日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 06年が明けたぜ!熱いぜ!! | メイン | 恋か内定かどちらかに決めて突っ走るべきだぜ »
文章力より感性だぜ! 2006年1月13日
 

Q:人と接するのが苦手なので、家にこもって、せっせと投稿に精を出しています。でも、私には文章力というものがまるでないんです。こんな私でもエッセイが書けるのでしょうか。こうすればうまく書けるようになるというコツのようなものがあったら教えて下さい。(相談者 那覇市在住 うまくなりたい専業主婦 35歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 32才 ダ・ヴィンチ 98年8月号にて掲載。

A:エッセイを書くというのはオシャレだぜ。ただしお前が考える文章力には疑問があるぜ。俺がアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①目的をはっきりさせようぜ! 
 日本では年間に約6万冊の書籍が出版されているぜ。俺が思うに年間5万人くらいは俺と同様に本を出しているぜ。つまり、出版するという事はお前が考えるよりもスーパーな事ではないという事だぜ!問題は本を書く事で生計を立てる事だぜ。まず書く目的をはっきりさせようぜ!無意味なパワーほど空しいものはないぜ。お前をエッセイに向かわせるものはいったい何なのかを俺は知りたいぜ!もし趣味や時間潰しであれば文章力は関係ないぜ。どんどん書こうぜ。お前を邪魔するものは何もないぜ、熱いぜ!!
②文章力より感性だぜ! 
 お前は大切な事を誤解しているぜ。人をひきつける文章とは書くスキルではなく、物事をとらえる感受性にポイントがあるぜ。俺に文章力は全く無いし、難しい比喩法などのスキルはいらないぜ。それは俺が感じる人間観や人生観のほうがメッセージとして重要だと思っているからだぜ。エッセイを書くのであれば、自分の感性を高める事に注力しようぜ。人と同じ感じ方しか出来ない奴のエッセイは、小学生の作文になってしまうぜ。感性を磨こうぜ、熱いぜ!!
③日常性だぜ! 
 窓から射し込む朝日を見てお前は何を感じるか?窓の大きさと太陽の角度によって射し込む光の面積は変動するぜ。もし魔法の凸ガラスがあって部屋中に光が入ってくるとしたら、人間の朝はとてもハッピーだぜ。要は何気ない時間に何を感じる事が出来るかが大切だという事だぜ。肩に力をいれずに日常的な感性から訓練しようぜ、熱いぜ!!

A:エッセイを書くというのはオシャレだぜ。ただしお前が考える文章力には疑問があるぜ。俺がアドバイスするぜ、熱いぜ!!
①目的をはっきりさせようぜ! 
 日本では年間に約6万冊の書籍が出版されているぜ。俺が思うに年間5万人くらいは俺と同様に本を出しているぜ。つまり、出版するという事はお前が考えるよりもスーパーな事ではないという事だぜ!問題は本を書く事で生計を立てる事だぜ。まず書く目的をはっきりさせようぜ!無意味なパワーほど空しいものはないぜ。お前をエッセイに向かわせるものはいったい何なのかを俺は知りたいぜ!もし趣味や時間潰しであれば文章力は関係ないぜ。どんどん書こうぜ。お前を邪魔するものは何もないぜ、熱いぜ!!
②文章力より感性だぜ! 
 お前は大切な事を誤解しているぜ。人をひきつける文章とは書くスキルではなく、物事をとらえる感受性にポイントがあるぜ。俺に文章力は全く無いし、難しい比喩法などのスキルはいらないぜ。それは俺が感じる人間観や人生観のほうがメッセージとして重要だと思っているからだぜ。エッセイを書くのであれば、自分の感性を高める事に注力しようぜ。人と同じ感じ方しか出来ない奴のエッセイは、小学生の作文になってしまうぜ。感性を磨こうぜ、熱いぜ!!
③日常性だぜ! 
 窓から射し込む朝日を見てお前は何を感じるか?窓の大きさと太陽の角度によって射し込む光の面積は変動するぜ。もし魔法の凸ガラスがあって部屋中に光が入ってくるとしたら、人間の朝はとてもハッピーだぜ。要は何気ない時間に何を感じる事が出来るかが大切だという事だぜ。肩に力をいれずに日常的な感性から訓練しようぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2006年1月13日 13:53

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/61

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |