日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « ユーザーサービスこそ本質だぜ! | メイン | 安全を担保にして前に進め! »
創作ステージに変更しろ! 2006年5月12日
 

Q:最近心の底から「楽しい」と思えることが減ってきています。正確には「楽しい」の回数は変化していないのですが、一回一回の質が色褪せてきてるというか。どれも経験した事のある「楽しさ」の、多少のヴァージョン違いでしかない気がするんです。これまでの「楽しさ」から類推できるものばかりなんじゃないかと思うと、脱力のあまり口が半開きになってしまいます。自分でも、どこか間違ってる気はするんですが、どこでしょう?(相談者 荒川区 会社員 男性 25歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年3月号にて掲載。

A:お前の悩みはきっと誰もが感じているに違いないぜ。むしろ色褪せる楽しさに気付いたお前の感性は素晴らしいぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①色褪せている現実を楽しめ!
 昔を懐かしむ事は日常的に出来ないものだぜ。お前は楽しさが色褪せてると自覚出来る強さがあるぜ。楽しくないなあと思った瞬間に、過去の楽しかった思い出にワープ出来るぜ。俺は上京して初めて行った彼女との軽井沢というのがとても印象に残っているぜ。その後その彼女とも別の女性とも何度も軽井沢に行っているが、軽井沢での楽しさは減少していく一方だぜ。何故か14年前の初めての軽井沢にワープしてしまうぜ。いいか、今の楽しさが色褪せるからこそ、思い出が美しく浮かび上がるぜ。心に沁みる楽しさを大切にしようぜ、熱いぜ!
②ステージを変えろ!
 例えば本を読んでいても同様の現象が起きるぜ。推理小説は読めば読むほど、展開が予測出来るものだぜ。そして犯人が予測出来てしまえばしまうほど、つまらないものだぜ。そういう時はお前が作家になってほしいぜ!つまり読者ステージから創作ステージに変更しろという事だぜ。クリエイティブな創作活動をしている人たちの多くは、このようなステージ変更が基本となっているぜ。俺だったらこいつを犯人にして動機はこうするなどと、クリエイティブに考えながら読んでほしいという事だぜ。音楽についても同様だぜ。ステージを変える事で楽しさが倍増するぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

A:お前の悩みはきっと誰もが感じているに違いないぜ。むしろ色褪せる楽しさに気付いたお前の感性は素晴らしいぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①色褪せている現実を楽しめ!
 昔を懐かしむ事は日常的に出来ないものだぜ。お前は楽しさが色褪せてると自覚出来る強さがあるぜ。楽しくないなあと思った瞬間に、過去の楽しかった思い出にワープ出来るぜ。俺は上京して初めて行った彼女との軽井沢というのがとても印象に残っているぜ。その後その彼女とも別の女性とも何度も軽井沢に行っているが、軽井沢での楽しさは減少していく一方だぜ。何故か14年前の初めての軽井沢にワープしてしまうぜ。いいか、今の楽しさが色褪せるからこそ、思い出が美しく浮かび上がるぜ。心に沁みる楽しさを大切にしようぜ、熱いぜ!
②ステージを変えろ!
 例えば本を読んでいても同様の現象が起きるぜ。推理小説は読めば読むほど、展開が予測出来るものだぜ。そして犯人が予測出来てしまえばしまうほど、つまらないものだぜ。そういう時はお前が作家になってほしいぜ!つまり読者ステージから創作ステージに変更しろという事だぜ。クリエイティブな創作活動をしている人たちの多くは、このようなステージ変更が基本となっているぜ。俺だったらこいつを犯人にして動機はこうするなどと、クリエイティブに考えながら読んでほしいという事だぜ。音楽についても同様だぜ。ステージを変える事で楽しさが倍増するぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年5月12日 15:35

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/112

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |