日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »
夫婦間の休日ルール化だぜ! 2006年5月31日
 

Q:結婚生活10年目を迎える女性。夫のギャンブルに付き合わされて困っています。
夫がパチンコ、パチスロが大好きで、一人で遊んでくれるときはいいのですが、いつも私と一緒に行きたがります。それは仲良しでいいのですが、私はそういう遊技場は実は大変苦手です。タバコの臭いと音にクラクラしながらも、週末の新台場所取りに並ぶことをはじめ、800回転のハマリや、閉店までの追い込み22連チャンなど、私なりにがんばっております。それでも!体調が悪くて今日はカンベンして…という時にも「座るだけでいいから」と、スロットをやらされ、目押しに全神経を傾ける一日もあり…。そうして、かからないとイライラしてきて最後には私がキレまくってしまうのです。今後私はどのような心持でこの「遊び」に付き合ったらいいでしょうか?
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 某情報出版会社社内報にて掲載。

A:はっきり言ってお前はエライぜ!どんなに好きな相手であってもそこまではできないぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
休日のルール化だぜ!
 二人の仲でのルールづくりが必要だぜ。他人であるということはそれぞれが過ごしたい理想の休日があるぜ。そのバランスを討議してほしいぜ。例えば土曜日は二人のパチンコの日で日曜日は二人がパラレルな日とするとか。ポイントはお前が楽しんでパチンコに付き合える日数はどのくらいか?ということだぜ。今は我慢していられるが、ある日突然全てが嫌になってしまうかもしれないぜ!将来設計のために討議してほしいぜ。それにしても800回転のハマリや22連チャンっていうのは素晴らしいことだぜ!!しかし、800逆回転や22回音無しがあることがギャンブルだぜ!何事も度を過ぎることはマイナスだぜ。子供への教育上も問題となってくるぜ。今だぜ。二人の将来設計を大討議だぜ。討議の司会は田原総一郎で朝までやってほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:51 | コメント (0) | トラックバック
 

社会貢献が企業だぜ! 2006年5月29日
 

Q:私の彼はふたつ年上の会社員。いつも仕事のグチばかり言っています。そんな彼を見ていると就職に希望が持てなくて・・・。(相談者 大学3年生 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 00年12月号にて掲載。

A:お前の最大の問題は支離滅裂な思考回路だぜ!今のままでは企業がお前にNGを出すぜ!!アドバイスするぜ、熱いぜ!
社会貢献が企業だぜ!
 お前は就職を安易に捉え過ぎているぜ。いいか、企業は社会に対する付加価値(貢献)によってのみ存在できるぜ。その企業に入社を希望するお前たちは、企業というツールを通じて社会貢献をすることになるぜ。つまり企業という器を利用して、今以上の貢献活動をしたいという人間以外は新入社員としての存在価値はゼロだぜ!
 お前の彼がどんな理由でグチっているのか俺には分からないが、グチることが問題なのでなく俺が言うこの“スタンス”がきちんとできているかどうかだぜ!
 お前もお前の視野を広げ、正しいスタンスで企業活動しなければすぐに淘汰されてしまうぜ。きっとお前の多くの先輩たちの中には死に物狂いで貢献活動をしている奴がいるぜ。そんな奴と出会うことでお前は新たなるスタンスを創造できるぜ!思い切って彼と別れてみるのもいいかもしれないぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:40 | コメント (0) | トラックバック
 

悪者ははっきりさせろ! 2006年5月26日
 

Q:僕は彼女を友人に奪われて悩んでいます。友人と彼女は大学に入学して以来ずっと仲が良く、友人は彼女に好意を抱いていました。その彼女と僕が付き合い始めてから友人との関係も気まずくなり、友人に彼女を奪われた現在、気まずさはさらに悪化。僕も友人が彼女に好意を抱いているのを知りながら彼女と付き合ってしまった負い目があるので、彼を責めるつもりはないのですが、失望感でいっぱいです。大條さん、こんな僕を失意の底から救ってください。(相談者 渋谷区 男性 学生 20歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年4月号にて掲載。

A:二股の恋愛は青春時代の象徴だぜ!少なくともこの失恋をした事でお前の青春は他者に誇れるものになったぜ。失意の底から救ってやるぜ、熱いぜ!!
①悪者をはっきりさせようぜ!
 まずはお前が経験した全てのシーンをTVドラマを見るように客観的にイメージしてほしいぜ。いったい誰が悪者なのかをはっきりさせようぜ。俺の結論を言うぜ。悪者は彼女だぜ!彼女がお前の友人に寝返った事が全ての原因だぜ!お前はプロセスを気にしすぎているぜ。物事を複雑に考える奴が多くて困ったものだぜ。お前は裏切られた被害者であり、彼女は裏切った加害者であり、友人は加害者行為を応援した共犯者だぜ!昔の負い目など全く関係ないぜ。シンプルに彼女の方に怒りを持ってほしいぜ、熱いぜ!!
②彼女の後悔シーンをイメージしろ!
 次にお前にとって一番スッキリする事をイメージしようぜ。TVドラマのシナリオライターだぜ。10年後彼女は友人と結婚しているが夫婦仲はボロボロだぜ。お前はこの失恋をきっかけに人間的に成長して、仕事は成功し、家族を大切に生活しているぜ。彼女はお前を紹介するTV番組を見て大いなる後悔と失意を感じるぜ。どうだスッキリしたか?ここまでイメージがあれば明日からお前がしなければならない事は何かがわかるだろ?お前自身を見つめ直し、成功を勝ち取る為の一歩を踏み出してほしいぜ!失恋は、ポジティブパワーの最大の供給源だぜ、応援しているぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 12:49 | コメント (0) | トラックバック
 

徹底的につぶそうぜ! 2006年5月24日
 

Q:めっちゃ嫌な奴がいます。
 職場にめっちゃ嫌な奴がいます。転職すべきでしょうか?(相談者 26歳 営業職)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年1月号にて掲載。

A:職場に限らず嫌な奴はたくさんいるぜ。そんな奴とどうやってうまくやっていくかはケースバイケースだぜ。俺のラジカル攻撃をアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①嫌かどうかを確かめようぜ!
 俺は嫌な奴にはしつこいくらい挨拶をするぜ。それは些細なことでも大袈裟に言うのがポイントだぜ。要するに笑顔で絶叫しようぜ。打ち合わせで席を立つ時には「○○さん、いってらっしゃ~い!」とわざわざ固有名詞を付けて絶叫だぜ。朝のおはようも同様だぜ。開き直ってこの攻撃をすると俺のケースにおいては60%は嫌な奴から俺に心を開いてきたぜ。何となく嫌な奴が本当にお前にとって嫌かどうかを正しく検証して欲しいということだぜ。水戸黄門は何故高視聴率をとれるのかと言えば、中間にわざわざ庶民の中に入り、悪代官にいじめられるからだぜ。その反動がラストシーンの土下座を爽快にしているぜ。笑顔&絶叫攻撃はまさに悪大名にいじめられるのと同様の期間であるぜ。反撃をより爽快にするために検証を楽しんでやって欲しいぜ、熱いぜ!!
②徹底的につぶそうぜ!
 問題は絶叫挨拶をしても更に挑発的な40%の嫌な奴だぜ。その時には徹底的に潰そうぜ!まず第一のポイントは何があっても口を開いてはいけないぜ。話しかけられてもそいつの言葉が聞こえていないように無視しようぜ。更にそいつが一番プライドを持っている事柄に対してお前は勝負をかけて欲しいぜ。例えば出世かもしれないし、円満な家庭かもしれないぜ。とにもかくにも相手が一番大切にしている事柄においてお前が勝っていることをどんどん見せつけようぜ。そいつは精神的に追い込まれていくぜ。いいか、勝負だと決めたら実行だぜ。中途半端に口をきいたり、やさしさを出してしまったら本末転倒だぜ。やる時にはやって欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 13:28 | コメント (0) | トラックバック
 

徹底したキリスト戦略だぜ! 2006年5月22日
 

Q:前から好きだった女性を、クリスマスイブに誘うことができました。それはよかったのですが、僕にはフレンチやイタリアンのレストランに連れて行けるほどのお金はないし、プレゼントを買う余裕もありません。
 彼女はそれほど贅沢な人ではありませんが、まさかラーメンやカレーライスという訳にはいかないし、ちょっと気のきいたプレゼントもしたいと思います。一体どんなおもてなしをすれば、彼女をガッカリさせずに済むでしょうか?(相談者 吹田市在住 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ふぉれんと 98年12月号にて掲載。

A:クリスマスは日本全体がカップルの日だぜ!俺がお前をプロデュースしてやるぜ、熱いぜ!!
徹底したキリスト戦略だぜ!
 本来クリスマスはカップルの日ではなくイエスキリストの誕生日だぜ。徹底的にクリスマスをキリストを感じる日と位置づけようぜ。俺は大阪のことはよくわからないが、東京には松田聖子が結婚式をあげた“サレジオ教会”というのがあって12月24日はミサを毎年やっているぜ。まずはミサに参加し一緒に賛美歌を歌おうぜ!気持ちがどんどん透明になっていくぜ。その次はパンと葡萄酒を買ってホームパーティーをしようぜ!部屋にはキャンドル以外の灯りはなくBGMはきよしこの夜だぜ!
 この演出には彼女も感動するに違いないぜ。そしてお前がしっかり打ち明けようぜ。彼女に対する思いや自分が貧乏であることを。更に来年のイブまでにお前はステップアップし本当にイメージしていたレストランとプレゼントを贈ることを約束しようぜ。彼女はきっとお前の気持ちを理解してくれるぜ。そしてそれが二人の一生の思い出になるぜ。決して見栄を張ってはいけないぜ。今お前ができる精一杯のことを今年はやってあげて欲しいぜ、応援するぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 11:08 | コメント (0) | トラックバック
 

外酒・外飯は文化だぜ! 2006年5月18日
 

Q:昨年の4月に新潟店に移動になり、一人暮らしを始めました。仕事が終わると体は疲れ果て、自分で食事を作る気にならず、コンビニや外食に頼っています。でも外食は、栄養が偏りがちで財布も苦しい。自分で作らずに、財布にもやさしく、栄養のある食事をとる方法を教えてください。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年10月号にて掲載。

A:一人暮らしが長い俺には、お前の状況はよく理解できるぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①外飯は経済的だぜ!
 女性はよく自炊をしているが、食材を購入する費用と外食の費用を比較している奴は少ないぜ。一人暮らしに自炊は非効率だぜ。結局、材料が無駄になってしまうからだぜ。経済的なことを優先したいならば自信をもって外食しろ!と言いたいぜ。俺は一人で行ける外食レストランを10~20軒かかえているぜ。もちろんリーズナブルなコストで食べられる店だぜ。中華・洋食・和食、気分によって行き先を変えるぜ。独身ライフを楽しみながら、コストダウンをしているぜ。中華料理を自分で作ろうとしても、料理本を読んだりするうちに俺の大切な時間が消費されてしまうからだぜ。外食には、気分によって食べたいものをチョイスし、オーダーするだけで料理が登場するという素晴らしいコスト効率があるぜ。自炊でコスト効率を上げようとする人が多いが、発想を転換するだけで全く違う価値が見えてくるぜ。結婚するまでは、確実に外食を勧めるぜ、熱いぜ!!
②外酒・外飯は文化だぜ!
 リクルート創業者の江副さんは“外酒・外飯”を奨励するために社員食堂を作らなかったぜ。なぜ外酒・外飯なのかといえば、さまざまな人とのコミュニケーションが増えるからだぜ。同じ職場の人とのコミュニケーションに偏りがちな状況では、視野が広がらず発想も乏しくなってしまうからだぜ。もっともっと外に目を向けろ!という社員に対するメッセージだと俺はとらえているぜ。たわいもない外食だが、そういう観念でとらえれば文化だぜ!独身時代こそ視野を広げるチャンスだぜ。仕事で疲れても、外部の人とコミュニケーションして欲しいぜ!東京に来ることがあったら一緒に飲もうぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:35 | コメント (0) | トラックバック
 

四柱推命だぜ! 2006年5月17日
 

Q:昨年は災難続きでした。今年は無事過ごせるかが心配です。
ゴルフ場で鼻血が止まらず。一発も打たないまま救急車で病院へ。鼻の血管が切れていて3日間入院。数ヵ月後、突然首が動かなくなる。またも救急車で病院へ。さらに道のど真ん中に鉄パイプが散乱。自転車で転倒、病院へ。頭部裂傷、わき腹2本骨折。極めつけが名古屋市豪雨で周辺水没。裸足で出社。こんな不幸な年は、生まれてこの方初めてです。今はいたってHAPPYですが、いつ何時、去年のような災難が訪れるかと不安です。(相談者 入社9年目 男性)

-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 某情報出版会社社内報にて掲載。

A:人間には災いを予知する直感があるぜ。嫌な予感は当たるものだぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!
四柱推命だぜ!
 アメリカの大統領は人類の未来を決断するぜ。核兵器のボタンには俺たちの想像を絶するプレッシャーがあるぜ。大統領は自分のブレーンとして占い師を複数抱えていると言われているぜ。話のフェーズをお前に戻すと、お前の鼻血は人類には影響はないがお前にとっては核兵器以上に重要だぜ。つまりお前も占い師をブレーンに持つ必要があるということだぜ。四柱推命だぜ!俺には三人の占いブレーンがいるが、鼻血系の災い予測には最適だぜ。いつでもブレーンを紹介するぜ。ただしお前は名古屋だぜ。まずは周辺で聞き込み調査をすることだぜ。ちなみにディテールの繊細な恋愛ものはタロットと水晶玉占いだぜ!今世紀も元気に生きるために占いをポジティブに活用しようぜ。散々な一年は振り返って気づくよりも、あらかじめ予測できていたほうが精神衛生上いいぜ!お前の鼻血は四柱推命だぜ、間違いないぜ。熱いぜ!

投稿者 admin : 13:20 | コメント (0) | トラックバック
 

安全を担保にして前に進め! 2006年5月15日
 

Q:将来やりたい仕事と向いている仕事って必ずしも一致しないと思うのですが、その場合どうすればいいんですか?(相談者 大学3年生 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 就職ジャーナル 00年9月号にて掲載。

A:将来の夢と現実にギャップはつきものだぜ!しかし、そこで止まってはいけないぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
安全を担保にして前に進め!
 俺も若い頃にはスターになるという夢があったぜ。しかし、それを目指すために苦労することも嫌だったぜ。
 結局リクルート社に入社して生活を安定させながら、バンド活動をやったりさまざまなトライ&エラーを繰り返して、今は社長をやっているぜ。
 いいか、夢はトライしてみて諦められるぜ!そして夢のために人生を止めることも無意味だぜ!!まずは自立することから始めろ!
 誰に頼ることなく、生活の基礎をしっかりと固めておけ!そのために就職しろ!!それからがお前の夢に向けてのスタートだぜ。日々の生活に流され自分を見失っていく多くのサラリーマンの中にあって、お前だけは夢に向かってトライしているぜ!それは今は少しの違いであっても10年後は絶対的大きな違いとなっているぜ!
 就職はゴールでなくスタートだぜ。頑張って就職活動に専念して欲しいぜ。熱いぜ!!

投稿者 admin : 13:50 | コメント (0) | トラックバック
 

創作ステージに変更しろ! 2006年5月12日
 

Q:最近心の底から「楽しい」と思えることが減ってきています。正確には「楽しい」の回数は変化していないのですが、一回一回の質が色褪せてきてるというか。どれも経験した事のある「楽しさ」の、多少のヴァージョン違いでしかない気がするんです。これまでの「楽しさ」から類推できるものばかりなんじゃないかと思うと、脱力のあまり口が半開きになってしまいます。自分でも、どこか間違ってる気はするんですが、どこでしょう?(相談者 荒川区 会社員 男性 25歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年3月号にて掲載。

A:お前の悩みはきっと誰もが感じているに違いないぜ。むしろ色褪せる楽しさに気付いたお前の感性は素晴らしいぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①色褪せている現実を楽しめ!
 昔を懐かしむ事は日常的に出来ないものだぜ。お前は楽しさが色褪せてると自覚出来る強さがあるぜ。楽しくないなあと思った瞬間に、過去の楽しかった思い出にワープ出来るぜ。俺は上京して初めて行った彼女との軽井沢というのがとても印象に残っているぜ。その後その彼女とも別の女性とも何度も軽井沢に行っているが、軽井沢での楽しさは減少していく一方だぜ。何故か14年前の初めての軽井沢にワープしてしまうぜ。いいか、今の楽しさが色褪せるからこそ、思い出が美しく浮かび上がるぜ。心に沁みる楽しさを大切にしようぜ、熱いぜ!
②ステージを変えろ!
 例えば本を読んでいても同様の現象が起きるぜ。推理小説は読めば読むほど、展開が予測出来るものだぜ。そして犯人が予測出来てしまえばしまうほど、つまらないものだぜ。そういう時はお前が作家になってほしいぜ!つまり読者ステージから創作ステージに変更しろという事だぜ。クリエイティブな創作活動をしている人たちの多くは、このようなステージ変更が基本となっているぜ。俺だったらこいつを犯人にして動機はこうするなどと、クリエイティブに考えながら読んでほしいという事だぜ。音楽についても同様だぜ。ステージを変える事で楽しさが倍増するぜ。頑張ってほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 15:35 | コメント (0) | トラックバック
 

ユーザーサービスこそ本質だぜ! 2006年5月10日
 

Q:提出書類がたくさんあります。頭では覚えきれず、手にメモをとるようになりました。通称「手メモ」。提出書類を書くことに追われて、本来の仕事であるお客様と接する時間が少なくなりました。伸び伸びと業務をこなすコツを教えてください。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年7月号にて掲載。

A:お前のスタンスは正しいぜ!小売業の本質は消費者サービスにあるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①報告書に慣れろ!
 社会人になって俺が一番驚いたことは、書類が多いことだぜ。最近は社内LANの発達によりペーパーレスが進んでいるが、やるべきことは一緒だぜ。この傾向は今後のお前のビジネス人生において増えることはあっても、減ることは絶対に有り得ないぜ!つまり早くそのサイクルに慣れろ!ということだぜ。サービスのために提出書類を忘れてしまうのは言い訳だし、ビジネスマン失格だぜ!そのいずれのことも同時にこなしてこそ、真のビジネスマンだぜ。俺は提出書類については、必ず手帳に欄を作り、記入していったぜ。毎朝出社前に手帳を見て、1日の仕事のイメージを作り、仕事をスタートさせたぜ。イメージとは、月間の提出書類がある日は何時にそれを記入し何時にFAXするのかを、しっかりスケジューリングすることだぜ。
 忘れっぽいお前が手に書き込むこともジャストアイデアだと思うが、あまりオシャレではないぜ。チャレンジして欲しいぜ、熱いぜ!!
②ユーザーサービスこそ本質だぜ!
 お前はお客様と接する時間をもっと欲しいと言っているが、それは大正解だぜ。アメリカのデパート、ノードストロームは、お客様にノーと言わないことで急成長を遂げたぜ。自店で販売していない車のタイヤの返品を受け付けたりして、消費者の間でそのサービス力が話題となり成長したぜ!
 お前はその大切なサービス精神を持っているぜ。その長所は絶対にいつまでも持ち続けて欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 08:50 | コメント (0) | トラックバック
 

結婚は女性に選択権を与えろ! 2006年5月 8日
 

Q:結婚したくありません。彼女の結婚話をかわすのが心苦しいです。
 今年で31歳。同期も学生時代の友達もほとんど結婚し、残っているのは僕だけ。3年付き合っている彼女はいますが、僕は結婚したくありません。理由は①結婚しても彼女にはイキイキしていてもらいたいので、仕事は続けて欲しい。それなら今の生活と何も変わらないような気がして、結婚する意味を感じない。②周りの人間がどんどんカムバック(離婚)している。③親戚付き合いが大嫌い。こんな僕はどうすればいいでしょうか。(相談者 入社9年目 男性)
--------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 某情報出版会社社内報にて掲載。

A:お前は結婚したくないのに結婚という現象を真剣に分析しているぜ!興味がないことに理論武装はいらないぜ!アドバイスするぜ、熱いぜ!!
彼女に選択権を与えろ!
 お前の中の明確な結婚否定論は誰にも変えることはできないぜ。しかし、彼女の中にある結婚待望論も同様だぜ!つまり、結婚話をかわしてはいけないということだぜ。価値観の違いを明確にし、お前は一歩たりとも歩み寄れないことを彼女に提示して欲しいぜ!そして今後交際を継続するか、しないのか彼女に選択させるべきだぜ!彼女に期待させてはいけないぜ。心苦しさから発生する“やさしさ”はもっといけないぜ。お前の価値観で彼女の人生を狂わせてはいけないぜ。結婚が世の中に対する責任だとすると、離婚は無責任ということになるぜ!俺は決してそうは思わないぜ。結婚はあくまでも当事者の問題であり、世の中(第三者)とは無関係だぜ。あまり大袈裟に考えず、俺のように結婚してダメだったら、離婚するという手もあるぜ。俺は離婚を誇りに思っているぜ。この感動はオリンピックの金メダルだぜ!お前にもメダリストの感動を共有して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 13:52 | コメント (0) | トラックバック
 

面接は自慢の場ではないぜ!相手のニーズを知って信頼を得られるトークをして欲しいぜ! 2006年5月 1日
 

Q:面接で自分の研究課題を話すと褒められるのですが、なぜか一向に内定が・・・。(相談者 T大学 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 34才 就職ジャーナル 00年8月号にて掲載。

A:お前は自分の“研究課題”に“人間とのコミュニケーション”をいうテーマを追加する必要があるぜ!建前と本音があるのが人間だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
 俺にはお前の就職活動の状況が手に取るように見えるぜ。きっとお前は自分をPRするために大学時代の研究課題を自己陶酔するほど熱く語っているが、はっきり言って面接担当者には全く興味のないテーマだぜ!面接は人間対人間のコミュニケーションだぜ。お前が話したいテーマよりも相手が何を聞きたがっているというニーズを発掘して欲しいぜ!
 ビジネスの世界ではコミュニケーションを通じて信頼度を確認するぜ。より相手に信頼を得るためにより深いコミュニケーション力が必要となるぜ。いいか、面接担当者が求めていることは、お前が「これからその会社に入り、会社を更によいものにできるのか?」ということだぜ!
 行った会社の事業展開プランや組織風土にマッチする、新たなる制度提案をぶつけてみろ!それでも面接担当者の心にフックがかからない時には、入社後1年間の具体的行動プランまで熱く語って欲しいぜ!
 そこまですれば必ず道は開けるぜ。お前にとって大きな大学時代の研究は、多くの学生を面接する人にとっては、たった一つの研究に過ぎないぜ。誰よりも相手を知り尽くしている心意気で勝負して欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 10:39 | コメント (0) | トラックバック
 

SOHOの時代だぜ! 2006年5月 1日
 

Q:生まれつきの持病のために、3~4年ごとに長期入院をしなくてはなりません。そのため、学校も休みがちで、現在大学院のほうも休業しています。こんな身体の弱い私でも、まともな仕事につけるのでしょうか。
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年2月号にて掲載。

A:お前のような真剣な奴は全然問題ないぜ。働く環境はどんどん変わっていくぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①SOHOの時代だぜ! 
お前の就職イメージに、スーツを着て出社をするという誤解はないか?21世紀は間違いなくSOHOの時代がやってくるぜ。俺の会社に家庭の事情で青森の実家に帰らなければならない社員がいたぜ。普通は退社という事になってしまうが、俺は考えたぜ。彼女は退社したくないのだからSOHOでいこうという事だぜ。インターネットと電話とFAXで全然問題ないぜ!お前も療養しながら、パソコンと電話でビジネス出来るぜ!SOHOだぜ。いいか20世紀の常識は捨てようぜ。全く新しい社会が訪れようとしているぜ。その時代のイメージリーダーだぜ、お前は。持病というマイナスをプラスに変えていくのもお前次第だぜ。自信を持ってほしいぜ、熱いぜ!!
②俺と一緒に人生相談だぜ!
 お前は俺のように様々な人にメッセージする仕事がいいかもしれないぜ!俺はお前のような持病がないから、そういう人の気持ちはよく分からないぜ。しかしお前のような悩みを持つ人は、間違いなくお前以外にもたくさんいるぜ。そういう人に正しいアドバイスが出来るのはお前だぜ。原稿を書くのはまさにSOHOと同じでいつでもどこでも出来るぜ。俺が言いたい事は諦めるな、そしてプラスに考えろ、という事だぜ。あまり一般的な人生イメージだけを持たずにお前しか出来ない、お前だからこそ出来る仕事観や人生観を持ってほしいぜ!全然問題ないぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 10:29 | コメント (0) | トラックバック
 

 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |