日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 世界特許のプロテイン | メイン | 「忙しくて何もできない」なんて意志薄弱者の戯言だぜ! »
前だけ見て突っ走れ! 2006年2月17日
 

Q:ゼミでやっていることがまったく就職と無関係。時間のロスのような気がしてなりません。(相談者 大学3年生 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 35才 就職ジャーナル 00年1月号にて掲載。

A:大学生の多くはゼミの内容と将来のキャリアとのギャップに悩んでいるぜ。アドバイスするぜ。熱いぜ!!
人生に無駄なことはないぜ
 俺は高校を卒業してリクルートに入社したぜ。18~20歳までの俺の会社でのミッションは、「従業員用の缶ジュース自販機における売り切れの撲滅」だったぜ。毎日毎日ジュースの売り切れをデータで把握し、売れるジュースを2レーンにしたり3レーンにしたりすることで、そのミッションを遂行したぜ。初めはメーカーに巡回頻度を上げてくれるよう交渉したのだが、それだけでは追いつかなかったからぜ。それでレーンの変更を考えたわけだぜ。当時は「なんて暇なことをさせる会社なんだろう!?」と疑問を持っていたぜ。だが、今ならばその意味がよくわかるぜ。従業員が働くために快適な環境を整えるのが総務部のミッションであり、自販機のような誰も気にしないところにさえ、その姿勢は徹底されなければならないぜ。これはプロの仕事だぜ!
 いいか、人生に無駄なことなんかないんだぜ!俺がお前ぐらいのころは自販機担当だぜ。よっぽどゼミのほうがプラスになるぜ。ゼミを頑張ってほしいぜ。お前次第で「今」を将来生かすことも十分できると思うぜ。とにかく今すぐ答えを求めると行き詰るぜ。熱いぜ!!

A:大学生の多くはゼミの内容と将来のキャリアとのギャップに悩んでいるぜ。アドバイスするぜ。熱いぜ!!
人生に無駄なことはないぜ
 俺は高校を卒業してリクルートに入社したぜ。18~20歳までの俺の会社でのミッションは、「従業員用の缶ジュース自販機における売り切れの撲滅」だったぜ。毎日毎日ジュースの売り切れをデータで把握し、売れるジュースを2レーンにしたり3レーンにしたりすることで、そのミッションを遂行したぜ。初めはメーカーに巡回頻度を上げてくれるよう交渉したのだが、それだけでは追いつかなかったからぜ。それでレーンの変更を考えたわけだぜ。当時は「なんて暇なことをさせる会社なんだろう!?」と疑問を持っていたぜ。だが、今ならばその意味がよくわかるぜ。従業員が働くために快適な環境を整えるのが総務部のミッションであり、自販機のような誰も気にしないところにさえ、その姿勢は徹底されなければならないぜ。これはプロの仕事だぜ!
 いいか、人生に無駄なことなんかないんだぜ!俺がお前ぐらいのころは自販機担当だぜ。よっぽどゼミのほうがプラスになるぜ。ゼミを頑張ってほしいぜ。お前次第で「今」を将来生かすことも十分できると思うぜ。とにかく今すぐ答えを求めると行き詰るぜ。熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年2月17日 10:29

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/76

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |