ。そして今年の元旦に青森県知事とビジネス対談をするまでに成功したぜ。両親は独立後の俺の成功を誇りに思っているぜ。しかし俺には死にものぐるいの努力と食いしばった奥歯があるぜ。お前も奥歯で親孝行をしてほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:53 | コメント (0) | トラックバック
 

働くな! 2006年6月15日
 

Q:働く気が全く起こりません。
 会社を辞めて半年ほどになりますが、働く気が全く起こりません。(相談者 26歳 失業中)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年1月号にて掲載。

A:お前のような甘い奴が多くて困ってしまうぜ!やる気が起こらないのは全くもってお前のスタンスに原因があるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①働くな!
 日本人は戦後の高度成長ボケが今でも抜けてないぜ。お前はその象徴だぜ。働く気が起こらない奴は働くな!全然問題ないぜ。お前以外に働きたくても働けない奴が山ほどいるぜ。いいか就職はファッションではないぜ。無職が格好悪いとか、そういう問題ではないぜ。生きていくために歯を食いしばって働いているぜ。もう高度成長は終了したぜ。意欲のない奴のことを企業がかばってはいられないぜ。お前は働く意欲が出るまで働くな!ホームレスをしてみろ!それでも意欲がわかなかったら、そのままホームレスをするのがお前にとってベターだぜ。いいか、働きたくても働けない多くの意欲ある失業者に失礼な、お前の甘えは俺は許さないぜ、熱いぜ!!
②目的を忘れろ!
 働くということを哲学的に考えすぎているから、お前は問題だぜ。働くということは誰もがベストの環境でやっているわけではないぜ。多くの人は働く目的や意欲がなくても生活のために働いているぜ。お前もまずは、考えるよりもアクションして欲しいぜ。意欲がわかないつまらない仕事であっても、外面は意欲満々に見せながら働くということだぜ。一見それは矛盾しているように感じるかもしれないが、矛盾があるから人生楽しいもんだぜ。俺は答えなくアクションし、矛盾を修正するために次のアクションをしているぜ。結局いつも100%はなく、常に何かの矛盾が存在するぜ。それが当たり前であり、それが俺を支える生きがいになっているぜ。考えすぎるな!みんな一緒だぜ。明日から面接に行って欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:54 | コメント (0) | トラックバック
 

過去のことは忘れようぜ! 2006年6月14日
 

Q:大阪に家を買いましたが、転勤で姫路に来ました。買った家には両親が住んでいますが、二重家賃に苦しんでいます。効率のいいローンの払い方をアドバイス下さい。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年11月号にて掲載。

A:ローンで苦しんでいる奴は多いぜ。俺もその一人だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
過去のことは忘れようぜ!
 俺はバブルの頃、投資用マンションを購入したぜ。マンションに賃貸人が住んでいて名義変更で所有権を自分にしたぜ。今その資産価値は購入当時の3分の1に下落し、賃料も下落しているぜ。つまり投資目的が全く意味のない負債になってしまったぜ。お前はマイホームに両親が住んでいるのだから親孝行だぜ。親孝行しているという価値で、乗り越えて欲しいぜ。「購入しなければよかった」と後悔する奴がいるが、俺は全くそうは思わないぜ。自分が意思決定をしたことだからだぜ。それがエネルギーとなって所得を上げるように努力できているから、むしろ感謝だぜ!お前も二重家賃を乗り越える精神力と社会的スキルを向上して欲しいぜ。所得を上げる以外に答えはないぜ。今の仕事を100倍気合を入れて努力して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 11:02 | コメント (0) | トラックバック
 

魂の兄弟で仲良くなろうぜ! 2006年6月12日
 

Q:酒を飲む場でないと本音が出ないとよく言われますが、下戸の僕は辛いです。しらふでも本音で語り合いたいですね。飲めないことで付合いが悪いと思われるのはちょっと納得がいかないんです。例えば、トマトが嫌いな人にはトマトを勧めませんよね。「トマトを食べる会」なんかがあって、断っても付合いが悪いとは思われないじゃないですか。酒についても同じだといいんですけど…。また、お酒を飲めない人はどう考えても金銭的にちょっと厳しいです。その辺のご配慮いただければ、酒の席も楽しいのですが…。酒の席は重要だとは充分承知しているのですが、今ひとつすっきりしないんです。なんとかなりませんかね?(相談者 男性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 某情報出版会社社内報 01年4月号にて掲載。

A:お前のように酒を飲めない奴にとっては“お誘い”は地獄だぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!
酒は魂の兄弟化ツールだぜ!
 俺は酒は嫌いだが飲み会は大好きだぜ!それは難しい話を抜きにして単純に盛り上がった相手には100年以上の親近感を覚えることがあるからだぜ。つまり酒がうまいかまずいかではなく楽しい時間を共有したことによる効果だぜ。俺はその減少を“魂の兄弟化”と呼んでいるぜ!一度魂が兄弟化するとすべてにおいて人間関係はスムーズになるぜ。お前は酒を飲めないぜ。そしてお誘いが嫌だぜ。何故か?それはお前にとって興味の無い奴に誘われているからだぜ!興味が無い奴からのお誘いは速攻で断れ!しかし魂を兄弟化したい奴とはとことん付き合ってほしいぜ。酒付き合いとは惰性で万人にすることではないぜ。お前が必要とする相手と魂を兄弟化するためのツールとして酒が存在するということだぜ!酒はトマトやみかんと同類ではなくテニスやボーリングなどの時間共有ツールと同類だぜ。メリハリのある酒付合いが大きく人生を分けることになるぜ!応援するぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 10:14 | コメント (1) | トラックバック
 

変化を楽しめ! 2006年6月 9日
 

Q:学生時代親しかった先輩がいる会社に先輩訪問したら以前と印象が違い、違和感を感じました。就職すると人は変わるものですか?(相談者 大学3年生 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 01年9月号にて掲載。

A:学生と社会人は全く違うぜ。先輩が全く違う人間に感じるのは当たり前だぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
変化を楽しめ!
 お前はビジネスを学生のノリでやりたいと甘いことを考えているぜ。学生と社会人は根本的に違うぜ。
 例えば、お前の周辺に嫌いな奴がいた時に、学生時代は声をかけずに済むが、社会人になったらそういう人ともビジネスをしなければいけないぜ!学生時代と同様の考えやスタンスでは絶対にやっていけないぜ。
 つまり先輩が変化したことが普通であって、むしろ変化がない奴が問題だぜ!お前が勝手に違和感を持つのは自由だが、変化を否定してはいけないぜ。むしろお前が社会に出てやっていけるがどうか俺は心配だぜ。
 社会に出たら人が変わる、ということを前提に誰よりも変わることを楽しんで欲しいぜ。就職活動中の今だからこそ、もっと広い視野で先輩を見てあげて欲しいぜ!それがお前が社会人デビューする時にプラスになるはずだぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 14:39 | コメント (0) | トラックバック
 

友人を変えろ! 2006年6月 7日
 

Q:私は17歳で『できちゃった結婚』し、現在1児の母の22歳。一番楽しいはずの時期を育児にあててしまった私は、今遊びたくてしょうがありません。同じ年の友人たちを見ているとなんだか自分だけすっかり老け込んだ気がして妙に焦ってしまいます。「たまには私も育児から離れて思い切り遊びたい!まだ22歳なんだぞ!」と思うのですが、実家は遠くてあずけに行きにくいし、自分が遊びに行くのに姑に世話を頼むのはとても気が引ける。私は遊んではいけないのでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年5月号にて掲載。

A:お前のように若くして結婚した奴は女に限らず男も同様の悩みをかかえるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①20年後を夢みろ!
 普通、22歳は大学生でバイトしたり海外に行ったりクラブに行ったりしているぜ。しかしお前が今それを望んでも何の解決にもならないぜ。20年後を夢みてほしいぜ!お前の子供は大人になり仲のいい親子で子供がお前の為にバイトして海外旅行に誘っているぜ。その時お前の友人たちは結婚出来ない淋しい奴もいれば、子育てに追われる奴もいるぜ。その瞬間周囲の奴はお前を見て羨むぜ。いいか、子育てや結婚、家庭生活というのは大変な事だぜ。自分一人の意志を尊重してはいけないぜ。家庭全員の意志がお前の意志だぜ。そりゃ若い時は一人の方が自由で楽しいかもしれないぜ。しかし自ら選択した人生、後悔してもはじまらないぜ。今は20年後をイメージして乗り切ってほしいぜ、熱いぜ!!
②友人を変えろ!
 お前は世代をこえた友人が少ないに違いないぜ。お前と同様に子育てに追われている主婦仲間はたくさんいるぜ。独身の22歳の友人では誰一人お前を理解出来ないぜ。また、会ってもお前が空しくなるだけだぜ。友人という概念を広げてほしいぜ。インターネットで情報交換というのもいいぜ。つまりお前の環境を理解出来る同様の主婦を友人としていけという事だぜ。きっとお前が考える“遊び”ではないもっとアットホームな遊びに気付くはずだぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 10:41 | コメント (0) | トラックバック
 

不安を楽しめ! 2006年6月 5日
 

Q:転職先の人間関係が不安です。早くスムーズに馴染める方法があれば教えてください。(相談者 26歳 事務職)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年1月号にて掲載。

A:お前はネガティブで話にならないぜ。これから出会う人との人間関係を気にしていたら一歩も家から出ることはできないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①何が起こるか分からないからワクワクするぜ!
 いいか、転職するということは今まで出会ったことのない人と出会い、企業文化に触れるからワクワクするぜ。お前のようにネガティブに捉えるのはあまりにももったいないぜ。新しい人や価値に触れ、どんどんお前は成長していくぜ。その成長する行為を楽しまなければストレスでおかしくなってしまうぜ!俺は常に新しい出会いを待ち望んでいるし、置かれている状況がヤバイ時ほどワクワクしているぜ。何の問題のない人生ほどつまらなく、成長を阻害するものはないぜ。その意味においては転職を決断したことはお前にとって絶対にプラスだぜ。お前の決断を信じて前に進むことを楽しんで欲しいぜ!ひょっとすると一生のパートナーと新しい職場で出会えるかもしれないぜ。ワクワクするだろ?熱いぜ!!
②付き合いを大切にして欲しいぜ!
 職場の中で浮いてしまう奴と浮かない奴がいるぜ。浮いている奴は自分のことしか考えないからだぜ。そういう奴は人間関係で悩みとなるぜ。では浮かない存在になるためにどうすればよいかを教えるぜ。『付き合い』を大切にして欲しいぜ!職場とプライベートを過度に区別したがる奴がいるが、職場内コミュニケーションは大切だぜ。飲み会などは積極的に参加し、様々な人の価値観やスタンスを吸収して欲しいぜ。表面的なコミュニケーションでは分からない新しい発見が必ずできるぜ。俺はたくさんの人とそのようなコミュニケーションをしてきたから、今では表面的なものから本音やスタンスを予測できるまでになったぜ。それもこれも社内・社外問わずに付き合いを大切にしてきたからだぜ。お前も今新しい職場でそれを試すことができるぜ。ぜひチャレンジして欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 10:49 | コメント (0) | トラックバック
 

マッチ売りの少女だぜ! 2006年6月 2日
 

Q:大條さんは悩みを人に相談することがあるのですか?(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年11月号にて掲載。

A:俺も人間だぜ。悩むことはあるぜ。俺の悩み解決方法を教えてやるぜ、熱いぜ!!
マッチ売りの少女だぜ!
 お前が未来を自由に選定し、マッチをつけて自分を見ることができるとしようぜ。マッチが燃えている時間はだいたい5秒だぜ。その5秒に見える自分が悩んでふさぎこんでいたとすると、お前は未来が嫌になるに違いないぜ。つまり、苦しいときほど過去の自分が今を見ていると俺は意識しているぜ。人前にいる時だけ元気に過ごしても、マッチをつけて見られている瞬間が一人でネガティブになっている時であれば、元気な自分を伝えられないぜ。いつも同じテンションでポジティブに生きることは、マッチ売りの少女が希望を持って夢をみるような過去の自分に対するマナーだぜ。俺達は今を生きるだけではなく、過去や未来と連動していることを忘れてはいけないぜ。俺は常に疲れて悩みがちな時には、そんなマッチ売りの自分のためにポジティブになるぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 11:55 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |