日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « メイクドラマでいこうぜ! | メイン | デートを国際化しようぜ! »
国家に憲法、家族に家法だぜ! 2006年4月26日
 

Q:私は妹と二人姉妹。長女の私がお婿さんをもらうか、嫁にいってもせめて孫だけは跡取りに残してくれと言われています。現在22歳。仕事が楽しいし、自分の思うように生きたい。私の生き方や考え方を両親に納得してもらうためのアドバイスをお願いします。(相談者 販売店勤務 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 99年5月号にて掲載。

A:熱いぜ!アメリカが発する自由主義と個人主義が浸透し、日本古来から継承されている家族主義が崩壊の危機だぜ!お前のような悩みは時代を反映しているぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①憲法改正だぜ!
 国会憲法があるように、お前の家族にも家法というルールがあるぜ。お前を苦しめる両親の願望は、願望ではなく家法だぜ!つまり、基本的にはお前は家法(願望)に答える義務があるぜ。それは俺たちが憲法を守ることと同じだぜ。ただし、時代はどんどん新しいルールを創り、どの家庭もその軸は個人自由主義に向かっているのも事実だぜ。家法改正して欲しいぜ!日本国憲法を改正するには国民投票という大きなパワーが必要だぜ。それと同様に家法を改正するには両親への説得や親戚への説得などお前にとっては鼻血が出そうなパワーがかかるぜ。そうであってもルールの改正はきっちり筋を通して欲しいぜ。もともとある家法という最少のコミュニケーションルールが崩壊したから日本は骨抜きになっているぜ。それを思えばお前の両親は骨があって大健在だぜ。他者比較してもしようがないぜ。家法を不憫に思ってもしようがないぜ。骨があるルールだからこそ改正にパワーを注いで欲しいぜ!熱いぜ!!
②まだ22歳だぜ!
 お前はまだ22歳だぜ。家法を改正するには5年はかかるぜ。お前が結婚に対してもつ価値観と両親が望む価値観との妥協点を見つけるように努力していれば、必ず理解してくれるぜ。まず、仕事を通じてお前が骨のある社会人になるのが最短距離だぜ!足元を見つめ直そうぜ、熱いぜ!!

A:熱いぜ!アメリカが発する自由主義と個人主義が浸透し、日本古来から継承されている家族主義が崩壊の危機だぜ!お前のような悩みは時代を反映しているぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
①憲法改正だぜ!
 国会憲法があるように、お前の家族にも家法というルールがあるぜ。お前を苦しめる両親の願望は、願望ではなく家法だぜ!つまり、基本的にはお前は家法(願望)に答える義務があるぜ。それは俺たちが憲法を守ることと同じだぜ。ただし、時代はどんどん新しいルールを創り、どの家庭もその軸は個人自由主義に向かっているのも事実だぜ。家法改正して欲しいぜ!日本国憲法を改正するには国民投票という大きなパワーが必要だぜ。それと同様に家法を改正するには両親への説得や親戚への説得などお前にとっては鼻血が出そうなパワーがかかるぜ。そうであってもルールの改正はきっちり筋を通して欲しいぜ。もともとある家法という最少のコミュニケーションルールが崩壊したから日本は骨抜きになっているぜ。それを思えばお前の両親は骨があって大健在だぜ。他者比較してもしようがないぜ。家法を不憫に思ってもしようがないぜ。骨があるルールだからこそ改正にパワーを注いで欲しいぜ!熱いぜ!!
②まだ22歳だぜ!
 お前はまだ22歳だぜ。家法を改正するには5年はかかるぜ。お前が結婚に対してもつ価値観と両親が望む価値観との妥協点を見つけるように努力していれば、必ず理解してくれるぜ。まず、仕事を通じてお前が骨のある社会人になるのが最短距離だぜ!足元を見つめ直そうぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年4月26日 12:04

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/106

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |