日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 結婚したくない理由を明確にしようぜ! | メイン | 親しき仲にも礼儀だぜ! »
自分が社会に提供できる価値について考えろ! 2006年1月25日
 

Q:僕の目標はフェラーリです。どんな仕事をしたらいち早くフェラーリを手に入れられますか?(相談者 大学3年生・男性)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 就職ジャーナル 99年9・10月号にて掲載。

A:お前は人生を考え直す必要があるぜ!フェラーリのために人生を捨てられるか!?俺にはまったくお前が理解できないぜ!アドバイスするぜ!熱いぜ!!
①目的を間違うな!
 企業が経常利益のことをなぜ、付加価値と呼ぶのか。その理由を考えたことがあるか?答えは社会に対する価値を提供することの対価として商業的利益がついてくるから、だぜ!個人に置き換えると、社会的価値を追求する企業の一員としてその一部を担うことにおいての対価として給料が存在するということになるんだぜ。つまり給料の蓄積の結果としてフェラーリが実現するというわけだぜ。働く目的を間違ってはいけないぜ。今、お前が考え直すことは、いかに社会や入社する企業に価値を提供できるか、ということだぜ。もし、お前がフェラーリのために会社を設立したとしても、誰一人としてお前を支持する取引先はなく、赤字倒産が関の山だろうぜ。俺が言いたいのは、金儲けを考えて商業活動をしてもまったく意味が無いということだぜ。社会に名を残し、その結果としてフェラーリに乗っているような人の多くは俺が言っている目的の順番を理解している人たちだぜ。その仲間入りのためにも、お前自身のレベルアップを期待するぜ。熱いぜ!!
②サラリーマンの生涯賃金は2億円!
 と、言われているぜ。これでフェラーリを買うのはちと難しいと俺は思うぜ。とするとだな、お前は企業に就職しても意味がないのに就職活動をしている矛盾野郎ということになるぜ。すぐさま『じゃマ~ル』や『アントレ』に自分を売り込む広告を出し起業してほしいぜ。アクションだぜ。お前のような中途半端な奴はアクションする癖をつける必要があるぜ。だがなあ、起業ってのはフェラーリのようにかっこいいものではなく、泥臭いものなんだぜ。熱いぜ!!

A:お前は人生を考え直す必要があるぜ!フェラーリのために人生を捨てられるか!?俺にはまったくお前が理解できないぜ!アドバイスするぜ!熱いぜ!!
①目的を間違うな!
 企業が経常利益のことをなぜ、付加価値と呼ぶのか。その理由を考えたことがあるか?答えは社会に対する価値を提供することの対価として商業的利益がついてくるから、だぜ!個人に置き換えると、社会的価値を追求する企業の一員としてその一部を担うことにおいての対価として給料が存在するということになるんだぜ。つまり給料の蓄積の結果としてフェラーリが実現するというわけだぜ。働く目的を間違ってはいけないぜ。今、お前が考え直すことは、いかに社会や入社する企業に価値を提供できるか、ということだぜ。もし、お前がフェラーリのために会社を設立したとしても、誰一人としてお前を支持する取引先はなく、赤字倒産が関の山だろうぜ。俺が言いたいのは、金儲けを考えて商業活動をしてもまったく意味が無いということだぜ。社会に名を残し、その結果としてフェラーリに乗っているような人の多くは俺が言っている目的の順番を理解している人たちだぜ。その仲間入りのためにも、お前自身のレベルアップを期待するぜ。熱いぜ!!
②サラリーマンの生涯賃金は2億円!
 と、言われているぜ。これでフェラーリを買うのはちと難しいと俺は思うぜ。とするとだな、お前は企業に就職しても意味がないのに就職活動をしている矛盾野郎ということになるぜ。すぐさま『じゃマ~ル』や『アントレ』に自分を売り込む広告を出し起業してほしいぜ。アクションだぜ。お前のような中途半端な奴はアクションする癖をつける必要があるぜ。だがなあ、起業ってのはフェラーリのようにかっこいいものではなく、泥臭いものなんだぜ。熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年1月25日 13:04

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/66

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |