日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 徹底したキリスト戦略だぜ! | メイン | 悪者ははっきりさせろ! »
徹底的につぶそうぜ! 2006年5月24日
 

Q:めっちゃ嫌な奴がいます。
 職場にめっちゃ嫌な奴がいます。転職すべきでしょうか?(相談者 26歳 営業職)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年1月号にて掲載。

A:職場に限らず嫌な奴はたくさんいるぜ。そんな奴とどうやってうまくやっていくかはケースバイケースだぜ。俺のラジカル攻撃をアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①嫌かどうかを確かめようぜ!
 俺は嫌な奴にはしつこいくらい挨拶をするぜ。それは些細なことでも大袈裟に言うのがポイントだぜ。要するに笑顔で絶叫しようぜ。打ち合わせで席を立つ時には「○○さん、いってらっしゃ~い!」とわざわざ固有名詞を付けて絶叫だぜ。朝のおはようも同様だぜ。開き直ってこの攻撃をすると俺のケースにおいては60%は嫌な奴から俺に心を開いてきたぜ。何となく嫌な奴が本当にお前にとって嫌かどうかを正しく検証して欲しいということだぜ。水戸黄門は何故高視聴率をとれるのかと言えば、中間にわざわざ庶民の中に入り、悪代官にいじめられるからだぜ。その反動がラストシーンの土下座を爽快にしているぜ。笑顔&絶叫攻撃はまさに悪大名にいじめられるのと同様の期間であるぜ。反撃をより爽快にするために検証を楽しんでやって欲しいぜ、熱いぜ!!
②徹底的につぶそうぜ!
 問題は絶叫挨拶をしても更に挑発的な40%の嫌な奴だぜ。その時には徹底的に潰そうぜ!まず第一のポイントは何があっても口を開いてはいけないぜ。話しかけられてもそいつの言葉が聞こえていないように無視しようぜ。更にそいつが一番プライドを持っている事柄に対してお前は勝負をかけて欲しいぜ。例えば出世かもしれないし、円満な家庭かもしれないぜ。とにもかくにも相手が一番大切にしている事柄においてお前が勝っていることをどんどん見せつけようぜ。そいつは精神的に追い込まれていくぜ。いいか、勝負だと決めたら実行だぜ。中途半端に口をきいたり、やさしさを出してしまったら本末転倒だぜ。やる時にはやって欲しいぜ、熱いぜ!!

A:職場に限らず嫌な奴はたくさんいるぜ。そんな奴とどうやってうまくやっていくかはケースバイケースだぜ。俺のラジカル攻撃をアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①嫌かどうかを確かめようぜ!
 俺は嫌な奴にはしつこいくらい挨拶をするぜ。それは些細なことでも大袈裟に言うのがポイントだぜ。要するに笑顔で絶叫しようぜ。打ち合わせで席を立つ時には「○○さん、いってらっしゃ~い!」とわざわざ固有名詞を付けて絶叫だぜ。朝のおはようも同様だぜ。開き直ってこの攻撃をすると俺のケースにおいては60%は嫌な奴から俺に心を開いてきたぜ。何となく嫌な奴が本当にお前にとって嫌かどうかを正しく検証して欲しいということだぜ。水戸黄門は何故高視聴率をとれるのかと言えば、中間にわざわざ庶民の中に入り、悪代官にいじめられるからだぜ。その反動がラストシーンの土下座を爽快にしているぜ。笑顔&絶叫攻撃はまさに悪大名にいじめられるのと同様の期間であるぜ。反撃をより爽快にするために検証を楽しんでやって欲しいぜ、熱いぜ!!
②徹底的につぶそうぜ!
 問題は絶叫挨拶をしても更に挑発的な40%の嫌な奴だぜ。その時には徹底的に潰そうぜ!まず第一のポイントは何があっても口を開いてはいけないぜ。話しかけられてもそいつの言葉が聞こえていないように無視しようぜ。更にそいつが一番プライドを持っている事柄に対してお前は勝負をかけて欲しいぜ。例えば出世かもしれないし、円満な家庭かもしれないぜ。とにもかくにも相手が一番大切にしている事柄においてお前が勝っていることをどんどん見せつけようぜ。そいつは精神的に追い込まれていくぜ。いいか、勝負だと決めたら実行だぜ。中途半端に口をきいたり、やさしさを出してしまったら本末転倒だぜ。やる時にはやって欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年5月24日 13:28

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/117

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |