日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 面接は自慢の場ではないぜ!相手のニーズを知って信頼を得られるトークをして欲しいぜ! | メイン | ユーザーサービスこそ本質だぜ! »
結婚は女性に選択権を与えろ! 2006年5月 8日
 

Q:結婚したくありません。彼女の結婚話をかわすのが心苦しいです。
 今年で31歳。同期も学生時代の友達もほとんど結婚し、残っているのは僕だけ。3年付き合っている彼女はいますが、僕は結婚したくありません。理由は①結婚しても彼女にはイキイキしていてもらいたいので、仕事は続けて欲しい。それなら今の生活と何も変わらないような気がして、結婚する意味を感じない。②周りの人間がどんどんカムバック(離婚)している。③親戚付き合いが大嫌い。こんな僕はどうすればいいでしょうか。(相談者 入社9年目 男性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 某情報出版会社社内報にて掲載。

A:お前は結婚したくないのに結婚という現象を真剣に分析しているぜ!興味がないことに理論武装はいらないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
彼女に選択権を与えろ!
 お前の中の明確な結婚否定論は誰にも変えることはできないぜ。しかし、彼女の中にある結婚待望論も同様だぜ!つまり、結婚話をかわしてはいけないということだぜ。価値観の違いを明確にし、お前は一歩たりとも歩み寄れないことを彼女に提示して欲しいぜ!そして今後交際を継続するか、しないのか彼女に選択させるべきだぜ!彼女に期待させてはいけないぜ。心苦しさから発生する“やさしさ”はもっといけないぜ。お前の価値観で彼女の人生を狂わせてはいけないぜ。結婚が世の中に対する責任だとすると、離婚は無責任ということになるぜ!俺は決してそうは思わないぜ。結婚はあくまでも当事者の問題であり、世の中(第三者)とは無関係だぜ。あまり大袈裟に考えず、俺のように結婚してダメだったら、離婚するという手もあるぜ。俺は離婚を誇りに思っているぜ。この感動はオリンピックの金メダルだぜ!お前にもメダリストの感動を共有して欲しいぜ、熱いぜ!!

A:お前は結婚したくないのに結婚という現象を真剣に分析しているぜ!興味がないことに理論武装はいらないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
彼女に選択権を与えろ!
 お前の中の明確な結婚否定論は誰にも変えることはできないぜ。しかし、彼女の中にある結婚待望論も同様だぜ!つまり、結婚話をかわしてはいけないということだぜ。価値観の違いを明確にし、お前は一歩たりとも歩み寄れないことを彼女に提示して欲しいぜ!そして今後交際を継続するか、しないのか彼女に選択させるべきだぜ!彼女に期待させてはいけないぜ。心苦しさから発生する“やさしさ”はもっといけないぜ。お前の価値観で彼女の人生を狂わせてはいけないぜ。結婚が世の中に対する責任だとすると、離婚は無責任ということになるぜ!俺は決してそうは思わないぜ。結婚はあくまでも当事者の問題であり、世の中(第三者)とは無関係だぜ。あまり大袈裟に考えず、俺のように結婚してダメだったら、離婚するという手もあるぜ。俺は離婚を誇りに思っているぜ。この感動はオリンピックの金メダルだぜ!お前にもメダリストの感動を共有して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年5月 8日 13:52

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/110

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |