日本中の働くお前と会社を元気にする男、大條充能 blog
 
 
2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
大條充能 Mitsuyoshi Daijo
1965年生まれ。
1984年株式会社リクルート社入社。
総務部にて社員向け全社イベント企画を担当。
リクルート社のお祭り男として稀有の才能を発揮し注目を集める。
90年、リクルート事件のさなか「総務部DaijoBand」を結成し、TBS「いかすバンド天国」に出演したことが社内で話題に。
91年、リクルート社の社内報「かもめ」で人生相談コラムを開始し、リクルートナンバーワン有名人の座を不動のものとする。
更にリクルート社が発行する情報誌「ダ・ヴィンチ」、「B-ing」、「就職ジャーナル」、「フォレント」や当時のリクルート社に、資本参加していたダイエー社の社内報「Dai好き」などでも人生相談コラムが実施され、その人気はリクルート関係者の誰もが認めるものとなる。
現在も「かもめ」の人生相談コラムはキラーコンテンツとして継続中。
97年にリクルート社を退社。IO(イオ)契約社員1号として、同社と契約を結ぶ。
98年、企業風土活性化をご提案するトータルサポートする会社、株式会社ゼロインを設立、代表取締役社長に就任。
2013年 6月 代表取締役会長兼CEOに就任、現任。
著書に「熱いぜ!!悩まない人生法」(宙出版)、「社会人のオキテ」(実業之日本社)、「食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~」(ポプラ社)、「まだお前は始まったばかりだぜ!」(ごきげんビジネス出版)がある。
『まだお前は始まったばかりだぜ!~誰にも聞けなかった?!ガチな社会人の悩み50!~』 (ごきげんビジネス出版)
 
『食いしばるために、奥歯はあるんだぜ! ~会社と社員が元気になる伝説の人生相談~』 (ポプラ社)
 
『社会人のオキテ』
(実業之日本社)
 
『熱いぜ!! 悩まない人生方法』 (宙出版)
  « 俺を嫌いな奴ほど俺のことが好きだぜ! | メイン | 夢を利用してBIGになろうぜ! »
YS-11 2005年9月16日
 

先日東京大学副理事の竹原さんとエスビーエス(JASDAQ公開)鎌田社長と大戸部長と会食したぜ。

竹原さんは元リクルートの常務取締役で、国立大学が独立法人化された昨年、副理事として東大にスカウトされ改革の推進役として大活躍されているぜ。
俺がリクルートの総務にいたころの上司でもあり、大変尊敬する人だぜ。

エスビーエス鎌田社長は2年前に出会ったが、当時200億円の会社を2年で1100億円にした素晴らしい経営者だぜ。そして大戸部長は俺と同年代で鎌田社長の懐刀のような存在だぜ。

この4人は定期的に会食し情報交換をしているぜ。

先日の会食において鎌田社長から日本初の航空機YS-11復活生産の提案があったぜ。
復活生産といっても、航空機を復活するのではなく、YS-11技術を活用したプライベイトジェット機の生産ということだぜ!
NHKプロジェクトXで有名になったが、YS-11は世界に誇る日本の航空機であり、その技術は航空先進国である米国でも高い評価をもらっているぜ。その生産メンバーが後継者に技術を残したいという思いからこの話はスタートし、YS-11の生産メンバーや東大の航空技術の教授などが集まり議論がスタートしており、鎌田社長もそのメンバーだというわけだぜ。

鎌田社長から東大としての更なるプロジェクトへの参画の提案と、このプロジェクトのファンドづくりを一緒に進めてほしいという提案があったというわけだぜ。

中国と日本のビジネス深厚が進む中、プライベイトジェットは移動時間短縮に大きく貢献し、日本ビジネススタイルの変革をもたらすぜ。そしてYS-11という世界的にもすぐれた航空技術を後継に引き継ぐこともできるぜ。

これから様々な角度からこのプロジェクトが成功するように俺もできる限り応援していきたいと感じたぜ。YS-11だぜ、熱いぜ!!

投稿者 admin : 2005年9月16日 16:19

 
 
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.atsuize.jp/mt/mt-tb.cgi/18

 

コメント  
 

YS11は大変な名機です。ターボプロップを使ったマルチプロペラエンジン。体に振動が伝わりますので、飛行機に乗っていることが実感できる機材ではないでしょうか。昨年北海道内でYS11に搭乗できる「さよならツアー」がありましたが、参加できませんでした。この機体をジェット化にする場合、機体の構造の変更や補強が必要となると思いますが、大変興味深く是非とも成功させていただきたいですね。プライベートジェットであれば予約受注を受けながら、その発注者の方たちにもファンドに投資したいただければ、一挙両得ですね。

投稿者 白井 慶太 : 2005年9月17日 12:31
 

コメントしてください。  
 




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)

 
 
Copyright (C) 2005 ATSUIZE.jp ALL Right Reserved (寄稿記事除く)
| お問い合わせ |