日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 10年先のビジョンを定めろ! | メイン | 自身が価値提供できる会社に入社しろ! »
デブ専の彼にまどわされるな! 2005年10月21日
 

Q:ダイエットを邪魔するデブ専の彼の説得法は?
  私は165cm60ンkg。はっきり言って太めです。スリム志向の強い昨今では肩身が狭く、何度もダイエットを試みているのですが、ポッチャリ好きの彼にいつも阻止され現在にいたります。ちなみに彼は175cm58kgの超ガリガリで、太りたくて夜中にアイスクリームを食べたり、涙ぐましい努力をしているのですが、ちっとも太れず、一緒につい食べる私ばかりが太ってしまうのです。彼はそのままで言いといってくれますが、私も将来ある身。健康とデブの区別がつかない少数民族のデブ専の言葉をウのみにはできません。彼を説得する方法を教えてください。(相談者 あんこちゃん 22歳)
-------------------------------------------------------------------------------
男、大條 33才 ふぉれんと98年7月号にて掲載。

A:ダイエットに悩む女は多いぜ。さらにお前は彼がデブ専という特殊な状況だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
 ①お前の問題だぜ!
お前はいったいどうしたいのかをはっきりして欲しいぜ。彼のために太り続けるのか?自分のためにダイエットするのか?これは彼の問題ではなくお前の問題だぜ。お前が意思決定をしなければ何事も始まらないぜ。もしお前が本当にダイエットをしたいなら、彼に阻止されることや夜中のアイスクリームは単なる言い訳だぜ。自分が本当にしたくないなら悩むな、と言いたいぜ。意思決定の遅さも太る原因だぜ。テキパキ判断して欲しいぜ、熱いぜ!!
 ②彼は一生ものではないぜ!!
  お前は今の彼のためにデブでいて好かれたいという気持ちが強いようだが、これから出会うもっと素晴らしい彼は細身が好みかもしれないぜ。つまりデブ専にしか愛されない極度に太った体型や、その逆と言うのは、将来的にリスクが高いということだぜ。俺は男である以上、より多くの女に好感をもって欲しいと思っているぜ。お前も女である以上、より多くの男に好感を持ってもらえるよう努力しようぜ。彼は一生ものではないぜ。バランスのとれた体型になって欲しいぜ、熱いぜ!
 ③突っ走ろうぜ!
 気持ちが固まったら後はアクションだぜ。ここでよく間違う奴がいるぜ。ダイエット本を読んだり、カロリー計算をする時間があったら走れ!と言いたいぜ。走ると必ずカロリーは消費するぜ。あれこれ考えず走ろうぜ。お前のスタイルはみるみるカッコよくなっていくぜ。応援するぜ、熱いぜ!

A:ダイエットに悩む女は多いぜ。さらにお前は彼がデブ専という特殊な状況だぜ。アドバイスするぜ、熱いぜ!
 ①お前の問題だぜ!
お前はいったいどうしたいのかをはっきりして欲しいぜ。彼のために太り続けるのか?自分のためにダイエットするのか?これは彼の問題ではなくお前の問題だぜ。お前が意思決定をしなければ何事も始まらないぜ。もしお前が本当にダイエットをしたいなら、彼に阻止されることや夜中のアイスクリームは単なる言い訳だぜ。自分が本当にしたくないなら悩むな、と言いたいぜ。意思決定の遅さも太る原因だぜ。テキパキ判断して欲しいぜ、熱いぜ!!
 ②彼は一生ものではないぜ!!
  お前は今の彼のためにデブでいて好かれたいという気持ちが強いようだが、これから出会うもっと素晴らしい彼は細身が好みかもしれないぜ。つまりデブ専にしか愛されない極度に太った体型や、その逆と言うのは、将来的にリスクが高いということだぜ。俺は男である以上、より多くの女に好感をもって欲しいと思っているぜ。お前も女である以上、より多くの男に好感を持ってもらえるよう努力しようぜ。彼は一生ものではないぜ。バランスのとれた体型になって欲しいぜ、熱いぜ!
 ③突っ走ろうぜ!
 気持ちが固まったら後はアクションだぜ。ここでよく間違う奴がいるぜ。ダイエット本を読んだり、カロリー計算をする時間があったら走れ!と言いたいぜ。走ると必ずカロリーは消費するぜ。あれこれ考えず走ろうぜ。お前のスタイルはみるみるカッコよくなっていくぜ。応援するぜ、熱いぜ!

投稿者 admin : 2005年10月21日 16:39

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/28

 

コメント  

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |