日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « SOHOの時代だぜ! | メイン | 結婚は女性に選択権を与えろ! »
面接は自慢の場ではないぜ!相手のニーズを知って信頼を得られるトークをして欲しいぜ! 2006年5月 1日
 

Q:面接で自分の研究課題を話すと褒められるのですが、なぜか一向に内定が・・・。(相談者 T大学 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 就職ジャーナル 00年8月号にて掲載。

A:お前は自分の“研究課題”に“人間とのコミュニケーション”をいうテーマを追加する必要があるぜ!建前と本音があるのが人間だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
 俺にはお前の就職活動の状況が手に取るように見えるぜ。きっとお前は自分をPRするために大学時代の研究課題を自己陶酔するほど熱く語っているが、はっきり言って面接担当者には全く興味のないテーマだぜ!面接は人間対人間のコミュニケーションだぜ。お前が話したいテーマよりも相手が何を聞きたがっているというニーズを発掘して欲しいぜ!
 ビジネスの世界ではコミュニケーションを通じて信頼度を確認するぜ。より相手に信頼を得るためにより深いコミュニケーション力が必要となるぜ。いいか、面接担当者が求めていることは、お前が「これからその会社に入り、会社を更によいものにできるのか?」ということだぜ!
 行った会社の事業展開プランや組織風土にマッチする、新たなる制度提案をぶつけてみろ!それでも面接担当者の心にフックがかからない時には、入社後1年間の具体的行動プランまで熱く語って欲しいぜ!
 そこまですれば必ず道は開けるぜ。お前にとって大きな大学時代の研究は、多くの学生を面接する人にとっては、たった一つの研究に過ぎないぜ。誰よりも相手を知り尽くしている心意気で勝負して欲しいぜ、熱いぜ!!

A:お前は自分の“研究課題”に“人間とのコミュニケーション”をいうテーマを追加する必要があるぜ!建前と本音があるのが人間だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
 俺にはお前の就職活動の状況が手に取るように見えるぜ。きっとお前は自分をPRするために大学時代の研究課題を自己陶酔するほど熱く語っているが、はっきり言って面接担当者には全く興味のないテーマだぜ!面接は人間対人間のコミュニケーションだぜ。お前が話したいテーマよりも相手が何を聞きたがっているというニーズを発掘して欲しいぜ!
 ビジネスの世界ではコミュニケーションを通じて信頼度を確認するぜ。より相手に信頼を得るためにより深いコミュニケーション力が必要となるぜ。いいか、面接担当者が求めていることは、お前が「これからその会社に入り、会社を更によいものにできるのか?」ということだぜ!
 行った会社の事業展開プランや組織風土にマッチする、新たなる制度提案をぶつけてみろ!それでも面接担当者の心にフックがかからない時には、入社後1年間の具体的行動プランまで熱く語って欲しいぜ!
 そこまですれば必ず道は開けるぜ。お前にとって大きな大学時代の研究は、多くの学生を面接する人にとっては、たった一つの研究に過ぎないぜ。誰よりも相手を知り尽くしている心意気で勝負して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年5月 1日 10:39

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/109

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |