日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 国家に憲法、家族に家法だぜ! | メイン | SOHOの時代だぜ! »
デートを国際化しようぜ! 2006年4月28日
 

Q:遠距離恋愛の方法を教えてください。
 転勤になり、遠距離恋愛になってしまいました。遠距離恋愛を持続させる方法を教えてください。(相談者 24歳 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33歳 B-ing 99年1月号にて掲載。

A:俺は様々な遠距離恋愛の悲劇を知っているぜ。愛があってもどうしようもないことがあるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①現実を直視しようぜ!
 何故、遠距離恋愛はヤバイのか?を説明するぜ。本来不動の愛があれば毎日の電話で持続できるはずだぜ。しかし人間にはどうしても誰かが一緒にいて欲しい時があるぜ。例えば仕事のトラブルや家族・友人とのトラブルなどだぜ。そういう時に愛する人が傍にいないというのはリスクだぜ。つまり誰かと一緒にいたい気持ちが優先されるため、身近な異性に話を聞いてもらおうとするぜ。それが新しい愛の始まりだぜ。これを『遠くのステーキよりも近くの納豆』だと俺は呼んでいるぜ!愛があっても愛は崩壊するという現実を直視して欲しいぜ。お前にとってのリスク時(彼女が淋しい時)は何をおいても駆けつけるフットワークが必要だぜ、熱いぜ!!
②デートを国際化しようぜ!
 遠距離恋愛のポイントのもう一つはいかに密度の濃いデートを創造できるかということだぜ。今どき国内線の移動料金があれば海外ツアーに行けてしまうぜ。いっそのこと海外デートを日常化して欲しいぜ。国内の視野で発想すると遠距離に感じるが、海外から見ると成田空港に着こうが名古屋空港に着こうが単なる国内の乗り継ぎ程度にしか感じないぜ。つまり海外に行き慣れている人ほど日本は狭いという実感を持てるということだぜ。だからデートを国際化し、密度の濃いデートをしながら遠距離という認識を変えていって欲しいということだぜ!お前にとって絶対にいい方向に進むことは間違いないぜ。これからは実に国際化が進むぜ。フラッと食事に行って来ると言って韓国で焼肉を食べようぜ!一杯どう?と誘って上海でラオチューを飲もうぜ!全然問題ないぜ、熱いぜ!!

A:俺は様々な遠距離恋愛の悲劇を知っているぜ。愛があってもどうしようもないことがあるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①現実を直視しようぜ!
 何故、遠距離恋愛はヤバイのか?を説明するぜ。本来不動の愛があれば毎日の電話で持続できるはずだぜ。しかし人間にはどうしても誰かが一緒にいて欲しい時があるぜ。例えば仕事のトラブルや家族・友人とのトラブルなどだぜ。そういう時に愛する人が傍にいないというのはリスクだぜ。つまり誰かと一緒にいたい気持ちが優先されるため、身近な異性に話を聞いてもらおうとするぜ。それが新しい愛の始まりだぜ。これを『遠くのステーキよりも近くの納豆』だと俺は呼んでいるぜ!愛があっても愛は崩壊するという現実を直視して欲しいぜ。お前にとってのリスク時(彼女が淋しい時)は何をおいても駆けつけるフットワークが必要だぜ、熱いぜ!!
②デートを国際化しようぜ!
 遠距離恋愛のポイントのもう一つはいかに密度の濃いデートを創造できるかということだぜ。今どき国内線の移動料金があれば海外ツアーに行けてしまうぜ。いっそのこと海外デートを日常化して欲しいぜ。国内の視野で発想すると遠距離に感じるが、海外から見ると成田空港に着こうが名古屋空港に着こうが単なる国内の乗り継ぎ程度にしか感じないぜ。つまり海外に行き慣れている人ほど日本は狭いという実感を持てるということだぜ。だからデートを国際化し、密度の濃いデートをしながら遠距離という認識を変えていって欲しいということだぜ!お前にとって絶対にいい方向に進むことは間違いないぜ。これからは実に国際化が進むぜ。フラッと食事に行って来ると言って韓国で焼肉を食べようぜ!一杯どう?と誘って上海でラオチューを飲もうぜ!全然問題ないぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年4月28日 10:54

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/107

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |