日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 金魚だぜ! | メイン | 親を精神的に追い越せ! »
若い奴ら、ガンガン声を出せ! 2006年2月10日
 

Q:私は入社以来、青果一筋。生鮮は活気が勝負なのに、若手社員はおとなしい。もっと活気のある明るい職場にしたい。みんなが自発的に声を出す、いい教育方法はありますか。(相談者 販売店勤務 男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 DAI好き 98年6月号にて掲載。

A:商売に掛け声は欠かせないぜ!リクルートも俺が入社した時には毎朝掛け声だったぜ。ところが今ではトンとそんなシーンを見かけないぜ。対策をアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①ロジカルに説得だぜ!
 気持ちよりも理屈を先に求めるのが近年の特徴だぜ。そんな奴らにはロジックで勝負だぜ。企業というのは、商業的利益の追求以外に存在理由は無いぜ。企業人(組織人)として自分が属する企業に利益をもたらさなければ、存在価値が無いということだぜ。青果をいかに効率よく売るか?俺は消費者として声が出ている活気ある売り場に商品の新鮮さを感じるぜ。そのことをロジックで証明しようぜ。例えばある週はベテラン派の声出し戦法、ある週は若手の声なし戦法の勝負だぜ。売上実績で証明されれば、企業の存在理由で声を出さざるを得ないぜ。そのロジックを、俺は敢えて一対一で説明することを勧めるぜ。一対一の真剣な説得には、人間弱いものだぜ。敢えて時間をとって実行してほしいぜ。商売は甘くないことを、真剣ロジック勝負で決着をつけようぜ、熱いぜ!!
②若い奴ら、ガンガン声を出せ!
 若い奴らにも言いたいぜ。先輩がお前たちのことを真剣に心配しているぜ。ガンガン声を出してみろ!お前たちの迷いはキャディーの「ファー!」のように青空に吹っ飛んでいくぜ。気持ちもスッキリ、売り上げも上がってダブルハッピーだぜ!俺のアドバイスを実行してほしいぜ、熱いぜ!!

A:商売に掛け声は欠かせないぜ!リクルートも俺が入社した時には毎朝掛け声だったぜ。ところが今ではトンとそんなシーンを見かけないぜ。対策をアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①ロジカルに説得だぜ!
 気持ちよりも理屈を先に求めるのが近年の特徴だぜ。そんな奴らにはロジックで勝負だぜ。企業というのは、商業的利益の追求以外に存在理由は無いぜ。企業人(組織人)として自分が属する企業に利益をもたらさなければ、存在価値が無いということだぜ。青果をいかに効率よく売るか?俺は消費者として声が出ている活気ある売り場に商品の新鮮さを感じるぜ。そのことをロジックで証明しようぜ。例えばある週はベテラン派の声出し戦法、ある週は若手の声なし戦法の勝負だぜ。売上実績で証明されれば、企業の存在理由で声を出さざるを得ないぜ。そのロジックを、俺は敢えて一対一で説明することを勧めるぜ。一対一の真剣な説得には、人間弱いものだぜ。敢えて時間をとって実行してほしいぜ。商売は甘くないことを、真剣ロジック勝負で決着をつけようぜ、熱いぜ!!
②若い奴ら、ガンガン声を出せ!
 若い奴らにも言いたいぜ。先輩がお前たちのことを真剣に心配しているぜ。ガンガン声を出してみろ!お前たちの迷いはキャディーの「ファー!」のように青空に吹っ飛んでいくぜ。気持ちもスッキリ、売り上げも上がってダブルハッピーだぜ!俺のアドバイスを実行してほしいぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年2月10日 11:09

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/73

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |