日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 高齢者接客はヨネスケ攻撃でいこうぜ! | メイン | 人生の担保となる資格は存在しないぜ! »
思い込むな! 2006年3月29日
 

Q:私は20歳の会社員です。最近まで男性と付き合ったことがなかったのですが、この春、初めて彼氏というものができました。でも、デートで一緒に食事をしても未だにほとんどゴハンを食べることができません。緊張しているし、パクパクと食べる女よりは、小食な女でなくちゃ、という気持ちがそうさせてしまうのです。一緒にいる間はトイレもできるだけ我慢しています。
 しかし、このことを友達に話すと「そんなに無理をしていたら続かないよ」と勝手なことを言います。そうかなーと思いながらも、緊張感や恥じらいを無くしたら女として終わり、今のままでいいんだ、という気持ちもあります。大條さんはどう思いますか?(相談者 20歳 女性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 32才 ふぉれんと 98年11月号にて掲載。

A:初めて異性と付き合う時は誰でも緊張するぜ。特にファーストキスの時はレモンの味がしたぜ。俺も青春時代を思い出してアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①思い込みはやめようぜ!
 お前は緊張しているから客観的に判断できないぜ。俺はレストランで美味しい料理を食べる相手は一緒にたくさん食べてくれる女性がいいぜ。そしてシェフに料理を一緒に大絶賛できる女性がいいぜ!つまりお前が考える恥じらいというテーマは男に対する絶対的切り札ではないということを理解して欲しいぜ。今はお前がそう思い込みたいということだぜ。きっとお前の彼もそんなお前のことを好きになったと思うから今は問題ないぜ。但しこれからの長い人生においては様々な人と付き合っていくことになるぜ。その時はお前の思い込みを捨てる必要があるぜ。女性としての価値は多角的なものであり、受け入れる男によっても変化するものだぜ。そういう現実をまずはしっかりと考えて欲しいぜ、熱いぜ!!
②お前のパターンを創ろうぜ!
 お前のように若い時には相手のパターンに合わせていくことを幸せに感じるが、自分のパターンに合わせてくれる男のことも考えてみようぜ。つまりお前が緊張せずに牛丼を食べたいと思った時にナチュラルに一緒に行ける男という意味だぜ。お前は緊張したデートに満足しているから今を肯定したいだけだぜ。それに疲れた時にはお前のパターンに合わせる男が絶対に必要になるぜ。その時にはお前が一番リラックスできるパターンを創る必要があるぜ。相手のパターンに合わせることしかできない人(男も女も)は結果的に自分のパターンを創ることができず、疲れた人生を送ってしまうぜ。将来そのようにならないためにも今から少しは考えておこうぜ。わがままに生きることは決して下品なことではないぜ。お前らしく人生を送るための必要条件だぜ。頑張って欲しいぜ、熱いぜ!!

A:初めて異性と付き合う時は誰でも緊張するぜ。特にファーストキスの時はレモンの味がしたぜ。俺も青春時代を思い出してアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①思い込みはやめようぜ!
 お前は緊張しているから客観的に判断できないぜ。俺はレストランで美味しい料理を食べる相手は一緒にたくさん食べてくれる女性がいいぜ。そしてシェフに料理を一緒に大絶賛できる女性がいいぜ!つまりお前が考える恥じらいというテーマは男に対する絶対的切り札ではないということを理解して欲しいぜ。今はお前がそう思い込みたいということだぜ。きっとお前の彼もそんなお前のことを好きになったと思うから今は問題ないぜ。但しこれからの長い人生においては様々な人と付き合っていくことになるぜ。その時はお前の思い込みを捨てる必要があるぜ。女性としての価値は多角的なものであり、受け入れる男によっても変化するものだぜ。そういう現実をまずはしっかりと考えて欲しいぜ、熱いぜ!!
②お前のパターンを創ろうぜ!
 お前のように若い時には相手のパターンに合わせていくことを幸せに感じるが、自分のパターンに合わせてくれる男のことも考えてみようぜ。つまりお前が緊張せずに牛丼を食べたいと思った時にナチュラルに一緒に行ける男という意味だぜ。お前は緊張したデートに満足しているから今を肯定したいだけだぜ。それに疲れた時にはお前のパターンに合わせる男が絶対に必要になるぜ。その時にはお前が一番リラックスできるパターンを創る必要があるぜ。相手のパターンに合わせることしかできない人(男も女も)は結果的に自分のパターンを創ることができず、疲れた人生を送ってしまうぜ。将来そのようにならないためにも今から少しは考えておこうぜ。わがままに生きることは決して下品なことではないぜ。お前らしく人生を送るための必要条件だぜ。頑張って欲しいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年3月29日 09:23

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/93

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |