日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « その走る姿への憧れ、夢や希望がそこにあるぜ! | メイン | 夫婦の問題は唯一夫婦の合意によって解決しろ! »
家族の悩みは橋田寿賀子で解決しろ! 2006年3月13日
 

Q:今年1月に結婚しました。母親から妻の愚痴を聞かされ、完全に板挟み状態。会社でも店長や課長と担当者やパートタイマーさんとの間で板挟み。こんな場合、どう対応すればいいのでしょう。アドバイスをお願いします。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 32才 DAI好き 98年10月号にて掲載。

A:お前は日本のサラリーマンの象徴だぜ!会社においても家庭においても板挟みで苦しんでいるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①橋田寿賀子だぜ!
 『渡る世間は鬼ばかり』を知っているか?日常の家族の出来事が大袈裟に展開されるぜ。例えば4人姉妹の誰もがお盆にもかかわらず実家に帰ってこないことで、お父さん役の藤岡琢也(サッポロラーメンの人)は夜も眠れないぜ!今どき“お盆”に大いなる求心力を期待するのは、橋田寿賀子ストーリー以外にはないぜ。ここからがアドバイスだぜ。そんな日常性が高くて大袈裟なストーリーが高視聴率とってしまうのはなぜか?それは多かれ少なかれ、その内容に共感性があるからだぜ!つまりお前のような悩みは誰もが持っているということだぜ。そしてみんなが体験する日常のささやかなストレスだからこそ、楽しんで欲しいぜ。俺には提案があるぜ。二女の泉ピン子は常に姑に勝手なことを言われ、耐えているぜ。お前は橋田ストーリーの泉ピン子だぜ。どれだけ耐えられるかをピン子と競って欲しいぜ、熱いぜ!!
②人間関係の基本はヒアリングだぜ!
 板挟みでどちらかに加担をしても好転するイメージがない時は、徹底した同調ヒアリングにしようぜ!愚痴というのは聞いて欲しいものだぜ。決して何かのアクションを期待してグチるわけではないぜ。そんな状況の中でお前が正義感をもって奥さんとお母さんの間に立っても、ナンセンスだぜ!お母さんには奥さんがダメだということを同調して、奥さんにはお母さんがダメだということを同調しようぜ!気持ちの一体化のために人はグチるものだぜ。正義感は美しいが、どんどん時間と精神を消耗していくこともあるぜ。意に反した同調で自分自身のコンディションを整えることも大切だぜ、熱いぜ!!

A:お前は日本のサラリーマンの象徴だぜ!会社においても家庭においても板挟みで苦しんでいるぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!!
①橋田寿賀子だぜ!
 『渡る世間は鬼ばかり』を知っているか?日常の家族の出来事が大袈裟に展開されるぜ。例えば4人姉妹の誰もがお盆にもかかわらず実家に帰ってこないことで、お父さん役の藤岡琢也(サッポロラーメンの人)は夜も眠れないぜ!今どき“お盆”に大いなる求心力を期待するのは、橋田寿賀子ストーリー以外にはないぜ。ここからがアドバイスだぜ。そんな日常性が高くて大袈裟なストーリーが高視聴率とってしまうのはなぜか?それは多かれ少なかれ、その内容に共感性があるからだぜ!つまりお前のような悩みは誰もが持っているということだぜ。そしてみんなが体験する日常のささやかなストレスだからこそ、楽しんで欲しいぜ。俺には提案があるぜ。二女の泉ピン子は常に姑に勝手なことを言われ、耐えているぜ。お前は橋田ストーリーの泉ピン子だぜ。どれだけ耐えられるかをピン子と競って欲しいぜ、熱いぜ!!
②人間関係の基本はヒアリングだぜ!
 板挟みでどちらかに加担をしても好転するイメージがない時は、徹底した同調ヒアリングにしようぜ!愚痴というのは聞いて欲しいものだぜ。決して何かのアクションを期待してグチるわけではないぜ。そんな状況の中でお前が正義感をもって奥さんとお母さんの間に立っても、ナンセンスだぜ!お母さんには奥さんがダメだということを同調して、奥さんにはお母さんがダメだということを同調しようぜ!気持ちの一体化のために人はグチるものだぜ。正義感は美しいが、どんどん時間と精神を消耗していくこともあるぜ。意に反した同調で自分自身のコンディションを整えることも大切だぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年3月13日 10:13

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/86

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |