日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 合コンは幹事役をバーターしろ! | メイン | お前にマッチする企業をとことん探せ! »
ライオンの崖下戦法だぜ! 2006年4月19日
 

Q:弟のことで真剣に悩んでいます。弟は今年大学を卒業しましたが、定職にも就かず、アルバイトもせず、一日中家にいます。毎日、ファミコンをしたり、マンガを読んだりと、好きな事ばかりしているのです。彼は対人恐怖症の気があり、わりとおとなしい性格です。でも就職活動もせず、両親からも何も言われない弟に腹が立ってたまりません。怒りのアドバイスをお願いいたします。(相談者 28歳 会社員 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ダ・ヴィンチ 99年1月号にて掲載。

A:お前はとても熱い姉さんだぜ!お前のような奴が家族に一人いたら日本社会が復活するぜ!弟についてアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①両親を説得しようぜ!
 お前は弟に腹を立てているが俺は両親に腹が立つぜ!対人恐怖症などの精神的病いは幼少期に問題がある事が多いぜ。つまり、親子のコミュニケーションや関わりに原因があるという事だぜ。お前は両親に怒られない弟を問題視しているが、まずは両親の弟に対する甘やかしたスタンスを改善するように説得してほしいぜ。働く事が全てとは思わないが、学校を卒業して一度もチャレンジしてない奴が「働く」ことを良いとか悪いとか判断出来ないぜ。お前が怒るのは当然の感性だぜ!だからこそ明らかに感性のずれている両親と決着をつけてほしいぜ、熱いぜ!
②「働く」理由をマネージしようぜ!
 俺は働くという事を絶対的なものとは思わないぜ。ホームレスにはホームレスの価値観やスタンスがあるからだぜ。そう意味で弟は人の世話になり生きている事に問題があるぜ。あえて一人暮らしをさせようぜ!ホームレスはマンガを読みたければゴミ箱をあさって探しあてるという努力行為をしているぜ。マンガはそのインセンティブとして与えられているぜ。弟のようになんの努力もしないでインセンティブにありつける奴など存在しないぜ!まずは肌で感じさせようぜ。可愛い弟だからこそ心を鬼にして家から追放し、一人暮らしだぜ、ライオンの崖下戦法だぜ、熱いぜ!!

A:お前はとても熱い姉さんだぜ!お前のような奴が家族に一人いたら日本社会が復活するぜ!弟についてアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①両親を説得しようぜ!
 お前は弟に腹を立てているが俺は両親に腹が立つぜ!対人恐怖症などの精神的病いは幼少期に問題がある事が多いぜ。つまり、親子のコミュニケーションや関わりに原因があるという事だぜ。お前は両親に怒られない弟を問題視しているが、まずは両親の弟に対する甘やかしたスタンスを改善するように説得してほしいぜ。働く事が全てとは思わないが、学校を卒業して一度もチャレンジしてない奴が「働く」ことを良いとか悪いとか判断出来ないぜ。お前が怒るのは当然の感性だぜ!だからこそ明らかに感性のずれている両親と決着をつけてほしいぜ、熱いぜ!
②「働く」理由をマネージしようぜ!
 俺は働くという事を絶対的なものとは思わないぜ。ホームレスにはホームレスの価値観やスタンスがあるからだぜ。そう意味で弟は人の世話になり生きている事に問題があるぜ。あえて一人暮らしをさせようぜ!ホームレスはマンガを読みたければゴミ箱をあさって探しあてるという努力行為をしているぜ。マンガはそのインセンティブとして与えられているぜ。弟のようになんの努力もしないでインセンティブにありつける奴など存在しないぜ!まずは肌で感じさせようぜ。可愛い弟だからこそ心を鬼にして家から追放し、一人暮らしだぜ、ライオンの崖下戦法だぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年4月19日 09:40

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/103

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |